DELISH KITCHEN
  1. 三角食べとは?三角食べをするのは理由がある?

三角食べとは?三角食べをするのは理由がある?

作成日: 2021/09/28

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

ごはんを食べるときに、どの料理をどのタイミングで食べるか考えていますか。
日本には食べる順番を意識する「三角食べ」という言葉があります。小学校の給食などで指導されたことがある人もいるかもしれません。

言葉は聞いたことがあっても、具体的にどのような食べ方のことなのかはっきり分からない人もいるはず。
そこでこの記事では、三角食べについてご紹介します。

目次

  1. 三角食べとは
  2. 三角食べをする理由
  3. 三角食べとは順番に食べること!

三角食べとは

一般的に食事の際は、主食のほかに主菜や副菜、汁物がセットで用意されます。
三角食べとは、主食、主菜、副菜(汁物)を順番に食べるという意味です。

1970年代に学校給食で推奨されていた食べ方で、三角食べが食事のマナーとされていました。
当時は、子供たちの好き嫌いや偏食をなくすねらいで指導されていたようです。

三角食べをする理由

三角食べをすると、すべての食材をまんべんなく食べられるため、バランスがよいというメリットがあります。
口の中でいろいろな料理が混ぜ合わさることで、料理の味わいが広がるメリットも。
味が広がり、食材をより味わおうとするため、咀嚼回数が増えて満足度も高くなります。

三角食べをする理由は、これらのメリットがあるからです。

三角食べとは順番に食べること!

主食、主菜、副菜(汁物)を順番に食べる三角食べは、食材をバランスよく食べられる食べ方ということが分かりました。
子供たちの偏食や好き嫌いをなくすねらいで、1970年代に学校給食で指導されていました。

三角食べをする理由は、食事をまんべんなくバランスよく食べられるほか、味わいが広がったり満足度が高くなったりするためです。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。