DELISH KITCHEN

神のフルーツ「クプアス」とは?味わいや栄養についてご紹介!

作成日: 2024/06/21

皆さんは「クプアス」というフルーツをご存知でしょうか?アマゾンの豊かな自然の中で育まれたこのフルーツは、そのユニークな味わいと高い栄養価で注目を集めています。「神の食べ物」とも称されるクプアスには、どのような魅力が詰まっているのでしょうか。本記事では、クプアスの基本情報から、その味や香り、食べ方や生産地まで詳しくご紹介します。

目次

  1. クプアスとは?
  2. クプアスの味と香り
  3. クプアスの食べ方
  4. 「クプアス」は神のフルーツ!

クプアスとは?

クプアスは、アマゾン原産のカカオ科のフルーツです。学名は「Theobroma grandiflorum」であり、「Theobroma」は「神の食べ物」という意味を表します。その名の通り独特で神秘的な香りを持ち、神のフルーツと呼ばれています。
クプアスは主にアマゾン地域で生産されアサイーやアセロラと並び、スーパーフルーツとして注目を集めています。

クプアスの味と香り

クプアスの味は、シークワーサーやヨーグルトを混ぜたような酸味のきいた味わいと、濃厚な酸味がありながらもバナナのような甘味もあります。食感はクリーミーでねっとりしていて、香りも非常に独特です。シークワーサーやグレープフルーツとヨーグルト、そしてバナナを足したような爽やかで刺激的な香りが特徴的です。

クプアスの食べ方

クプアスはそのまま食べることもできますが、ジュースやスムージー、アイスクリームの材料としても人気です。また、チョコレートの代替品として使用されることもあります 。

「クプアス」は神のフルーツ!

クプアスは、その独特な味と香りで注目されているアマゾンのフルーツです。さまざまな形で楽しむことができます。ぜひ一度、その魅力を体験してみてください。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をTwitterでシェアできます。
このページの情報をFacebookでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。