DELISH KITCHEN
  1. ワインのカロリーはどのくらい?糖質についてもご紹介

ワインのカロリーはどのくらい?糖質についてもご紹介

作成日: 2021/10/15

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

ワインは赤や白、ロゼなど種類が豊富で、さまざまな香りや味わいを楽しめるお酒のひとつです。
料理に合わせてワインを選ぶのも楽しいですね。そんなワインには、どのくらいのカロリーや糖質が含まれているのでしょうか。

今回は、ワインやほかのお酒のカロリーや糖質、適切な飲酒量についてご紹介します。

こちらの記事でご紹介する内容は、アルコールを含む飲料に触れています。
未成年者の飲酒は法律で禁止されています。

目次

  1. ワインのカロリーと糖質
  2. ほかのお酒のカロリーと糖質
  3. 適度な飲酒量について
  4. 食事のカロリーや糖質も気をつける
  5. 適度な飲酒量を心がけながらワインを楽しもう

ワインのカロリーと糖質

ワインのカロリーや糖質について、赤ワイン、白ワイン、ロゼワインでそれぞれみていきましょう。

《赤ワイン》
1杯(120ml)あたり
・カロリー…82kcal
・糖質…1.8g

1本(750ml)あたり
・カロリー…510kcal
・糖質…11.3g

《白ワイン》
1杯(120ml)あたり
・カロリー…90kcal
・糖質…2.4g

1本(750ml)あたり
・カロリー…563kcal
・糖質…15g

《ロゼワイン》
1杯(120ml)あたり
・カロリー…85kcal
・糖質…4.8g

1本(750ml)あたり
・カロリー…533kcal
・糖質…30g

それぞれのワインのカロリーは、それほど大きな差がないようです。
糖質については、赤ワイン、白ワイン、ロゼワインの順に数値が高くなっていきます。

赤ワインは、黒ブドウを丸ごと使い、発酵させて作ります。
白ワインは、果皮と種子を取り除いた白ブドウを発酵させるのが特徴です。

ロゼワインの製法はいくつかあります。
黒ブドウを発酵させ、ある程度色づいたら果皮や種子を取り除き、淡い色に仕上げる方法や、果皮と種子を取り除いた黒ブドウを発酵させる方法などがあります。
後者の方法では、黒ブドウをつぶして果皮と種子を取り除くため、果汁がロゼ色になります。

ほかのお酒のカロリーと糖質

ほかのお酒のカロリーや糖質についてご紹介します。
ビール、日本酒、焼酎、ウイスキーのカロリーと糖質は以下の通りです。

《缶ビール 1本(350ml)あたり》
・カロリー…137kcal
・糖質…10.9g

《日本酒(純米酒) 1合(180ml)あたり》
・カロリー…184kcal
・糖質…6.5g

《焼酎 1合(180ml)あたり》
・カロリー…366kcal
・糖質…0g

《ウイスキー 1杯(シングル 30ml)あたり》
・カロリー…70kcal
・糖質…0g

赤ワイン1杯(120ml)あたりのカロリーは82kcalです。
それと比較すると、缶ビール1本(350ml)、日本酒1合(180ml)、焼酎1合(180ml)の方がカロリーは高くなっています。
ウイスキー1杯(シングル30ml)のカロリーは赤ワインよりも低くなっていますが、1杯あたりの量が少ないためでしょう。

糖質は、焼酎とウイスキーには含まれていません。
赤ワイン1杯あたりの糖質量は1.8gなので、それぞれの量で比べるとビールや日本酒の方が高い数値になっています。

適度な飲酒量について

カロリーや糖質が低いお酒でも量を飲んでしまうと、結果的にはカロリーや糖質を多く摂取してしまうことになります。

厚生労働省が示している「飲酒のガイドライン」では、1日に平均して純アルコール約20gの摂取を、節度ある適度な飲酒量としています。

ワインでみてみると、アルコール度数12%のワイン、グラス1杯(120ml)あたりに含まれる純アルコール量は12gです。
1日あたりの飲酒の適量は性別や体重、年齢などによって異なりますが、ワインの場合は1日におおよそ1〜1杯半が適切な飲酒量といえます。

【出典】
・日本食品標準成分表 2020年版(八訂)
・厚生労働省 飲酒のガイドライン
(https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-03-003.html)(2021/10/15)

食事のカロリーや糖質も気をつける

ワインのカロリーや糖質が気になる場合は、合わせる食事にも気をつけてみましょう。

ワインだけでなくお酒を飲むときは、食事やおつまみも一緒に食べることが多くなります。
合わせる料理やおつまみには、野菜や魚、脂身の少ない肉などカロリーの低い食材を使ったものがおすすめです。
また、調理で油を多く使っていたり揚げたりすることでカロリーが高くなってしまうので、生のまま食べられるものや、ゆでたり煮たりしている調理法のものがよいでしょう。

お酒のカロリーや糖質のほかに、料理やおつまみにも気を配りながら、適度にお酒を楽しんでください。

適度な飲酒量を心がけながらワインを楽しもう

赤ワイン、白ワイン、ロゼワインで比べると、カロリーはそれほど大きな差はありませんが、糖質についてはロゼワインが比較的高い数値になっていることが分かりました。

ワインのカロリーや糖質が気になる場合は、合わせる料理やおつまみにも気をつけるとよいでしょう。
また、お酒のカロリーや糖質が低くても、量を多く飲んでしまうと摂取カロリーも多くなってしまいます。お酒を飲むときは、適度な飲酒量を心がけながら楽しむようにしましょう。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。