1. 海ぶどうの食べ方は簡単!そのまま食べてもおいしい

海ぶどうの食べ方は簡単!そのまま食べてもおいしい

作成日: 2020/04/29

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

プチプチ食感が楽しい海ぶどう!沖縄でよく見かけますが、旬やおすすめの食べ方等まだまだ知らないことがたくさん!今回はそんな海ぶどうについてご紹介します。

目次

  1. 1.海ぶどうとは?
  2. 2.海ぶどうの食べ方
  3. 3.海ぶどうの味
  4. 海ぶどうは家庭でも食べやすい!食感を楽しんで

1.海ぶどうとは?

「グリーンキャビア」や「クビレズタ」とも呼ばれる海ぶどうは海藻です。茎に緑色の球状の小枝が密生していてプチプチの食感が特徴。名前の通り、見た目はぶどうのような形をしています。養殖のものが多いですが、宮古島では天然ものも10月~5月に収穫されています。養殖物は通年出回っています。

2.海ぶどうの食べ方

海ぶどうは水で洗って、生のまま食べることができます。賞味期限は収穫後1週間ほどで、長期保存できるよう塩漬けしているものもあります。保存温度が低すぎるとしぼんでしまうため、冷蔵庫ではなく常温で保存します。

そのまま食べてもおいしいですが、和え物やサラダにも使うことができます。ポン酢や三杯酢をかけて食べることが多いですが、お刺身に添えたり、丼ぶりにしてもおいしいです。粒がしぼまないよう、食べる直前にドレッシングやたれをかけるようにしましょう。

3.海ぶどうの味

海藻なのでほんのり塩気があり、潮の香りとプチプチ食感を楽しめますよ。

海ぶどうは家庭でも食べやすい!食感を楽しんで

沖縄以外でも大きなスーパーや沖縄のアンテナショップで見かけることのある海ぶどう。インターネットで購入することもでき、沖縄に行かなくても食べられるようになってきました。そのまま食べてもお刺身と一緒に食べてもいいので、ぜひ家庭でも食べてみてください。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。