DELISH KITCHEN

【豚の角煮】とろっとろで柔らかく作るポイント3つをご紹介!

作成日: 2024/02/09

豚の角煮は、そのとろっとろの食感とじゅわっと滲み出る肉の旨みで、多くの人を魅了する絶品料理です。白ごはんとの相性も抜群で、一度食べたら忘れられない味わいですよね。でも、自宅で作るとなると、なかなか上手に柔らかく仕上げるのが難しい…そんなあなたに、絶品の豚の角煮を作るためのポイントを3つご紹介します。

目次

  1. 豚の角煮を柔らかくするポイント3つ
    1. 表面をこんがりと焼く
    2. 水から下茹でする
    3. 弱火でじっくり煮込む
  2. 豚の角煮はじっくり弱火が基本!

豚の角煮を柔らかくするポイント3つ

  1. 表面をこんがりと焼く
  2. 水から下茹でする
  3. 弱火でじっくり煮込む

これらのポイントを徹底解説していきますので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

表面をこんがりと焼く

豚の角煮を作る際、まずはお肉の表面をしっかりと焼きましょう。この工程は、肉汁を内部に閉じ込めるためにとても重要です。お肉を柔らかくするためには、水分と適度な脂を保つことがポイント。焼くことで余分な脂も落ちるので、脂っこくなりすぎずに上品な味わいになりますよ。
豚肉を焼くと、香ばしい香りが漂い、食欲をそそります。これは、アミノ酸と糖が反応して起こるメイラード反応によるもの。お肉に香ばしい風味をつけることができるんです。

水から下茹でする

お肉を焼いた後は、下茹での工程に入ります。ここでのポイントは、たっぷりの水で茹でることと、弱火でじっくりと行うことです。豚肉の筋繊維とコラーゲンをゆっくりと加熱することで、コラーゲンがゼラチン質に変わり、お肉が柔らかくほろほろとした食感になります。
また、水分が減ってしまうとお肉がパサパサになるので、水分が減ったら都度足してください。臭み取りのために、ねぎの青い部分や生姜を一緒に下茹でするのもおすすめです。

弱火でじっくり煮込む

豚肉を柔らかく仕上げるためには、弱火でじっくりと煮込むことが大切です。ゆっくりと加熱することで、脂肪分が分解され、お肉全体に溶け出し、柔らかな食感とジューシーさが増します。
煮汁もじっくり煮込むことで煮詰まり、濃厚でコクのある味わいになります。お肉が調味料を吸収しやすくなるため、旨みたっぷりの煮汁を豚肉に染み込ませるにも、じっくり火を通すことは重要です。落とし蓋をすることで、お肉に均一に火を通し、水分の蒸発を防ぎましょう。

豚の角煮はじっくり弱火が基本!

とろっとろで柔らかい豚の角煮を作るためには、表面をしっかり焼いて肉汁を閉じ込め、水からじっくり下茹でし、最後に弱火で煮込むことがポイントです。これらのステップを丁寧に行うことで、家庭でもプロの味に近づけることができますよ。ぜひ、この記事を参考にして、絶品の豚の角煮に挑戦してみてくださいね!

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をTwitterでシェアできます。
このページの情報をFacebookでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。