DELISH KITCHEN
  1. TOP
  2. 記事
  3. ごはんもの
  4. 各国のお米料理
  5. ナシゴレンとはどんな料理?特徴や作り方もご紹介!

ナシゴレンとはどんな料理?特徴や作り方もご紹介!

作成日: 2021/06/11

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

今まではなじみのなかったエスニック料理ですが、最近ではファミリーレストランのメニューにもあり、日本でも身近な料理になりつつありますね。
しかし、エスニック料理の中には名前を聞いたことがあっても、どのような料理なのか分からないものもあるのではないでしょうか。

そこで、この記事では東南アジア料理の中でも、名前がよく知られている「ナシゴレン」についてみていきましょう。ナシゴレンが食べられている国や由来、味などを詳しく解説します。
また、ご家庭でも作りやすいナシゴレンのレシピもご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

  1. ナシゴレンとは
    1. どんな料理か
    2. どんな味か
    3. ミーゴレンとの違い
  2. ナシゴレンの作り方
    1. ナシゴレン
  3. ナシゴレンはスパイシーなインドネシア風チャーハン

ナシゴレンとは

ナシゴレンとは、どのような料理でしょうか。
ここでは、ナシゴレンの由来や味といった基本情報だけでなく、似たような料理名の「ミーゴレン」との違いを比較してご紹介していきます。

どんな料理か

ナシゴレンとは、インドネシアやマレーシアの屋台で人気のある、チャーハンのような料理です。
インドネシア語で「ナシ」はご飯、「ゴレン」は炒める、という意味を表します。

ナシゴレンには一般的に、ジャスミンライスと呼ばれる、甘味のある香りと味が特徴の最高級品のタイ米が使われることが多く、きゅうりなどの野菜や目玉焼きを添えるのが定番です。

ナシゴレンは中華料理の影響を受けているので、チャーハンのようにさまざまな具材でアレンジされ、本場のインドネシアやマレーシアでは、屋台以外にチャイニーズレストランでよく食べられています。

どんな味か

インドネシアやマレーシアのナシゴレンは、強い辛味と独特のコクがあるのが特徴です。
日本で食べられるナシゴレンの味付けには、スイートチリソースがよく使われることが多いため甘味が強く、本場のナシゴレンを食べると味の違いに驚くかもしれません。

ナシゴレンの辛味を出すのに欠かせないのが、サンバルという調味料です。
サンバルは、唐辛子やにんにく、えびの発酵調味料であるトラシ、野菜などを油で炒めて作るチリソースの1種です。
また、インドネシアの魚醤や、甘味を出すケチャップマニスという調味料もよく使われます。

ミーゴレンとの違い

ナシゴレンと似た名前の料理にミーゴレンがあります。

「ミー」とはインドネシア語で、麺を意味する言葉です。
つまり、ミーゴレンとはインドネシア版の焼きそばのような料理のことをいいます。

ミーゴレンの味は日本のソース焼きそばよりも甘く、インドネシアでは卓上のサンバルで味を調節しながら食べることも多いようです。

ナシゴレンの作り方

最後に簡単に作ることができるナシゴレンのレシピをご紹介します。

ナシゴレン

こちらはジャスミンライスではなく、いつもの白ご飯を使ったご家庭でも作りやすいレシピです。
ナンプラーの香りと唐辛子のきいたスパイシーな味わいです。一緒に添えるもやしやきゅうりなど、野菜もたくさん食べられます。

ナシゴレンはスパイシーなインドネシア風チャーハン

この記事では、インドネシアやマレーシアで食べられているナシゴレンの由来や、味の特徴などをみていきました。
ナシゴレンとはチャーハンのような料理で、本場のものは辛味がきいています。

本来、ナシゴレンはジャスミンライスというタイ米を使用しますが、白ご飯を使って簡単に作ることができますよ。
ご紹介したレシピを参考に、スパイシーで本格的な屋台の味をご家庭で楽しんでみましょう。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。