DELISH KITCHEN
  1. 味わい深いザブトン!牛肉のどこの部位?

味わい深いザブトン!牛肉のどこの部位?

作成日: 2021/10/26

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

お肉にはさまざまな部位があり、ユニークな名前が付いているものもたくさんあります。名前は聞いたことがあっても、具体的にどのお肉のことなのか、どのような特徴があるのかまでは分からない部位も多いですよね。

そこで今回は、ユニークな名前のなかから「ザブトン」について解説します。ザブトンにはどのような特徴があり、なぜこの名前が付けられたのでしょうか。

目次

  1. ザブトンについて
    1. ザブトンとは
    2. 味・食感
    3. 値段
    4. 名前の由来
  2. ザブトンの食べ方
  3. とろける食感がたまらない!ザブトンを楽しもう!

ザブトンについて

早速、ザブトンの特徴について確認してみましょう。

ザブトンとは

ザブトンとは牛肉の肩ロースのあばら骨側に位置する部位のことで、「はねした」と呼ばれることもあります。

サシがしっかりと入っており、焼肉屋さんでは特上カルビや特上ローストしてザブトンを提供しているところが多いようです。英語では「Chuck Flap(チャックフラップ)」といいます。

味・食感

サシがしっかり入っているため脂分は多めで肉質は柔らかく、とろけるような食感を楽しめます。コクのある上品な味わいで、少量でも満足できる部位です。

値段

ザブトンは牛1頭から数kgしかとれないため、大変希少な部位です。特上カルビや特上ローストして提供されるだけあり、ほかの部位よりも値段は高めです。

名前の由来

肩ロースから切り分けると、座布団のような四角い形にできることから「ザブトン」という名前が付けられました。焼肉屋さんなどで提供されるものは、まさにザブトンのような形をしていますが、本来はきれいな四角形ではありません。

ザブトンの食べ方

味わい深いザブトンは、何といっても焼肉で食べるのがおすすめです。脂分が多めなもののクセはないため、焼肉の場合はあっさり味のたれがよく合います。わさびしょうゆや塩だれで食べても美味しいですよ。

ザブトン本来のうまみや食感を楽しむためには、火を通しすぎないように加熱するのがコツです。また、特別な日は贅沢にステーキで食べるのも良いでしょう。もともと美味しいお肉なので、加熱し過ぎないように気を付ければ、おうちでもジューシーなステーキが作れます。

焼肉屋さんやステーキハウスなどの専門店のなかには、ザブトンのたたきやお寿司、お刺身を食べられるところもあります。もしメニューに載っていたら、専門店だからこそ食べられる味を楽しむのもおすすめです。

とろける食感がたまらない!ザブトンを楽しもう!

ザブトンは牛肉の肩ロースのあばら骨側に位置する部位ということが分かりました。名前だけでなく、見た目が似ているからという由来もユニークですよね。

ザブトンは1頭からとれる量が少ないため、希少で値段も高めのお肉です。とはいえ、少量でも満足できる味わいなので、お店でみかけたらぜひ食べてみてください。お肉屋さんで購入できた場合は、おうちで焼肉やステーキもおすすめです。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。