DELISH KITCHEN

シュトーレン(シュトレン)とは?食べ方やおすすめレシピもご紹介

作成日: 2022/04/19

ドイツの伝統的なお菓子「シュトーレン(シュトレン)」をご存じでしょうか。クリスマスの前に食べられるパン菓子で、少しずつ切り分けて食べることで味わいの変化を楽しめます。この記事では、シュトーレンについてみていきましょう。食べ方やレシピもご紹介します。

目次

  1. シュトーレンについて
    1. シュトーレンとは
    2. シュトーレンの食べ方
  2. DELISH KITCHENのシュトーレンのレシピ
    1. シュトーレン(シュトレン)
    2. 炊飯器シュトーレン風ケーキ
  3. クリスマス前にシュトーレンを食べてみよう

シュトーレンについて

シュト―レンとはどのようなお菓子なのでしょうか。食べ方もあわせてチェックしましょう。

シュトーレンとは

シュトーレンとは、ドイツで古くから食べられている伝統的なパン菓子です。たっぷりのバターが入った生地に、ラム酒などの洋酒に漬けられたドライフルーツやナッツなどが練り込まれています。表面は粉砂糖がまぶされていることから、白い見た目をしているのが特徴です。

シュトーレンは、クリスマスの4週間前から少しずつ食べられます。ちなみに、クリスマスの4週間前日曜日からクリスマスイブまでは「アドベント」と呼ばれ、イエス・キリストの降誕を待ち望む期間とされています。

地域やお店、家庭によって、シュトーレンの生地に入れる材料やレシピが異なります。日本では「シュトーレン」という呼び方が定着していますが、本場のドイツ語の発音では「シュトレン」が正しいです。

シュトーレンの食べ方

本場のドイツでは、クリスマス前にシュト―レンを毎日薄くスライスし、少しずつ食べていく習慣があります。日本でも同様の時期に店頭に並び始め、クリスマス当日に向けて食べ進められます。日が経つにつれて、シュトーレンの中に入っているドライフルーツの味が生地に染み込んで味わい深くなります。味の変化を楽しむためにも、ゆっくり食べ進めるのがおすすめです。

DELISH KITCHENのシュトーレンのレシピ

シュトーレンのレシピをご紹介します。ここでは、基本のレシピと炊飯器で手軽に作れるレシピをチェックしましょう。

シュトーレン(シュトレン)

ドライフルーツやナッツがたっぷり入った、贅沢なシュトーレン(シュトレン)のレシピです。一口食べると、さまざまな食材の香りが鼻を抜けます。薄くスライスして少しずつ召し上がってみてください。

炊飯器シュトーレン風ケーキ

ホットケーキミックスで手軽に作れるシュトーレン風です。材料を混ぜたら、炊飯器で通常炊飯するだけで簡単に作れます。ホットケーキミックスを使うと、通常のシュトーレンよりも軽い食感に仕上がります。

クリスマス前にシュトーレンを食べてみよう

シュトーレンとは、ドイツで古くから食べられている伝統的なパン菓子です。バターが入った生地に、洋酒に漬けられたドライフルーツやナッツなどが練り込まれています。シュトーレンは、クリスマスの4週間前から少しずつ食べられます。日本でも同様の時期に店頭に並ぶので、クリスマス前に食べてみましょう。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をTwitterでシェアできます。
このページの情報をFacebookでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。