1. はちみつが白く固まる原因とは?溶かし方もご紹介!

はちみつが白く固まる原因とは?溶かし方もご紹介!

作成日: 2020/08/09

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

冷蔵庫で保存していたはちみつが、気づかないうちに固まっていたという経験はありませんか。とろりとしていたはちみつが白くコチコチに固まっていた場合、そもそも食べることができるのでしょうか。
こちらの記事では、はちみつが固まるメカニズムや固まったときの溶かし方、また、固まりにくくするための保存方法などについて解説します。

目次

  1. はちみつが固まるのはなぜ?
  2. はちみつが固まったときの溶かし方は?
    1. 湯せん
    2. 電子レンジ
    3. 使い捨てホッカイロ
  3. はちみつが固まるのを防止する保存方法とは?
  4. DELISH KITCHENのはちみつを使ったおすすめレシピ
    1. レンジでお手軽♪はちみつプリン
    2. 甘酸っぱい香り♪ゆずはちみつのホットドリンク
    3. 甘い×しょっぱい!はちみつ塩トースト
    4. 材料3つで簡単!はちみつクッキー
    5. 初恋の味♪レモンのはちみつ漬け
  5. 料理にコクや深みを加えるはちみつを活用しよう!

はちみつが固まるのはなぜ?

はちみつには冷蔵庫の中や寒い室温などで保存すると固まる性質があります。これは、はちみつに含まれているブドウ糖が5〜14度程度の温度で結晶化しやすくなるのが原因です。
そのため、常温であっても寒い冬には固まりやすくなります。これは未開封のものでも同じです。ただし、はちみつの種類によって含まれるブドウ糖と果糖の割合が変わり、果糖が多いものは結晶化しにくいのが特徴です。

はちみつが固まると心配なのが食べられるかどうかですが、結論から言うと白く固まってしまっても問題なく食べることができます。見た目は変わりますが、成分や品質に変化はありません。
後ほどご紹介する方法で固まったはちみつを溶かせば、とろりとしたはちみつに戻ります。

はちみつが固まったときの溶かし方は?

ここでは、はちみつが固まってしまったときの溶かし方をご紹介します。

湯せん

固形のはちみつを元の液体状に戻すためには湯せんがおすすめです。少々時間がかかりますが、なめらかな食感のはちみつに戻すことができます。

まずは鍋に水を入れ、蓋を外したはちみつの瓶ごと鍋に入れましょう。水の量は、はちみつの高さより少し下になるくらいにします。
鍋を火にかけ、お湯が60度程度になったらはちみつをかき混ぜます。
はちみつは高温で加熱しすぎると成分や風味が変わってしまうので、温度管理には気をつけてください。
また、溶かし残しがあるとそこから再度結晶化が始まるので、しっかりと溶かすことがポイントです。

ちなみに、一度溶かしたものが再結晶化した場合、何度も繰り返して溶かすとはちみつの風味が損なわれてしまいます。
はちみつの量が多い場合は、使う分だけ小さいボウルなどに取って湯せんにかけると良いでしょう。

電子レンジ

電子レンジを使えば、手軽にはちみつを元の状態に戻すことができます。
はちみつは溶かしたい分量だけ耐熱容器に入れ、電子レンジで加熱します。はじめは数十秒ずつ短い時間に設定し、かき混ぜて様子を見ながら時間を延長していくのがおすすめです。
ただし、電子レンジを使用すると加熱ムラができやすく、ザラザラとした食感になってしまう可能性もあります。

使い捨てホッカイロ

冬に使用する使い捨てホッカイロを使ってはちみつを溶かしましょう。
はちみつの入った瓶にタオルを巻き、その上にホッカイロを置きます。さらにその上にタオル、毛布と重ねて巻き、12時間ほど放置するだけと手軽です。
途中でかき混ぜる必要もないので、ぜひ試してみてください。

はちみつが固まるのを防止する保存方法とは?

はちみつが固まるのを防止するためには、冷蔵庫ではなく常温で保存しましょう。はちみつの常温保存に適している温度は18〜24度程度です。
なるべく温度変化のない、日光の当たらない場所で保存するのがおすすめです。

DELISH KITCHENのはちみつを使ったおすすめレシピ

ここでは、DELISH KITCHENのはちみつを使ったレシピを5つご紹介します。

レンジでお手軽♪はちみつプリン

材料を混ぜてレンジでチンするだけの簡単プリン。卵と牛乳で作る本格的なプリンに、はちみつのやさしい甘さが広がります。難易度の高いカラメルもはちみつとしょうゆを混ぜるだけで完成!
思い立ったらすぐに作れるおすすめレシピです。

甘酸っぱい香り♪ゆずはちみつのホットドリンク

しぼりたてのゆず果汁を使った贅沢なホットドリンクのご紹介です。柑橘のさわやかな香りとはちみつのマイルドな甘さで心もほっと落ち着きます。
甘さははちみつの量で調整してください。

甘い×しょっぱい!はちみつ塩トースト

朝食にぴったり!ささっと作れる絶品トーストはいかがですか。相性の良いバターとはちみつに塩をきかせることでより深い味わいに。
有塩バターの塩気も相まって、ついお代わりしたくなるおいしさです。

材料3つで簡単!はちみつクッキー

材料たったの3つで作れるお手軽クッキー。材料を混ぜ合わせて成形すれば、後はオーブンで焼くだけです。クッキーの抜き型を使わずに手で丸めるだけなので、お子様と一緒に作るのも良いでしょう。
はちみつがふんわりと香るやさしい味のクッキーです。

初恋の味♪レモンのはちみつ漬け

皮ごとレモンのおいしさを堪能できるレモンのはちみつ漬け。はちみつの甘さがレモンの酸っぱさをマイルドにしてくれます。
そのまま食べるのはもちろん、シロップをお湯で溶いてドリンクにするのもおすすめです。
国産レモンが手に入ったら、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

料理にコクや深みを加えるはちみつを活用しよう!

料理にやさしい甘みをつけることができるはちみつは、キッチンに常備しておきたい調味料の一つです。
いつもの料理も、砂糖をはちみつに変えるだけでコクや味わいが変わるのも面白いですよ。煮物などに使う場合は、固まったままのはちみつを加えても問題ありません。
こちらでご紹介したレシピはどれもはちみつのおいしさを生かしたものなので、ぜひいろいろ作ってみてください。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。