DELISH KITCHEN
  1. いちごの1粒あたりのカロリーは?栄養もご紹介!

いちごの1粒あたりのカロリーは?栄養もご紹介!

作成日: 2021/11/10

更新日: 2021/11/11

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

そのまま食べるだけでなく、ショートケーキやタルト、ジャムなどさまざまな楽しみ方があるいちごは、見た目もかわいくて人気の果物です。サイズが小さく、たくさん食べられるため、カロリーが気になることもあるのではないでしょうか。

この記事では、いちご1粒と1パックあたりのカロリーや糖質、含まれている栄養についてご紹介します。

目次

  1. いちごのカロリーと糖質
    1. いちご1粒
    2. いちご1パック
  2. ほかの果物とのカロリーの比較
  3. いちごの栄養
    1. ビタミンC
    2. カリウム
    3. 葉酸
  4. いちごの保存方法
  5. いちごを使ったDELISH KITCHENのレシピ
    1. いちごスムージー
    2. いちごのグラニテ
  6. おおよそのカロリーを知っていちごを楽しもう!

いちごのカロリーと糖質

いちごのカロリー、糖質についてみていきましょう。

いちご1粒

いちご1粒(約15g)あたりのカロリーと糖質は以下の通りです。

・カロリー…約5kcal
・糖質…約1.1g

果物には水分が多く含まれており、その割合は80〜90%です。特にいちごの水分量は90%と多くなっています。

いちご1パック

いちご1パックあたりのカロリーを確認してみましょう。1パックが300gだと想定すると、1粒15gのいちごが20粒ほど入っていることになります。

・カロリー…93kcal

ほかの果物とのカロリーの比較

いちごのカロリーをほかの果物と比較してみましょう。ここからは、いちご、りんご、バナナ、みかんの可食部100gあたりのカロリーをご紹介します。

・いちご 100g(約7個)あたり…31kcal  
・りんご 100g(約2/5個)あたり…53kcal  
・バナナ 100g(約1本)あたり…93kcal  
・みかん 100g(約1個)あたり…49kcal 

比較してみると、一番カロリーが高いのがバナナ、次にりんご、みかんと続き、最も低いのがいちごということが分かります。

いちごの栄養

ここからは、いちごに含まれる栄養についてご紹介します。

ビタミンC

可食部100gあたりのいちごには、ビタミンCが62mg含まれています。

ビタミンCの推定平均必要量は、男女とも12~64歳で85mg/日、65歳以上で80mg/日となり、推奨量は男女とも12歳以上で100mg/日です。いちごを約10粒食べると、1日に必要なビタミンCの量が摂れる計算になります。

ビタミンは人体の機能を正常に保つために必要な有機化合物です。ビタミンには水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがあります。
ビタミンCは水溶性ビタミンで、血液などの体液に溶け込んで、余分なものは尿として排出されます。ビタミンCは熱に弱いので、生の果物で摂取するのがおすすめです。

ビタミンCについては、こちらの記事でも詳しくご紹介しています。

カリウム

いちご、可食部100gあたりに含まれるカリウムは、170mgです。

カリウムは、人体に必要なミネラルの一種で、体内で浸透圧の調節に働きます。体内のナトリウムの排出を手助けする作用があるため、塩分のとりすぎを調節してくれます。

カリウムは、大量に摂取しても余分なものは尿として排出されるので、過剰になることはほとんどありません。

葉酸

可食部100gあたりのいちごに含まれる葉酸は、90μgです。

葉酸は水溶性ビタミンであるビタミンB群の一種で、体内のさまざまな代謝に必要な酵素の働きを補っています。体内では十分に合成できないため、食材から摂る必要があります。

また、細胞の新生をサポートする働きがあり、細胞増殖が盛んな胎児の発育には不可欠です。葉酸について詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

【出典】
・日本食品標準成分表 2020年版(八訂)
【参考】
・厚生労働省 『「統合医療」に係る 情報発信等推進事業』ビタミンC (https://www.ejim.ncgg.go.jp/public/overseas/c03/09.html)
・厚生労働省 e-ヘルスネット「ビタミン」
(https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-027.html)
・厚生労働省 e-ヘルスネット「カリウム」
(https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-005.html)

いちごの保存方法

いちごの重なっている部分が傷んでしまった経験はありませんか。ここからは、いちごをおいしく保存する方法をご紹介します。

【冷蔵保存】
いちごを保存するポイントは、洗わないことです。水分がつくと傷んでしまうので、食べる直前に洗うようにしましょう。保存容器にキッチンペーパーを敷き、へたを下にして重ならないように並べます。

いちごの上にキッチンペーパーをのせてふたを閉め、野菜室で保存します。保存の目安は2〜3日で、早めに食べきるようにしましょう。

【冷凍保存】
いちごの大きさに合わせてカットしたキッチンペーパーで1粒ずつ包み、冷凍用保存容器に入れて冷凍庫に入れます。3〜4週間を目安に食べきりましょう。

いちごを使ったDELISH KITCHENのレシピ

いちごは香りや味がよく、色鮮やかで見た目も華やかに仕上がるため、ケーキやタルト、ムースなどの洋菓子から、いちご大福のような和菓子まで幅広く使われてる人気の果物です。
ここでは、いちごのビタミンCが損なわれにくい、生で食べるレシピをご紹介します。

いちごスムージー

いちごとヨーグルトを使った、ピンク色がかわいいスムージーです。ヨーグルトといちごの甘酸っぱさで、さっぱりといただけます。朝ごはんにもデザートにもおすすめですよ。牛乳の代わりに豆乳を使ってもおいしく作れます。

いちごのグラニテ

きれいな色のいちごを使って、パーティーにぴったりのデザートを作りましょう。グラニテは、フランス料理のコースの途中で出されるシャーベット状の氷菓のこと。使う材料や工程も少ないので、簡単に作れますよ。

おおよそのカロリーを知っていちごを楽しもう!

いちごのカロリーや糖質について、1粒あたりと1パックあたりでみていきました。また、いちごにはビタミンCやカリウム、葉酸などの栄養が含まれています。

いちごはさまざまなスイーツなどに使われますが、ビタミンCや葉酸は熱に弱いので生で食べるのもおすすめです。購入した際は正しく保存して、おいしく味わいましょう。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。