DELISH KITCHEN
  1. チェロスとチュロスは違うもの?レシピもご紹介

チェロスとチュロスは違うもの?レシピもご紹介

作成日: 2021/12/21

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をTwitterでシェアできます。
このページの情報をFacebookでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

外はカリッと中はもちっとした食感で、線が入ったような見た目のお菓子であるチェロス。似たような名前でチュロスと呼ばれるものもありますが、このふたつに違いはあるのでしょうか。

この記事では、チェロスとチュロスについて特徴や違い、ご家庭でも楽しめるレシピをご紹介します。

目次

  1. チェロスとチュロスについて
    1. チェロスとチュロスの違い
    2. チェロス(チュロス)とは
  2. DELISH KITCHENのチェロス(チュロス)のレシピ
    1. チュロス
    2. 抹茶チュロス
    3. 揚げないチュロス
  3. チェロスとチュロスは呼び方が違うけれど同じもの

チェロスとチュロスについて

このふたつは名前が似ていますが、違うお菓子なのでしょうか。

チェロスとチュロスの違い

チェロスとチュロスは、呼び方は違いますが同じものです。スペイン語で「Churros」と表記され「チェロス」や「チュロス」と発音されますが、本場の発音に近いのはチュロスの呼び方です。

チェロス(チュロス)とは

チェロスはスペインやポルトガルが発祥といわれ、外側はサクッと内側はもっちりとした食感が特徴の揚げ菓子です。

おもな材料は小麦粉や卵、バターなどでこれらを混ぜ合わせて生地を作り、しぼり器でしぼって形を整えたあと油で揚げます。生地には砂糖などで甘さを加えていないので、砂糖やはちみつ、シナモンなどをかけて仕上げます。

DELISH KITCHENのチェロス(チュロス)のレシピ

ここからは、ご家庭でも作れるチェロスのレシピをご紹介します。

チュロス

カリッと揚げたチュロスにシナモンシュガーをまぶして仕上げます。香りのよいシナモンの風味で手が止まらなくなるおいしさです。ティータイムのおともにぴったりので、ぜひお試しください。

抹茶チュロス

ホットケーキミックスで手軽に作れる抹茶チュロスです。生地に絹豆腐を加えることで、もっちりとした食感に仕上がりますよ。抹茶を混ぜたほろ苦い味わいの生地ときな粉の相性は抜群です。

揚げないチュロス

オーブンで焼いて仕上げるチュロスはいかがですか。油を使わないので手軽に作れるのがポイントです。はちみつを加えてほんのり甘く仕上げた生地は、くせになる味わいです。

チェロスとチュロスは呼び方が違うけれど同じもの

チェロスとチュロスは、呼び方は違いますが同じお菓子を指し、スペインやポルトガルが発祥といわれています。しぼり器でしぼった生地を油で揚げて、砂糖やはちみつ、シナモンなどをまぶして仕上げます。

チェロスはご家庭でも作ることができますよ。ご紹介したレシピを参考に、外側はカリッと内側はもちっとした食感を楽しみましょう。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をTwitterでシェアできます。
このページの情報をFacebookでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。