1. コンソメとは?おすすめのレシピもご紹介!

コンソメとは?おすすめのレシピもご紹介!

作成日: 2020/06/17

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

さまざまな料理に活用できるコンソメ。固形コンソメや顆粒タイプのコンソメを常備しているご家庭も多いでしょう。
こちらの記事では、コンソメの特徴や種類、コンソメの代用品、コンソメを使ったおすすめのレシピなどをご紹介します。

目次

  1. コンソメとは?
  2. コンソメの種類には何がある?
    1. 固形コンソメ
    2. 顆粒コンソメ
  3. コンソメの代用品は?
    1. 和風だし
    2. 鶏ガラスープの素
    3. ウスターソース
  4. コンソメと「ブイヨン」の違いとは?
  5. コンソメを使ったDELISH KITCHENのレシピをご紹介
    1. キャベツと卵のコンソメスープ
    2. たっぷり野菜のポトフ
    3. 洋風炊き込みご飯
    4. キャベツとベーコンのカレーコンソメ蒸し
  6. 料理の幅を広げてくれるコンソメを活用しよう

コンソメとは?

フランス語の「コンソメ」とは「スープ」を表す言葉です。原料となる肉や香味野菜、ハーブなどを長時間煮込み、調味料で味付けしたものを濾して作ります。
コンソメは日本語で「完成された」という意味を持ち、フランスではそのまま飲んでもおいしいスープとして定着しています。本場のコンソメは透き通った美しさがあるのが特徴で、食材の状態や火加減、調理のタイミングなどによっても仕上がりが異なる難しい料理です。

コンソメの種類には何がある?

本格的なコンソメは作るのが大変ですが、スーパーなどでは手軽に料理に使えるコンソメを手に入れることができます。ここでは、コンソメの種類について見ていきましょう。

固形コンソメ

「固形コンソメ」とは、コンソメを凝縮してキューブ状に成型したものです。キューブをお湯で溶かせば手軽にコンソメスープを作ることができます。また、シチューやスープなどの煮込み料理に加えることで旨味や風味がアップするなど、調味料としての役割もあります。

料理によっても異なりますが、スープを作る場合は固形コンソメ1個に対して水約300ミリリットルが使用の目安です。固形タイプのものは個包装されているので、長期間保存しても湿気にくいというメリットがあります。

顆粒コンソメ

サラサラとした顆粒タイプのコンソメは、少量使いたいときなどに固形のものを砕く必要がないので便利です。ただし、顆粒タイプは湿気に弱いので、しっかりと密閉して保存するようにしましょう。

スープにする場合、顆粒コンソメ小さじ2に対し水300ミリリットル程度が目安となります。

コンソメの代用品は?

コンソメを切らしてしまったとき、コンソメの代用として使用できるものをご紹介します。

和風だし

市販の和風だしには、いりこや鰹節、昆布などさまざまな種類があります。コンソメには肉の旨みが入っているので、動物性のいりこや鰹節などのだしは特におすすめです。ただし、肉や香味野菜などを煮込んで作るコンソメと比べると少々物足りなさを感じるかもしれません。その場合には、お好みでスパイスやハーブなどを加えると風味がアップします。

鶏ガラスープの素

中華料理でよく使われる鶏ガラスープの素もコンソメの代用品となります。味付けが中華風になりやすいので、洋風に仕上げたい場合は和風だしと同様にスパイスやハーブなどを加えてみましょう。

ウスターソース

料理にコンソメ特有のコクを加えたいのであれば、ウスターソースもおすすめです。ウスターソースは野菜や果物、スパイスなどを煮込んだ複雑な旨味を感じるソースです。ただし、ウスターソースには酸味があり色も濃いため、ほんの少しだけアクセント程度に加えるようにしましょう。

コンソメと「ブイヨン」の違いとは?

コンソメと似たものに「ブイヨン」があります。ブイヨンとは、肉や野菜を長時間煮込んで作る「だし」を指します。コンソメが調味料で味付けをしたスープであるのに対して、ブイヨンは味付けする前の状態のものという違いがあります。ブイヨンはさまざまなスープの元になるものなので、英語圏ではブイヨンのことを「スープストック」とも呼ぶようです。コンソメとは、ブイヨンをベースに調味して作るものともいえます。

コンソメを使ったDELISH KITCHENのレシピをご紹介

キャベツと卵のコンソメスープ

コンソメを使えば、スープがあっという間に完成です。キャベツや卵が入れば食べ応えもあり大満足まちがいなし。さらに粉チーズを加えてコクもアップさせましょう。汁物が欲しいというときにささっと作れるのが魅力です。

たっぷり野菜のポトフ

野菜がたっぷりと摂れるポトフを作りましょう。味付けはコンソメと塩、こしょうだけととてもシンプルなレシピです。ソーセージや野菜、コンソメの旨味が凝縮した大人も子どもも大好きな一品です。レシピに掲載されている野菜以外にも、カブや長ネギ、カリフラワー、キノコ類などを入れるのもおすすめです。

洋風炊き込みご飯

コンソメとバターの風味がふわっと香る絶品洋風炊き込みご飯のレシピです。たっぷりのキノコとベーコンの旨味も加わり、お代わり必至のおいしさ!器に盛った後お好みでこしょうを挽けば、キリッと味がしまっておいしくなります。

キャベツとベーコンのカレーコンソメ蒸し

みんなが大好きなカレー味に仕上げるキャベツとベーコンの炒め物。すぐに作れる時短レシピなので忙しい人にもおすすめです。キャベツはほんの少し蒸すだけで甘みがアップするのでぜひお試しください。朝ごはんやお弁当のおかずにもぴったりの一品です。

料理の幅を広げてくれるコンソメを活用しよう

料理にコクと旨味を加えることができるコンソメは、家に常備しておきたい優秀調味料です。スープだけでなくさまざまな料理に活用できるので、うまく使いこなせば料理のレパートリーが増えるでしょう。こちらの記事でご紹介したレシピもぜひお試しください。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。