1. ルバーブとは?野菜だけど赤色のきれいなジャムが作れる!

ルバーブとは?野菜だけど赤色のきれいなジャムが作れる!

作成日: 2020/06/29

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

ルバーブという野菜を食べたことはありますか?緑色の大きな葉に赤い葉柄が特徴的です。今回はそんなルバーブについてご紹介します。お店で見かけた時はぜひ調理してみてください。

目次

  1. 1.ルバーブとは
  2. 2.ルバーブの旬
  3. 3.ルバーブの栄養
  4. 4.ルバーブの食べ方
  5. 5.DELISH KITCHENのおすすめルバーブレシピ
    1. ルバーブ初心者におすすめ!ルバーブジャム
    2. お菓子もできる!ルバーブのクランブルタルト
  6. 見かけたら食べてみたいルバーブ

1.ルバーブとは

ルバーブはシベリア原産のタデ科の多年草の植物。別名「食用大黄(しょくようだいおう)」と言います。葉はシュウ酸が含まれているため葉柄を食用として使用し、繊維が多く独特の香りと酸味が特徴的です。ペクチンを多く含むので、西洋では昔からジャムやゼリーに利用していました。

傷がなく、パリッとして切り口がみずみずしいものを使うのがおすすめです。きれいな赤色のものを選びましょう。また、品種によって葉柄が緑色のものもあります。葉は30㎝ほどあり大きく、料理に使う葉柄部分は幅2~3㎝ほどになります。

2.ルバーブの旬

ルバーブの栽培に最適な時期は、種まき4~5月、9~10月、苗を植える植え付けは3~6月、9~11月です。収穫は4~9月なのですが、1年目は収穫せず太い葉柄が出てきたら2年目の5~6月頃に外側の葉柄から収穫します。収穫期の中でも5~6月に旬を迎え、スーパーなどで出回ります。

3.ルバーブの栄養

ルバーブの栄養素は以下の通りになります。

【ルバーブ:葉柄(生)可食部100g当たり】
エネルギー  24kcal
たんぱく質  0.7g
脂質     0.1g
炭水化物   6.0g
ナトリウム  1mg
食塩相当量  0g
カリウム   400mg
カルシウム  74㎎
マグネシウム 19㎎
葉酸     31μg


出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)

4.ルバーブの食べ方

ルバーブの葉はシュウ酸が含まれています。食べるのは赤い葉柄部分を使います。味は甘酸っぱくとえぐみもあるので、ジャムにすることが多いです。ジャムの他にコンポートにしてお菓子にも使えますが、サラダやスープに使うのもおすすめです。

5.DELISH KITCHENのおすすめルバーブレシピ

ルバーブ初心者におすすめ!ルバーブジャム

鮮やかな赤色がきれいなジャムです!作り方も簡単なので、ルバーブを初めて調理するときにもおすすめ!パンはもちろん、クラッカーやヨーグルトと一緒に食べるのもおすすめです。

お菓子もできる!ルバーブのクランブルタルト

タルト生地から手作りした、ルバーブのクランブルタルトです!サクサクの食感がポイントですね。ルバーブの酸味も味わえるタルトです。

見かけたら食べてみたいルバーブ

今回はルバーブについてご紹介しました。スーパーでも旬の時期には見かけることもあるので、気になった方はぜひ探してみてください。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。