DELISH KITCHEN

ジンの飲み方を徹底解説!ストレートからカクテルまで幅広くご紹介!

作成日: 2024/06/07

ジンはその独特な香りと風味で世界中で愛されているお酒です。しかし、ジンの飲み方は多種多様です。飲み方がワンパターンになっている方、ジンをどのように飲めば良いか迷っている方も多いのではないでしょうか。この記事では、初心者でも楽しめるジンの基本の飲み方やジンをカクテルにアレンジする飲み方まで幅広くご紹介します。ジンをもっと楽しむためのポイントを押さえ、ジンを美味しく楽しみましょう!

※こちらの記事でご紹介する内容は、アルコールを含む飲料に触れています。未成年者の飲酒は法律で禁止されています。

目次

  1. ジンの基本知識
    1. ジンとは?
  2. ジンの種類
    1. ドライジン(ロンドン・ドライ・ジン)
    2. ジュネバ
    3. シュタインヘーガー
    4. オールド・トム・ジン
  3. ジンの美味しい飲み方
    1. ストレートで楽しむ方法
    2. オン・ザ・ロック
    3. ソーダ割り
  4. ジンを使ったカクテル
    1. ジンバック
    2. ギムレット
    3. ジンリッキー
    4. ロングアイランドアイスティー
    5. ジンライム
    6. オレンジブロッサム
    7. ブルームーン
    8. ジントニック
    9. ドライマティーニ
    10. ジンフィズ
    11. トムコリンズ
    12. マティーニ
    13. シンガポールスリング
    14. ネグローニ
  5. ジンに合うおつまみ
    1. シーフード
    2. チーズ
    3. ナッツ
  6. 色々な飲み方でジンを楽しもう!

ジンの基本知識

ジンはどんなお酒なのか、基本をおさらいしていきましょう。

ジンとは?

ジンは、ラム・ウォッカ・テキーラとともに「世界4大スピリッツ」と呼ばれるお酒です。その中でもジンは、大麦やライ麦、じゃがいもなどの主な原料で作られ、ジュニパーベリー(ネズの実)で香り付け・風味付けをした蒸留酒です。独特のアロマと多様な風味が特徴で、カクテルベースとして非常に人気があります。また、ジンはオランダで発祥し、イギリスで発展しました。アルコール度数は高く、一般的には40〜50%とされています。

ジンの種類

ジンにはいくつかの種類があります。主な種類を紹介します。

ドライジン(ロンドン・ドライ・ジン)

ロンドン・ドライ・ジンは、無糖のクリアなジンの一種で、特にボタニカルの香りを際立たせるために厳密に蒸留されます。ジュニパーベリーを中心に、コリアンダー、アンジェリカ、オリスなどの天然素材が使われます。辛口で、カクテルのベースとして広く使われることが多いです。

ジュネバ

オランダ発祥で、製造できるのはオランダとその周辺地域のみです。大麦麦芽をベースにしたマッシュを使用し、蒸留してからボタニカルを加えます。ジュニパーベリーの風味が強く、ロンドン・ドライ・ジンよりもまろやかでリッチな味わいです。

シュタインヘーガー

シュタインヘーガーは、ドイツのヴェストファーレン地方シュタインハーゲン村発祥のジンで、生のジュニパーベリーを発酵・蒸留して作られます。グレーンスピリッツとブレンドし、再蒸留することで独特の甘味とマイルドな風味を持っています。EUの原産地名称保護制度により、シュタインハーゲンで製造されたもののみがシュタインヘーガーと名乗れます。

オールド・トム・ジン

オールド・トム・ジンは、18世紀から19世紀にかけて流行した甘味のあるジンです。ロンドン・ドライ・ジンとジュネヴァの中間的な風味を持ち、砂糖やシロップが添加されることが多いです。独特のまろやかさと甘さが特徴で、クラシックカクテルのトム・コリンズなどに使われます。

ジンの美味しい飲み方

ジンを楽しむためには、いくつかの基本的な飲み方を覚えておくと良いでしょう。ここでは、初心者でも楽しめるシンプルな飲み方を紹介します。

ストレートで楽しむ方法

ジンの味わい、風味をダイレクトに感じられる飲み方です。ストレートで飲む場合、まずは冷やしてから楽しむのが一般的。冷やすことでアルコールの刺激が和らぎ、風味が際立ちます。

オン・ザ・ロック

氷をたっぷり入れたグラスにジンを注ぐオン・ザ・ロックは、ジンの風味をじっくり楽しめます。特に、香り豊かなクラフトジンにはおすすめの飲み方です​ 。

ソーダ割り

ジンをソーダで割るだけの簡単な飲み方です。レモンやライムを添えるとさらに爽やかになります。特に暑い夏の日にはピッタリの飲み方です。

ジンを使ったカクテル

ここからはジンを使ったカクテルをご紹介していきます。

ジンバック

ジンバックは、ジンをベースにレモンの絞り汁とジンジャーエールを加えたカクテルです。レモンの酸味とジンジャーエールの辛味が爽やかな味わいを演出します。

ギムレット

ギムレットは、ジンとライム果汁をシェイクして作るシンプルなカクテルです。ライムの酸味がジンの風味を引き立てます。

ジンリッキー

ジンリッキーは、ジン、ライム果汁、炭酸水を混ぜた爽やかなカクテルです。シンプルで軽い味わいが特徴です。

ロングアイランドアイスティー

ロングアイランドアイスティーは、ジン、ウォッカ、ラム、テキーラ、レモンジュース、コーラなど様々な素材を混ぜた強めのカクテルです。それぞれの味が複雑に絡み合うことで、まるで紅茶の味わいを再現しています。

ジンライム

ジンライムは、ジンとライム果汁を混ぜたシンプルなカクテルです。フレッシュなライムの香りが特徴です。

オレンジブロッサム

オレンジブロッサムは、ジンとオレンジジュースをシェイクして作るフルーティーなカクテルです。甘く爽やかな味わいです。

ブルームーン

ブルームーンは、ジン、パルフェタムール、レモンジュースを混ぜたエレガントなカクテルです。美しい青紫色が特徴です。

ジントニック

ジントニックは、ジンとトニックウォーターを混ぜたシンプルなカクテルです。ライムを添えることで爽やかさが増します。

ドライマティーニ

ドライマティーニは、ジンとドライベルモットをシェイクまたはステアして作るクラシックカクテルです。オリーブで飾りをつけます。

ジンフィズ

ジンフィズは、ジン、レモンジュース、砂糖、炭酸水を混ぜた爽やかなカクテルです。軽やかな泡立ちが特徴です。

トムコリンズ

トムコリンズは、ジン、レモン果汁、砂糖、炭酸水を混ぜたカクテルです。フレッシュなレモンの香りが楽しめます

マティーニ

マティーニは、ジンとドライベルモットをシェイクまたはステアして作るクラシックカクテルです。カクテルの王様と言われています。「ドライマティーニ」とはベルモットとの比率が異なります。

シンガポールスリング

シンガポールスリングは、ジン、チェリーリキュール、レモンジュース、ガムシロップ、ソーダ水を混ぜたトロピカルカクテルです。

ネグローニ

ネグローニは、ジン、カンパリ、ベルモットを混ぜたイタリアのフィレンツェ生まれのカクテルです。ビターで奥深い味わいが特徴です。

ジンに合うおつまみ

ジンと一緒に楽しむおつまみも、飲み方をさらに引き立ててくれます。ここでは、ジンに合うおすすめのおつまみを紹介します。

シーフード

ジンの風味はシーフードと相性抜群です。特に牡蠣やエビがよく合います。ジンの爽やかな香りがシーフードの旨味を引き立てます。

チーズ

濃厚なチーズとジンの組み合わせは相性抜群!ブルーチーズやカマンベールなどの濃厚なチーズがおすすめです。

ナッツ

ローストナッツやアーモンドは、ジンの風味を引き立てるおつまみとしておすすめです。手軽に楽しめるので、ホームパーティーなどでも活躍します。

色々な飲み方でジンを楽しもう!

ジンの楽しみ方は多岐にわたります。ストレートやカクテル、オン・ザ・ロックなど、自分に合った飲み方を見つけて、ジンの豊かな風味を堪能してくださいね!

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をTwitterでシェアできます。
このページの情報をFacebookでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。