1. バターがないときに使ってみよう!代用品6選

バターがないときに使ってみよう!代用品6選

作成日: 2020/07/27

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

料理やお菓子などに豊かな風味とコクを加えることができるバター。日頃から冷蔵庫に常備しているという人は多いのではないでしょうか。スーパーなどで手軽に購入できますが、稀に品切れになっていることもあります。
こちらの記事では、バターがないときに使える代用品を6つご紹介します。
それぞれの特徴を知って、料理やお菓子作りに活用してみてはいかがでしょうか。

目次

  1. バターの代用品①マーガリン
  2. バターの代用品②オリーブオイル
  3. バターの代用品③ヨーグルト
  4. バターの代用品④ショートニング
  5. バターの代用品⑤ココナッツオイル
  6. バターの代用品⑥生クリーム
  7. バターを使ったDELISH KITCHENのおすすめレシピ5選
    1. こんがり香ばしい♪焦がしバターとうもろこし
    2. 5分でできる♪バター炒めごはん
    3. ごはんがすすむ!ブリのバター醤油焼き
    4. パンチが効いてる♪豚ヒレ肉のにんにくバター焼き
    5. 濃厚なめらか!シンプルバタークリーム
  8. 身近な材料でもバターの代用は可能!

バターの代用品①マーガリン

動物の乳から作られるバターとは異なりマーガリンは植物性の油脂から作られますが、加熱せずに食べるとバターと似た風味やコクを感じることができます。
バターの代わりにトーストに塗って食べる人は多いでしょう。

料理やお菓子作りにバターの代用として使う場合は、同量で置き換えができるのも魅力です。ただし、加熱すると風味が飛びやすく、バターに比べてあっさりとした味わいに仕上がります。

マーガリンには他にも、塩分を加えずにやわらかくホイップしたケーキ用マーガリンや、バターが添加されたコンパウンドマーガリンなどもあります。

バターの代用品②オリーブオイル

植物性油脂のオリーブオイルは、オリーブの実を絞って作られます。果実ならではの爽やかな香りが特徴で、バターのような深いコクはありませんが食材をソテーする際などに代用可能です。

お菓子作りに使う場合は、バター量の3分の1〜半分くらいを目安に使ってみてください。

バターの代用品③ヨーグルト

ケーキやマフィンなどを作る場合は、バターの代用としてヨーグルトに植物性油脂を足したものもおすすめです。ヨーグルトはバターに比べてさっぱりとした風味を持つのが特徴ですが、どちらも動物の乳から作られるため乳製品のコクは感じられます。

代用する場合は、しっかりとヨーグルトの水切りをすることをおすすめします。水切りしたヨーグルトはまるでチーズのような濃厚さになり、バターと同量で置き換えが可能です。

バターの代用品④ショートニング

ショートニングとは、マーガリンから水分や添加物を取り除いた植物性油脂です。水分が入っていないので酸化しにくく、焼き菓子などに加えるとサクサクとした食感に仕上がります。ただし、ショートニングは無味無臭なので、バターのような風味やコクは感じられません。

バターを代用する場合は、同量で置き換えることができます。焼き菓子やパン作りの際の代用におすすめです。

バターの代用品⑤ココナッツオイル

ココナッツオイルとは、ココヤシの実から採れる油のことです。約20度以下で固まる性質を持っていて、熱に強く酸化しにくいのが特徴です。ココナッツ特有の甘い香りがあり、バターの代わりにお菓子作りに使われることもあります。

基本、バターと同量で置き換え可能ですが、ココナッツオイルが溶けている場合は配合を調整しましょう。バターの風味はなく、ココナッツの甘い香りが料理やお菓子に残ります。

バターの代用品⑥生クリーム

バターと同じ乳製品の生クリームで代用すれば、料理やお菓子にコクを加えることができます。お菓子に使う場合はバターを室温に戻す必要もないので、手軽に使えるのも魅力ですね。
ケーキなどはしっとりした食感に仕上がりますが、バターにくらべ水分量が多いため調整しながら使ってみてください。

バターを使ったDELISH KITCHENのおすすめレシピ5選

こちらの記事では、バターを使ったDELISH KITCHENのおすすめレシピを5つご紹介します。バターがないときでもぜひ代用品を使って作ってみてくださいね。

こんがり香ばしい♪焦がしバターとうもろこし

甘味のあるとうもろこしに、バターとこんがりしょうゆの香りが絡んだ一品です。ポイントは有塩バターを使うこと。バターのほのかな塩気も味を引き締めてくれます。シンプルながらつい手が伸びてしまうおいしさで、ビールのおつまみにもぴったりです。
バターをココナッツオイルと少量の塩で代用すれば、ココナッツの甘い香りが漂います。

5分でできる♪バター炒めごはん

具材はベーコンだけのとてもシンプルな炒めご飯。ベーコンの塩気とバターの風味が加わったご飯には物足りなさを感じないでしょう。ベーコンをカリカリになるまでしっかりと炒めれば、食感のアクセントも楽しむことができます。めんつゆを加熱した香ばしい香りがたまりません!
最後にパセリを散らして彩りを添えましょう。

ごはんがすすむ!ブリのバター醤油焼き

照り焼きにして食べることが多いブリを、香ばしいバターじょうゆ味に仕上げましょう。ブリの表面に小麦粉をまぶして焼くので、バターじょうゆがしっかりとブリに絡みます。濃厚な味わいにご飯がすすむおかずです。
食べる直前にレモンを絞ってさっぱりと食べるのもおすすめです。

パンチが効いてる♪豚ヒレ肉のにんにくバター焼き

食べ応え満点の豚ヒレ肉のソテーはいかがですか。カリカリに香ばしく焼いたガーリックチップとおろしにんにくのダブルにんにく使いで、パンチのある一品に仕上がります。風味豊かなバターと少し甘めの和風だれの相性もバッチリ!
ビールやワインなどのおつまみにもおすすめです。

濃厚なめらか!シンプルバタークリーム

なめらか&濃厚なバタークリームレシピをご紹介します。ふんわり軽いクリームに仕上げるコツは、卵白を泡立ててしっかりとしたメレンゲを作ることです。ケーキをデコレーションすればバタークリームケーキに、クッキーにはさめばバタークリームサンドになります。
バターを代用する場合は、ショートニングを使うのがおすすめです。

身近な材料でもバターの代用は可能!

バターならではの風味はありませんが、他の食材でもバターの代用となるものはたくさんあります。固形状のものや液体状のものなどがあるので、バターと状態が異なる場合は量を調整して使ってみてくださいね。
こちらの記事ではバターを使ったおすすめレシピもご紹介しました。バターの風味を楽しむレシピ、ぜひ参考にしていろいろ作ってみましょう。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。