1. TOP
  2. 記事
  3. オーブンとトースターの違いは?どう使い分ける?

オーブンとトースターの違いは?どう使い分ける?

作成日: 2020/07/11

更新日: 2020/07/14

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

普段何気なく使っているオーブンとトースターですが、その違いについてご存じですか。それぞれに異なる機能を持つため、その違いを知っておくと料理に生かすことができます。
こちらの記事では、オーブンとトースターの特徴や違いについて解説し、使い分けやおすすめのレシピなどもご紹介します。

目次

  1. オーブンとトースターの違いは?
    1. オーブンの特徴
    2. トースターの特徴
    3. オーブンとトースターの違い
  2. オーブンとトースターの使い分けは?
    1. オーブン使用が適している料理
    2. トースター使用が適している料理
    3. オーブンでもトースターでも作れる料理
  3. DELISH KITCHENのオーブン・トースターを使用するレシピ
  4. オーブン
    1. ガッツリ食べたい時にオススメ♪鶏肉のオーブンBBQ焼き
    2. グラタン風♪伊勢海老のマスタードグリル
  5. トースター
    1. トースターでお手軽♡サブレ風クッキー
    2. オーブントースターで簡単!厚揚げの味噌マヨ焼き
  6. オーブンとトースターをうまく使い分けて料理上手に!

オーブンとトースターの違いは?

ここでは、オーブンとトースターの特徴とその違いについて見ていきましょう。

オーブンの特徴

「オーブン」とは、100度以上の高温で食材を蒸し焼きにする調理器具を指します。オーブンの庫内には熱気と水蒸気が充満し、赤外線と熱の対流効果によって食材にしっかりと火を通すことができるのです。機種によっては低温・中温・高温と大まかな温度設定しかできないものもありますが、ほとんどのオーブンは110度程度から250度程度までと幅広く温度調整を行うことができます。
また、予熱機能を使って庫内を温めておくことで初めから高温で食材を加熱することもでき、食材の旨味を逃すことなく調理できるのも特徴です。

オーブンは庫内が広いため、大きな肉の塊や高さのあるパン、大きめのピザなども作ることができます。また、天板が2枚以上入れられるものであれば、異なる料理を同時進行で作れるのも魅力です。

トースターの特徴

「トースター」とはその名の通り、もともとパンを焼く(トースト)ためにつくられた家電です。かつては食パンを焼くポップアップタイプのものが主流でしたが、現在では平置きタイプのオーブントースターが多く出回っています。
トースターの主な機能は食材の表面を香ばしく焼いたり、焦げ目をつけたりすることです。伝熱線から放射される熱を利用して加熱するため、大きいものだと中まで火が通らないこともあります。
トースターは基本的に温度調整ができませんが、最新式のものには調整可能なものもあります。

オーブンとトースターの違い

前述したように、オーブンは熱気と水蒸気を利用して食材の中までしっかりと火を通すことができるのに対して、トースターは食材の表面を香ばしく焼くのに適した器具です。

ただし、それぞれの特徴を生かして代用することは可能です。
オーブンをトースターで代用する場合には、あらかじめ食材に火を通しておくことをおすすめします。また、食材の表面が焦げそうになったらアルミホイルをのせるなどして焦げないように気をつけましょう。
一方、トースターをオーブンで代用する場合は、200〜240度程度で同時間加熱すると良さそうです。ただし、機種によっても焼け具合は異なるので様子を見ながら使ってみてください。

「オーブンレンジ」には、オーブン機能以外にも「グリル」や「レンジ」などの機能が付いています。オーブンレンジがあれば、トースターがなくてもほとんどの調理が可能です。

オーブンとトースターの使い分けは?

オーブンとトースターにはそれぞれ特徴があるため、料理によって使い分けてみましょう。

オーブン使用が適している料理

オーブンはじっくりと食材の中心まで熱を通したい料理に適しています。庫内の広さもあるため、ローストチキンやローストビーフなどの大きい料理も作ることができるのもポイントです。また、食材にムラなく熱を加えることができるため、ケーキやクッキーなどの焼き菓子作りにも適しています。

トースター使用が適している料理

短時間で焼き色をつけることができるトースターは、グラタンやピザなどを作るのに適しています。また、天ぷらやフライなどを温め直す際にもおすすめです。

オーブンでもトースターでも作れる料理

高温でチーズに焼き目をつけて作るピザはどちらでも作れるメニューです。また、焼き菓子の中でもクッキーであれば、オーブンとトースターどちらでも調理可能です。

DELISH KITCHENのオーブン・トースターを使用するレシピ

オーブン

ガッツリ食べたい時にオススメ♪鶏肉のオーブンBBQ焼き

ケチャップやウスターソース、はちみつなどの濃厚な調味料で味付けした鶏肉はボリューム満点!高温のオーブンで焼けば、外は香ばしく中はしっとりジューシーに仕上がります。おろしにんにくの風味も効いているので、白いご飯がすすむことまちがいありません。野菜はぜひお好みのものを使ってみてください。

グラタン風♪伊勢海老のマスタードグリル

伊勢海老にマヨネーズとマスタードの濃厚なソースをのせ、こんがりと香ばしく焼いた一品です。見た目も華やかな伊勢海老のグリルは、おもてなしやパーティーメニューにもぴったり。パセリを散らせば彩りも鮮やかに仕上がります。

トースター

トースターでお手軽♡サブレ風クッキー

ホットケーキミックスを使ったお手軽サブレ風クッキーを作りましょう。オーブンがなくても、トースターでお菓子を作ることができます。生地を混ぜたら型抜きも不要なので、子どもと一緒に作るのもおすすめです。

オーブントースターで簡単!厚揚げの味噌マヨ焼き

大豆製品の厚揚げがボリュームたっぷりのおかずに変身します。みそとマヨネーズの濃厚ソースと溶けたチーズに焦げ目がついて、見た目にも食欲をそそる一品です。トースターでささっと作れるので、もう一品ほしいというときにもぴったりでしょう。

オーブンとトースターをうまく使い分けて料理上手に!

意外と知らなかったオーブンとトースターの違いについて理解できたでしょうか。それぞれの特徴を知って使い分けることで、いつもの料理がよりおいしく仕上がるでしょう。
料理は味だけでなく見た目も大切です。おいしそうな焦げ目や焼き色をつけて、目でもおいしさを堪能しましょう。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。