1. 身近なもので代用可能!コーンスターチの代用品5選

身近なもので代用可能!コーンスターチの代用品5選

作成日: 2020/02/10

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

お菓子作りの際、レシピに「コーンスターチ」と書いてあるのを見たことがある人もいるでしょう。コーンスターチを常備していない家庭は多いですが、ほんの少量のためにわざわざ買うのもためらわれます…。そんなとき、家庭にある材料で代用できればとても助かりますね。こちらの記事では、コーンスターチの特徴やコーンスターチの代用品となるものを5つ紹介します。

目次

  1. コーンスターチとは?
  2. 代用品①片栗粉
  3. 代用品②小麦粉
  4. 代用品③米粉
  5. 代用品④タピオカ粉
  6. 代用品⑤葛粉
  7. 料理やお菓子作りに!コーンスターチは身近なもので代用しよう

コーンスターチとは?

そもそも、コーンスターチは何からできているか知っていますか。英語で「コーン」はとうもろこし、「スターチ」はデンプンを意味していて、コーンスターチとはとうもろこしのデンプンを指します。料理やお菓子にデンプンを加えることでとろみをつけることができ、和食や中華料理ではとろみづけに片栗粉を、西洋料理ではソースやスープなどのとろみづけにコーンスターチがよく使用されます。デンプンには元となる植物によってさまざまな種類がありますが、特にコーンスターチの粒子はとても細かいため、とろみづけの際にもなめらか食感に仕上げることができるのです。

また、焼き菓子や揚げ物の衣を作る際にもコーンスターチを使用します。小麦粉は水が加わるとグルテンを形成してずっしりとした重さが出ますが、コーンスターチはグルテンを形成しないので軽いサクサク食感を出すことができます。

代用品①片栗粉

コーンスターチの代用品として手軽に使用できるものといえば片栗粉です。片栗粉はじゃがいものデンプンから作られる粉末で、コーンスターチと同様に料理のとろみづけや、衣やお菓子などをサクサクに仕上げたいときなどによく使われます。台所に常備している家庭も多いので、コーンスターチがないときの代用にはぴったりでしょう。ただし、片栗粉はコーンスターチに比べて粘度が高いため、仕上がり具合を考えてコーンスターチよりも少なめに使うことをおすすめします。

また、片栗粉は温度が低くなればなるほど粘度が低くなるため、カスタードクリームなどの冷やすものには向いていないかもしれません。一方、コーンスターチは温度が低くてもとろみを維持することができます。冷やすものにはコーンスターチ、温かい料理には片栗粉など、両者をうまく使い分けてみましょう。さらに、とろみづけの場合、コーンスターチは不透明ですが、片栗粉は無色透明なのも特徴です。使用量が少しであれば、それほど違いを感じることはないでしょう。

代用品②小麦粉

小麦粉には「グルテン」と呼ばれる粘り気のある成分が含まれています。パンを作る際に、あのもちもちとした食感を出すのがグルテンの働きなのです。お菓子作りなどでコーンスターチを代用するのであれば、片栗粉よりも小麦粉がおすすめです。カスタード作りに欠かせないコーンスターチの代用としても小麦粉を使うことができます。小麦粉を使用すると、コーンスターチに比べてやや重めの持ったりとしたクリームになりますが、使用する小麦粉の量を調節することで食感を変えることが可能です。

代用品③米粉

お米を粉末にした米粉も、コーンスターチの代用として使うことができます。米粉はグルテンを形成しないため、小麦粉に比べて軽さが出るのが特徴です。米粉は小麦粉の代用として使用されることも多く、米粉があると料理の幅を広げることができるでしょう。ただし、米粉の割合が増えるとお米特有のもっちり感が出てしまうので、料理のとろみづけやお菓子づくりなどで少量使うことをおすすめします。チーズケーキのレシピには少量のコーンスターチを加えるものが多くあり、この場合つなぎの役割や軽さを出すためにも米粉は適しています。

代用品④タピオカ粉

タピオカドリンクやスイーツなどに欠かせないタピオカ。そのタピオカを原料に作られるのがタピオカ粉です。タピオカとはキャッサバからとれるデンプンのことで、水と混ぜるとコーンスターチのようなとろみが出ます。

タピオカの粘り気は温度が低くなっても変わらないという特徴があるため、コーンスターチの代用としてプリンやカスタードクリームなどに使うことも可能です。また、タピオカならではのもちもち食感を活かし、パンケーキなどに使うのもおすすめです。クッキーなどのお菓子づくりでサクサク感を出したい場合は、小麦粉と組み合わせて使うといいでしょう。

代用品⑤葛粉

とろみのある熱い葛湯は、寒い日に体を芯から温めてくれる飲み物ですね。葛湯や葛餅などを作るのに使われるのが葛粉で、これは植物のクズの根から採取されるデンプンです。クズ100%の葛粉は本葛と呼ばれ、値段がとても高いため代用品として使うにはもったいないかもしれません。一般的に販売されているものには、さつまいものデンプンなどが含まれているものが多く見られます。コーンスターチの代わりに葛粉を和食のとろみづけに使うと、上品に仕上げることができます。

料理やお菓子作りに!コーンスターチは身近なもので代用しよう

コーンスターチの性質を知れば、どんな材料で代用できるかがわかります。いざ、料理やお菓子作りをしようと思った際にコーンスターチがなくても、身近な代用品を使ってすぐに調理に取りかかれるのはうれしいですね。とろみづけや軽い食感を出す役割があるコーンスターチ。ちょっとした工夫で調理の幅が広がるので、ぜひ自由にアレンジしてみてください。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。