1. ピクルスとは?マリネとの違いや作り方をご紹介!

ピクルスとは?マリネとの違いや作り方をご紹介!

作成日: 2020/06/12

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

ハンバーガーの具材でおなじみのピクルス。日本ではきゅうりのピクルスがスタンダードですが、実はさまざまな食材で作られているのをご存知でしょうか。
今回は、ピクルスについて詳しく学んでみましょう。マリネとの違いや、おすすめピクルスレシピも合わせてご紹介します。

目次

  1. ピクルスとは?
  2. ピクルスとマリネ、漬物の違い
  3. ピクルスにおすすめの野菜の種類
  4. ピクルスの日持ち
  5. DELISH KITCHENのピクルスレシピ
    1. 簡単ピクルス
    2. きゅうりのピクルス
    3. ズッキーニとパプリカのレモンピクルス
    4. 豆腐のピクルス
  6. さまざまな食材でピクルスを作ってみよう!

ピクルスとは?

ピクルスとは、酢や香辛料などをベースとした調味液に、野菜などを漬け込んだものを指します。一定期間日持ちがするため、海外では古くから保存食として作られてきました。甘酸っぱいさわやかな口当たりが特徴で、そのままおつまみとして食べるほか、料理の付け合わせやサンドイッチの具材など、さまざまなシーンで活躍しています。

ピクルスには発酵させるタイプと発酵させないタイプがあり、一般的に手に入りやすいのは発酵させないタイプのものです。小型のきゅうり(ガーキン)を漬けたピクルスは、スーパーなどで良く見かけるので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
発酵させるタイプは基本的には酢を使わずに、塩と水だけで発酵させていくことで、自然と酸味が生まれます。キャベツの酢漬けであるザワークラウトも、この発酵タイプのピクルスです。いずれのタイプのピクルスも、海外では野菜だけでなく、肉類や魚類などを使ったものも作られています。

ピクルスとマリネ、漬物の違い

マリネとは調理工程を指す場合と、料理名を指す場合の2通りあります。

調理工程におけるマリネとは、酢や油を使った調味液に浸すことを指します。これは食材を柔らかくしたり、ハーブなどの風味をつけたりすることが主な目的です。調味液にはピクルスと同じように酢を使う場合もあれば、まったく酢を使わず、油やワインなどを使う場合もあります。
一方で、ピクルスは酢をベースにした調味液に漬けることで、一定期間日持ちさせるのが主な目的です。つまり、両者の違いを見極めるには「長期保存できるかどうか」がポイントとなります。

では、ピクルスと漬物との違いはどうでしょうか。海外と日本の食生活が異なることから、日本のいわゆる漬物と比べると味付けや風味に違いはあります。しかしながら、ピクルスはいわゆる「酢漬け」です。日本にも塩辛い味付けの漬物ばかりでなく、「生姜の甘酢漬け」などの漬物も存在します。
従って、ピクルスは広い意味で漬け物の一種だといって差し支えないでしょう。

ピクルスにおすすめの野菜の種類

ピクルスに使われる野菜というと、まずきゅうりをイメージする方も多いかもしれません。しかし、実はピクルスに向く野菜の種類はたくさんあります。
きゅうり以外だとセロリ、大根、にんじん、ズッキーニ、カリフラワー、パプリカ、ラディッシュ、ミニトマトなど。そのままだと硬いレンコンなどの根菜類も、下茹でしてから調味液に漬けることで歯ざわりも良くなり、食べやすくなります。それぞれの野菜を単体で漬けても良いですが、さまざまな野菜をミックスしても良いでしょう。その際、セロリや玉ねぎなどの香りが強い野菜と一緒に漬け込めば、全体に風味がまわっておいしくなります。

ピクルスの日持ち

市販品のピクルスは、開封前であれば1~2年は日持ちするように作られています。開封後は、なるべく清潔な箸を使って取り出すようにし、1カ月以内で食べきるのが望ましいです。ただし、メーカーによって日持ちの目安は異なるので、しっかりラベルを確認しましょう。
手作りのピクルスでも、具材に熱を通し、容器を殺菌消毒して作られたものであれば、1年程度は日持ちすると考えられています。とはいえ、家庭で手作りしたものはなるべく早く食べきるのが理想的だといえるでしょう。

DELISH KITCHENのピクルスレシピ

ピクルスとはどのようなものか理解できたところで、次は実際に手作りしてみましょう。ここではDELISH KITCHENおすすめのピクルスレシピ4選をご紹介します。

簡単ピクルス

加熱工程はすべて電子レンジで作れる、超時短ピクルスレシピです。使う野菜は大根、赤パプリカ、きゅうりの3つ。昆布茶を少量入れることで、おいしさもアップします。

きゅうりのピクルス

こちらも電子レンジだけで作れる、スタンダードなピクルスです。使う野菜はきゅうりのみなので、調理工程がとってもスピーディー!調味液に漬けて10分待てば食べられます。

ズッキーニとパプリカのレモンピクルス

使う野菜はズッキーニと赤パプリカです。レモンスライスを入れることでさらにさっぱりとした後味になるのがおいしさのポイント。あらかじめ野菜を塩でもんでおくことで、味が早く染み込みます。

豆腐のピクルス

ちょっと変わり種ピクルスのご紹介!豆腐を酢、塩、オリーブオイルに漬けると、まるでチーズのような食感に変わります。漬けてから2時間ほどで食べられるので、思い立ったら試したい一品です。ワインのおつまみにいかがでしょうか。

さまざまな食材でピクルスを作ってみよう!

ピクルスとは、野菜などを酢をベースとした調味液に漬けたものを指します。マリネとの大きな違いは、「保存」を目的として作るということ。今回は、電子レンジなどでさっと簡単に作れるレシピもご紹介しました。ぜひ参考にして、色とりどりの手作りピクルスに挑戦してみてください。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。