野菜の切り方 〜くし形切り〜

作成日: 2019/11/25

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

じゃがいもやかぶなど5種類の野菜のくし形切りを紹介します!丸い野菜を放射状に切っていき、くしのような形にするのがくし形切りの特徴です。フライドポテトやトマトの切り方では定番なので覚えておきましょう。

目次

  1. 1. なすのくし形切り
  2. 2. じゃがいものくし形切り
  3. 3. かぶのくし形切り
  4. 4. キャベツのくし形切り
  5. 5. トマトのくし形切り
  6. くし形切りの基本をマスターして毎日の料理に活かしてくださいね!

1. なすのくし形切り

なすはアクにより変色してしまうので使う直前に切るか、切ってすぐに水にさらしてアクを抜きましょう。長さを残した切り方なので、なすがメインになる炒め物や揚げ物で使える切り方です。

2. じゃがいものくし形切り

フライドポテトを作る際の定番の切り方です。じゃがいもは変色を防ぐため切ったら水にさらしましょう。ぜひマスターしてホクホクのフライドポテトをご家庭でお試しください。

3. かぶのくし形切り

茎を落とす切り方と茎を残す切り方の2種類を紹介しています。竹串を使ってしっかり汚れを落とすようにしましょう。かぶのくし形切りは煮物にする際に使える切り方です。

4. キャベツのくし形切り

放射状に切るだけでとっても簡単です。ポトフのような煮込み料理にしたり、蒸したり焼いたりしても美味しい、楽しみ方いろいろな切り方です。ぜひご家庭でお試しください。

5. トマトのくし形切り

そのまま食べるにも料理の具材にするにも使えるトマトの定番の切り方です。さらにもう1度切ると乱切りになります。トマトが潰れてしまわないように、しっかり研いだ包丁を使いましょう。

くし形切りの基本をマスターして毎日の料理に活かしてくださいね!

今回は基本のくし形切りを紹介致しました!くし形切りはフルーツでも同じように活用できます。形もきれいで、そのまま食べるのにもカレーやポトフなどの煮込み料理やスープ、汁物にも使える万能な切り方です。ぜひマスターしてご家庭でお試しください。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。