1. パルメザンチーズ!馴染み深いけど…どんなチーズ?

パルメザンチーズ!馴染み深いけど…どんなチーズ?

作成日: 2020/11/03

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

数あるチーズのなかでもナポリタンやグラタンの仕上げに欠かせないパルメザンチーズ。いつでも使えるよう、常にストックしてあるというお家も少なくないはずです。身近な存在ではありますが、詳しい種類や正しい保存方法について知っているでしょうか。
今回は、馴染み深いパルメザンチーズについて詳しく紹介しつつ、DELISH KITCHENのレシピも紹介していきます。

目次

  1. パルメザンチーズについて
  2. パルメザンチーズは代用できる?
  3. パルメザンチーズの保存方法
  4. パルメザンチーズを使ったDELISH KITCHENのレシピ
    1. あっさりカルボナーラ
    2. キャベツの粉チーズ炒め
    3. レタスとハムの粉チーズあえ
    4. チーズケーキ風クッキー
  5. 使い方いろいろ!魅力たっぷりのパルメザンチーズ

パルメザンチーズについて

そもそも、パルメザンチーズはどんな種類のチーズなのでしょう。チーズというとヨーロッパのイメージがあるかもしれませんが、パルメザンチーズはアメリカから渡ってきました。
当時、粉チーズの形で日本に渡ってきたため、粉チーズ=パルメザンチーズという認識が広まったといわれています。

ちなみに、名前が似ているため混同されることが多いのが、チーズの王様ともいわれるイタリアの「パルミジャーノ・レッジャーノ」です。なんとなく響きは似ていますが2つのチーズは全く別物なので注意しましょう。
パルミジャーノ・レッジャーノという名称は産地や原材料、熟成期間などいくつかの厳しい基準をクリアしたものだけが使えます。
一方、パルメザンチーズには産地や熟成期間についての厳しい基準はありません。そのため、パルミジャーノ・レッジャーノ風には作られているものの、濃厚さや香りが違うのです。とはいえ、パルメザンチーズはクセがなくあっさりしているので使いやすいチーズといえます。

普段作る家庭料理ではパルメザンチーズ=粉チーズという認識で問題ないのですが、こだわっているレストランなどではパルミジャーノ・レッジャーノを削って料理に使用することもあります。本場の味を知るためにも、たまにはお店で削ったパルメザンチーズを提供しているレストランに行ってみるのも良いのではないでしょうか。
なお、パルメザンチーズのカロリーは、100gあたり475kcalです。
【出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)】

パルメザンチーズは代用できる?

パルメザンチーズがお家にない場合、ほかのチーズで代用できます。手軽にパルメザンチーズそっくりにできるのがハードチーズを削る方法ですが、どのお家にも常備している身近なチーズではありません。
そこで、もう少し手軽に代用できるのが、冷蔵庫に入っている可能性の高いスライスチーズやピザ用チーズ、ベビーチーズです。

代用レシピもチーズをクッキングシートに乗せて電子レンジで温めるだけと簡単にできます。
スライスチーズの場合は6等分にしてから、ピザ用チーズの場合は薄く平らに広げるのがコツです。
厚みのあるベビーチーズも最初に薄くスライスしてから電子レンジで温めれば代用できます
。温める時間の目安は2分程度で、チーズが1度溶けて固まったら電子レンジから取り出して冷ましましょう。それから、手やスプーンの背などで細かく砕けば出来上がりです。
クッキングシートで包んだ上から砕くと手が汚れずに済みます。

パルメザンチーズの保存方法

チーズは冷蔵庫で保存しなければいけないと思っている方が多いかもしれませんが、温度や湿度が低く直射日光が当たらない場所に置くのが正しい保存方法です。
なぜなら、粉状になっているパルメザンチーズは湿気りやすく、冷蔵庫に入れておくと使用するたびに出し入れすることで生じる温度や湿度の差で固まってしまうからです。
なお、記載されている賞味期限まで時間がある場合でも、開封後は早めに使いきりましょう。

パルメザンチーズを使ったDELISH KITCHENのレシピ

ここからは、パルメザンチーズを使用したDELISH KITCHENのレシピを紹介していきます。

あっさりカルボナーラ

カルボナーラと聞くと、卵黄と生クリームを使った濃厚なものを想像しますが、こちらのレシピは全卵と牛乳を使用することであっさりした口当たりになります。あっさりといっても、パルメザンチーズをたっぷり入れることでコクはしっかり残る本格的な味です。
重すぎないクリーミーなカルボナーラは最後まで美味しく食べられるでしょう。

キャベツの粉チーズ炒め

家にある材料でササっと作れるレシピです。ベーコンのカリカリとキャベツのシャキシャキで食感も楽しめます。
シンプルなのにうまみをたっぷり感じられる粉チーズ炒めは、おかずだけでなくおつまみとしても喜ばれるでしょう。

レタスとハムの粉チーズあえ

サラダはいつもドレッシングをかるだけという方も必見のパルメザンチーズを使った簡単サラダ。いつものマヨネーズもチーズを入れることでうまみと風味がアップします。
マヨネーズとチーズの風味がきいたサラダなら、野菜嫌いな子どもも進んで食べてくれそうです。

チーズケーキ風クッキー

クッキー生地に粉チーズを加えるだけでチーズケーキ風のクッキーが出来上がります。粉チーズを使って本格的なおいしいスイーツになるので挑戦してみてください。

使い方いろいろ!魅力たっぷりのパルメザンチーズ

パルメザンチーズはアメリカから渡ってきたチーズで、パルミジャーノ・レッジャーノとは違うということがわかりました。チーズはあっさりしているものの、クセがなくさまざまな料理に使えるので今回紹介したレシピを試してみましょう。
万が一家にない場合でも、スライスチーズやピザ用チーズなどほかのもので簡単に代用できます。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。