DELISH KITCHEN
  1. TOP
  2. 記事
  3. 料理の基本
  4. お菓子作りの基本
  5. カトルカールとはどんな意味?作り方や簡単レシピもご紹介

カトルカールとはどんな意味?作り方や簡単レシピもご紹介

作成日: 2021/06/24

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

「カトルカール」という名前を聞いたことがあるでしょうか。
カトルカールは、シンプルな材料で作れる、どこか懐かしい味わいの素朴なバターケーキのことです。

この記事では、カトルカールという名前の意味や作り方について解説します。
また、定番のものから炊飯器で作れる簡単レシピもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. カトルカールについて
    1. カトルカールとは
    2. カトルカールの作り方
  2. 【基本】DELISH KITCHENのカトルカールレシピ
    1. 《シュガーバッター法》
    2. 別立て法で作るカトルカール
    3. 全卵すりこみ法で作るカトルカール
    4. 《フラワーバッター法》
    5. フラワーバッター法で作るカトルカール
  3. 【簡単】DELISH KITCHENのカトルカールレシピ
    1. 炊飯器カトルカール風ケーキ(5.5合)
    2. 炊飯器カトルカール風ケーキ(3合)
  4. お好みの方法でカトルカールを作ってみよう

カトルカールについて

カトルカールとは、どのようなお菓子なのでしょうか。
名前の意味や作り方について解説していきます。

カトルカールとは

カトルカールはフランス語で、カトルは「4」、カールは「4分の1」という意味です。

バター、砂糖、卵、薄力粉の4つの材料を、全重量の4分の1ずつ使って作るバターケーキのため、このような名前がつきました。

カトルカールの作り方

カトルカールは、パウンドケーキ型で作ります。
代表的な作り方には「シュガーバッター法」と「フラワーバッター法」があります。

シュガーバッター法では、はじめにバターと砂糖を混ぜてから、卵、薄力粉を順番に加えます。
卵を卵黄と卵白に分けメレンゲを立てて作る方法と、溶き卵を加える方法があります。

フラワーバッター法は、はじめにバターと薄力粉を混ぜてから、卵、砂糖を加える製法です。
卵と砂糖をひとつずつ分けて加える方法と、泡立ててから加える方法があります。

【基本】DELISH KITCHENのカトルカールレシピ

基本のカトルカールのレシピをご紹介します。

《シュガーバッター法》

シュガーバッター法は「別立て法」と「全卵すりこみ法(共立て法)」に分けられます。

別立て法で作るカトルカール

「シュガーバッター別立て法」とは、卵黄と卵白を分け、メレンゲを立てて作る方法です。
生地を混ぜるときに分離しにくいのがポイントです。ふんわり口溶けのよい仕上がりになります。

全卵すりこみ法で作るカトルカール

「全卵すりこみ法」では、バターと砂糖を混ぜ、溶き卵を少量ずつ加えていきます。
「シュガーバッター共立て法」とも呼ばれ、しっとりとした食感に仕上がります。

《フラワーバッター法》

フラワーバッター法で作るカトルカール

フラワーバッター法では、最初にバターと薄力粉を混ぜるので、生地が分離しにくいのが特徴です。
きめ細かくふんわりとしたカトルカールに仕上がります。

【簡単】DELISH KITCHENのカトルカールレシピ

炊飯器で簡単にカトルカール風ケーキを作りましょう。
パウンドケーキ型ではなく炊飯器で作ることで丸型に仕上がります。膨らみやすいように別立て法にして、ベーキングパウダーを加えます。

5.5合と3合の炊飯器で作るレシピをそれぞれご紹介します。

炊飯器カトルカール風ケーキ(5.5合)

炊飯器カトルカール風ケーキ(3合)

お好みの方法でカトルカールを作ってみよう

この記事では、カトルカールについて解説しました。
カトルカールとはバター、砂糖、卵、薄力粉の4つの材料を、全重量の4分の1ずつ使って作るバターケーキのことです。
作り方には、シュガーバッター法とフラワーバッター法があるので、それぞれ仕上がりの食感を楽しむのもよいでしょう。

炊飯器で簡単に作るレシピもご紹介しましたので、ぜひご家庭で作ってみてくださいね。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。