1. ミスジとはどこの部位?おすすめレシピもご紹介!

ミスジとはどこの部位?おすすめレシピもご紹介!

作成日: 2020/08/18

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

牛の部位「ミスジ」をご存じですか。焼肉屋などで食べたことがあるという人も多いかもしれませんね。しかし、ミスジがどの部位にあたるのかを知っている人は意外と少ないかもしれません。
こちらの記事では、ミスジの特徴やおいしい食べ方、ハラミやカルビとの違いなどについて解説します。
また、ミスジを使ったおすすめレシピもご紹介します。

目次

  1. ミスジはどこの部位?
  2. ミスジのおいしい食べ方は?
    1. 焼肉
    2. ステーキ
    3. しゃぶしゃぶ
  3. ハラミやカルビとの違いは?
  4. ミスジを使ったDELISH KITCHENのレシピ
    1. 食べ応え十分!にんにく醤油だれのミスジステーキ丼
    2. 自分へのご褒美に!ミスジの肉寿司
    3. ジューシー柔らか!ミスジステーキ
  5. 焼肉やステーキでミスジのおいしさを堪能しよう

ミスジはどこの部位?

「ミスジ」とは牛の肩甲骨から腕にかけて付いている肉のことを指し、特に肩甲骨の内側の部位を指します。
この部分に3本の筋が入っているため、ミスジと呼ばれるようになったようです。肉の中心に通った筋から広がるようにサシが入っていて、断面は葉っぱのようにも見えます。

ミスジはとてもやわらかいのが特徴で、霜降りが多く見られる部位でもあります。牛1頭から2〜3キロほどしか取れないためとても希少価値が高く、とても人気が高い部位です。
脂身と赤身のバランスも良く、上質な赤身に細かなサシが入っているため、霜降りの濃厚さを楽しみながらもあっさりと食べられるでしょう。

また、しっかりとした肉の旨みと甘みを堪能でき、口の中でとろけるような食感です。ミスジは牛タンと食感が似ているといわれますが、牛タンよりもよりやわらかさを感じるでしょう。

ミスジのおいしい食べ方は?

ここでは、ミスジのおいしい食べ方について解説します。

焼肉

ミスジは焼肉にして食べられることが多い部位です。
適度な厚さにカットしたものを鉄板、もしくは炭火で香ばしく焼くことで、肉本来のジューシーさを堪能することができます。
ミスジは水分量が少ない部位なので、加熱しすぎるとパサつきやすいので注意が必要です。肉の中心温度が70度を超えると固くなりやすいため、さっと短時間で焼くようにしましょう。

ミスジは醤油との相性が良く、わさび醤油や濃いめのタレなどにつけて食べるのもおすすめです。

ステーキ

ミスジのおいしさをダイレクトに味わいたいのであればステーキがおすすめです。
おいしいステーキにするためのポイントは、焼く前に肉を常温に戻しておくこと。冷蔵庫から出したばかりの肉は冷たく、加熱しても肉全体に均一に火が入りません。
室温に15分から30分ほど置いて常温に戻しましょう。

しゃぶしゃぶ

焼肉やステーキでは厚切りの肉がおいしいですが、薄切りにしたものはしゃぶしゃぶにぴったりです。
肉の厚さに応じて食感も変わるので、それぞれのおいしさをお楽しみください。

ハラミやカルビとの違いは?

焼肉でも人気のハラミやカルビとミスジとの違いについて見ていきましょう。

ハラミとは牛の横隔膜の筋肉を指し、赤身のような見た目をしていますがほどよく脂がのっている部位です。弾力のある歯ごたえがありながらもやわらかく、甘みと旨みのバランスが良いことでも知られています。
ハラミは内臓に分類されていて、カルビなどと比べてあっさりしているのも特徴です。


ハラミについてもっと知りたい方はこちら

カルビとはアバラ周辺の肉(バラ肉)を指し、赤身と脂身のバランスが良い部位です。焼肉でも人気の部位で、肉厚で食べ応えがあります。
カルビは肩バラ、トモバラ、ナカバラの3つに分けられ、肩バラには高級部位とされる三角バラが含まれています。

お店によってはカルビ、上カルビ、特上カルビなどとランク分けしているところも多くあります。焼肉はもちろん、ステーキや炒め物などにしても楽しめます。
このように、ハラミやカルビとミスジは部位が異なります。肉質や味わいも異なるので、ぜひ食べ比べてみたいですね。

カルビについてもっと知りたい方はこちら

ミスジを使ったDELISH KITCHENのレシピ

ここでは、ミスジを使ったDELISH KITCHENのおすすめレシピを3つご紹介します。

食べ応え十分!にんにく醤油だれのミスジステーキ丼

ステーキ用のミスジを使ったお手軽ボリューム丼のご紹介です。肉が固くならないようさっと短時間で焼いた後、アルミホイルに包んで余熱で火を通すのがポイント!やわらかくジューシーなミスジステーキのおいしさをぜひご堪能ください。
にんにくの風味が香るにんにく醤油ダレとの相性もバッチリです。

自分へのご褒美に!ミスジの肉寿司

お店で食べるような豪華な肉寿司を自宅で作ってみませんか。さっと表面だけを焼いたミスジは口の中でとろけるおいしさです。脂ののった肉も、さっぱりとした酢飯と合わせれば何個でも食べられるでしょう。
わさびをのせた肉寿司は冷酒と一緒に楽しむのもおすすめです。

ジューシー柔らか!ミスジステーキ

肉そのもののおいしさを楽しみたいときにはやはりステーキが一番です。表面を炙るようにさっと焼いて、肉の旨みを閉じ込めましょう。アルミホイルに包んでしばらく置いて、肉を落ち着かせるのもおいしく仕上げるコツです。
サラダを添えて召し上がれ。

焼肉やステーキでミスジのおいしさを堪能しよう

こちらの記事ではミスジの部位や味わいなどについてご紹介しました。
これまであまり食べたことがなかったという人も、焼肉やステーキなどで味わってみてはいかがでしょうか。短時間でさっと焼くだけなので、家庭でも手軽に作れるはずです。
肉が固くならないように気をつけながら、ぜひこちらでご紹介したレシピも参考にしてみてくださいね。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。