1. イカの旬の時期を種類ごとに解説!捌き方やレシピも

イカの旬の時期を種類ごとに解説!捌き方やレシピも

作成日: 2020/11/05

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

日本には一年を通し色々なイカが水揚げされており、イカの旬が一年じゅうあるといっても過言ではありません。その時期に一番美味しいイカを活用すれば、料理の味もワンランクアップしますよね。
この記事では、代表的なイカの特徴やそれぞれの旬、簡単な捌き方などを解説します。
また、捌いたイカを使った美味しいレシピも紹介するので役立ててください。

目次

  1. イカの旬はいつ?
    1. スルメイカ
    2. コウイカ
    3. ヤリイカ
    4. アカイカ
    5. アオリイカ
    6. ホタルイカ
  2. 美味しいイカの選び方・下処理の方法は?
  3. イカを使ったDELISH KITCHENのレシピ
    1. イカのバターポン酢マヨ
    2. イカの唐揚げ
    3. 屋台風イカ焼き
    4. ヤリイカめんたい丼
    5. ホタルイカのペペロンチーノ
  4. 旬を覚えて一年じゅう美味しいイカを食べよう!

イカの旬はいつ?

日本では多くの種類のイカが出回っており、種類ごとに旬が異なります。日本で食べられている代表的なイカの特徴と旬を解説します。

スルメイカ

イカを干した「スルメ」の原料になることも多いスルメイカは、スーパーなどでよく見かける、とても馴染みのあるイカです。ほどよい弾力と甘みがあるため、イカそうめんなどでシンプルに食べるのがおすすめ。
旬は6月から10月頃となっています。

コウイカ

コウイカは胴部分に硬い「甲」が入っており、丸みを帯びたシルエットが特徴です。別名「スミイカ」と呼ばれるほど墨を多く持っており、イタリア料理などイカスミを使うレシピで重宝されます。
コウイカの旬は冬の終わりから春先の、3月から5月頃です。生まれたばかりの「新イカ」は8月から10月頃が旬となります。

ヤリイカ

ヤリイカは槍のような尖ったシルエットが特徴のイカです。上品な甘みがあり、寿司ネタとして人気があります。
ヤリイカの旬は1月から3月頃です。この時期は繁殖期のため子持ちのこともあります。
また、9月から10月頃に出回る成長途中のヤリイカは「小ヤリイカ」として販売されています。

アカイカ

アカイカはスルメイカと形が似ており、体の表面が赤いことが特徴です。サイズが大きく、オスは45cmほどまで、メスは60cmほどまでになります。大きいため業務用に加工しやすく、ロールイカなどの原材料としてポピュラーなイカです。
アカイカの旬は6月から8月頃とされます。

アオリイカ

アオリイカは胴部分の両側のエンペラが大きいため、胴全体のシルエットが丸いことが特徴です。甘みや旨みがしっかりしており、刺身や寿司ネタとして人気があります。
アオリイカの旬は春から初夏、4月から7月頃となっています。

ホタルイカ

ホタルイカは全長7cm前後の小さなイカで、青白くホタルのように光ることからその名がつきました。スーパーなどではボイルされたものをよく見かけますよね。簡単な下処理をすれば、捌かなくても食べられる手軽さが人気です。
ホタルイカの旬は春先の3月から4月頃です。

美味しいイカの選び方・下処理の方法は?

美味しいイカの選び方は、胴体の丸みと目、色の鮮やかさをチェックすることです。新鮮なイカは内臓にハリがあるので胴が丸みを帯びています。逆に、時間が経って内臓のハリがなくなると胴は平たくなっていきます。
また、目は盛り上がって飛び出しているものが新鮮です。時間が経つと目はへこんで色が濁ります。さらに、身に透明感があり、色が鮮やかなものを選ぶこともポイントです。

スルメイカやヤリイカを捌くときは、まず、胴から内臓ごとゲソを抜き、軟骨を引き抜きます。
次に目の下からゲソを切り落とし、クチバシを取りましょう。足の吸盤はこそげ取り、足先はカットします。
胴からエンペラを引きはがして双方の皮を取り、胴を切り開いたら基本の下処理は完了です。
コウイカを捌く場合は、最初に胴へ縦に切り目を入れて甲を取り出しておきましょう。墨が多いので、墨袋を破らないよう注意してくださいね。

イカの詳しい捌き方はこちらの動画で解説しているので参考にしてください。

ボイル済みホタルイカの下処理は、両目とゲソの根元のクチバシ、胴の中の軟骨を引き抜きます。
ホタルイカの下処理は以下の動画で詳しく紹介しているので参考にしてください。

イカを使ったDELISH KITCHENのレシピ

味にクセが少なく旨みの多いイカは、和風レシピでも洋風レシピでも活躍する食材です。イカの美味しさを活かしたおすすめレシピを紹介します。

イカのバターポン酢マヨ

イカをバターとポン酢で炒めるだけの簡単メニューです。バターのコクとポン酢の酸味、マヨネーズのまろやかさがイカの風味とよく合います!
おかずにも、お酒のおつまみにもおすすめです。

イカの唐揚げ

捌いて切ったイカに調味料を揉み込み、片栗粉をつけてカラッと揚げました。おろし生姜が臭みを消し、風味をアップしてくれます。
冷めても美味しいのでお弁当のおかずにも活躍しますよ。

屋台風イカ焼き

お家でお祭り気分になれるのが嬉しい、屋台風のイカ焼きです。グリルを使わなくてもフライパンで簡単に作れます。
調味料に漬け込んでから焼くので甘辛味がしっかり染みています♪

ヤリイカめんたい丼

甘みのあるヤリイカの刺身と、ピリ辛の明太子が相性抜群の丼です。柚子胡椒を少し入れると柑橘の風味が上品な味にしてくれます。
仕上げにうずらの卵の黄身を乗せ、崩しながらいただきましょう。

ホタルイカのペペロンチーノ

ホタルイカが主役のシンプルなペペロンチーノです。ホタルイカのコクとキャベツの甘みが合いますね!
ニンニクの香りも効いていて、いくらでも食べられそうなパスタです。

旬を覚えて一年じゅう美味しいイカを食べよう!

日本には様々なイカが出回っているため、一年じゅう美味しいイカが食べられるのは嬉しいですよね!比較的安価なので、毎日の食卓に活用しやすい食材といえます。
カット済みのものや冷凍のものも美味しいですが、自分で捌いたイカは美味しさもひとしおですよ!和食、洋食、中華など、色々な料理に合うイカをぜひ活用していきましょう。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。