1. TOP
  2. 記事
  3. カレーの種類はたくさん!国によっても様々な違いがあります

カレーの種類はたくさん!国によっても様々な違いがあります

作成日: 2020/03/27

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

インドから広がったカレー。日本でよく食べられているカレーライスは小麦粉や牛肉を使って煮込んだイギリスのカレーが広まったものです。日本では煮込むイメージのあるカレーも、インドでは仕込みに時間をかけて短時間で作るもの。このようにカレーもその国々で特徴があります。今回はそんなカレーの種類をご紹介します。

目次

  1. 1.バターチキンカレー
  2. 2.キーマカレー
  3. 3.パラクパニール(ほうれん草とチーズのカレー)
  4. 4.チキンカレー
  5. 5.グリーンカレー
  6. 6.レッドカレー
  7. 7.マッサマンカレー
  8. 気になるカレーは見つかりましたか?

1.バターチキンカレー

北インドのカレーで、ムルグマカニはバターチキンカレーのことです。バターの風味があるマイルドな定番カレー。鶏肉はしっかり下味に漬け込んで作ります。

2.キーマカレー

キーマとはヒンドゥー語でひき肉やこま切れ肉のことを言い、バターチキンカレーと同じく北インドのカレーです。日本ではひき肉を使ったカレーをキーマカレーと呼ぶことが多いのですが、インドでは使う食材や調理法も様々な種類があります。

3.パラクパニール(ほうれん草とチーズのカレー)

インドカレーのお店に行くとメニューでよく見かける、北インドのほうれん草とチーズのカレーです。見た目も緑色のカレーでチーズとよく合います。

4.チキンカレー

チキンカレーにもいろいろな種類があります。スリランカのチキンカレーは骨付き肉を使っており、ココナッツミルクを使うことも特徴的です。
ミャンマーのチキンカレー「チェッターヒン」はペブヤという発酵大豆の粉やレモングラス等を使ったカレーです。このように国によってそれぞれ違いがあります。

5.グリーンカレー

日本でも見かけることの多いタイのカレーで、ココナッツミルクや様々なスパイスを使って作ります。未熟な青い唐辛子を使いますが、辛さがあります。カレーとなっていますが、正確にはココナッツミルク、レモングラス、こぶみかんの葉、ナンプラー等を使ったゲーンという汁物です。

6.レッドカレー

タイのカレーで、グリーンカレーのゲーンのハーブの調合が変わったものがレッドカレーになります。赤い唐辛子を使っているので、色も赤くなり辛味もあります。

7.マッサマンカレー

タイ南部のカレーで、カルダモンやコリアンダー、ココナッツミルク等を使ったカレーです。2011年アメリカCNNインターナショナルのCNNGo「世界で最も美味な料理ランキング50」では1位に選ばれました。

気になるカレーは見つかりましたか?

今回はいろいろなカレーをご紹介しました。いつものカレーもスパイスを加えたり、具材を変えると簡単に違うカレーを楽しめますね。カレーのお店に行ったときは、メニューを見ていつも食べないカレーを食べてみるのもおすすめです。ぜひいろいろなカレーの種類を食べてみてください。きっとお気に入りのカレーが見つかるはず。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。