1. タパスとは?ピンチョスとの違いやバル風レシピを紹介

タパスとは?ピンチョスとの違いやバル風レシピを紹介

作成日: 2020/09/09

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

日本でも多く見かける居酒屋のバル。バルでお酒とともに提供されているのが、「タパス」と呼ばれる料理です。
タパスはそのおいしさだけではなく、見た目の華やかさからも高い人気があります。
自宅で簡単に作れるものもあり、ホームパーティーやちょっとしたお祝いの場にもおすすめです。
この記事では、そもそもタパスとは何か、またピンチョスとの違いやおすすめのレシピについて紹介します。

目次

  1. そもそもタパスとは?
  2. タパスとピンチョスの違い
  3. ①爽やかな酸味を楽しめるトマトのブルスケッタ
  4. ②おつまみにもぴったり!たことポテトのガーリック炒め
  5. ③コク深い味わい♪マッシュルームとミニトマトのバターソテー
  6. ④簡単にバル風の仕上がり!さわらとオリーブのソテー
  7. ⑤見た目にもおしゃれなサーモンのアボカドチーズ巻き
  8. ⑥フライパンで簡単に作れるじゃがいものカリカリチーズ焼き
  9. ⑦うまみがたっぷり!牡蠣のアヒージョ
  10. ⑧色とりどり野菜のサーモンカルパッチョ
  11. タパスで食卓を華やかに!気になるレシピを試してみよう

そもそもタパスとは?

タパスとは日本でいうところの「小皿料理」のことです。
そもそもタパスはスペイン語で蓋を意味する「タパ」が語源だとされています。スペインではワインとともに、チーズや生ハムなどの軽食をとる文化があります。
そのとき、お酒に虫やホコリなどが入らないように、これらの軽食をグラスにかぶせて蓋をしていました。そのスタイルが浸透し、ワインやお酒を飲むときに食べる料理をタパの複数形、つまり「タパス」と呼ぶようになったとされています。

タパスは「乾き物」「冷菜」「温菜」の3つに大きく分けられます。
乾き物としては生ハム・チーズ・オリーブなどが代表的です。しっかりと味の濃いメニューが多い傾向にあります。
冷菜のタパスはポテトサラダ・マリネ・ピクルスなどが主流です。
温菜としてはアヒージョや魚介のフリットなどの種類があります。
これら3つのジャンルをバランス良く食べることが基本的な本場のスタイルです。

タパスとピンチョスの違い

タパスと似たものに「ピンチョス」というものがあります。この2つは混同されがちですが、はっきりとした違いがあります。

そもそもピンチョスとは、スペイン語で爪楊枝や串などを表す言葉です。
生ハムやオリーブなどのさまざまな食材を串に刺してまとめた料理が、次第にピンチョスと呼ばれるようになりました。
タパスは一皿料理であるのに対し、ピンチョスは一口で手軽に食べられるのが大きな違いです。

バルで料理を注文する際、小皿にフォークを添えて出されたものはタパス、爪楊枝や串に複数の食材が刺さったものであればピンチョスとなります。違いをしっかりと覚えておくと便利でしょう。

①爽やかな酸味を楽しめるトマトのブルスケッタ

バルサミコ酢でさっぱりと食べられるトマトのブルスケッタです。
香ばしく焼いたパンにのせて食べることで、トマトの酸味とオリーブオイルのコクを存分に味わえます。片手で気軽につまめるため、おつまみにもぴったりです。
ワインのお供にいかがでしょうか。

②おつまみにもぴったり!たことポテトのガーリック炒め

ほくほくのじゃがいもとぷりぷり食感のたこをカットし、フライパンで炒めれば簡単にバル風おつまみの完成!
ガーリック風味のしっかりとした味付けで、お酒もすすみます。
最後にパセリで彩を添えれば、お店で出てくるようなおしゃれな料理に仕上がりになります。

③コク深い味わい♪マッシュルームとミニトマトのバターソテー

歯ごたえの良いマッシュルームと甘酸っぱいミニトマトのバターソテーです。
食材とバターをフライパンで炒めるだけであっという間に完成!お酒のおつまみにはもちろん、夕飯のおかずで「あと一品作りたい」というときにも重宝します。
忙しいときにもスピーディーに作れるレシピです。

④簡単にバル風の仕上がり!さわらとオリーブのソテー

脂ののったさわらをシンプルなソテーで仕上げました。
ミニトマトとオリーブを加えることで、ぐっと味わいがアップ。オリーブの塩気がさわらのうまみを引き出してくれます。仕上げにレモンを添えて爽やかな香りをプラス。
バケットと一緒に食べるのがおすすめです。

⑤見た目にもおしゃれなサーモンのアボカドチーズ巻き

見た目にも華やかなサーモンのアボカドチーズ巻きは、ホームパーティーにもぴったりです。
レモン汁を加えたアボカドにクリームチーズとヨーグルトを入れ、こしょうを振りかけて混ぜ合わせれば下準備の完了です。
あとはスモークサーモンでくるくると巻いていけば、簡単にバル風のおしゃれメニューのできあがり。お好みでディルやパセリを添えると、より彩り豊かな一品に仕上がります。
大切な人のおもてなしにいかがでしょうか。

⑥フライパンで簡単に作れるじゃがいものカリカリチーズ焼き

じゃがいもをフライパンでカリカリに焼いた、香ばしさがたまらないレシピです。
使う食材が少なく、思い立ったらすぐに作れるハードルの低さも魅力。チーズをたっぷり使うと濃厚な味わいに仕上がります。
しっかりと塩コショウを振ることがおいしさのポイントです。
塩気が全体の味を引き締めてくれます。

⑦うまみがたっぷり!牡蠣のアヒージョ

バルの定番メニューの一つであるアヒージョ。
一見難しいレシピと思われがちですが、コツを覚えれば家庭でも簡単に作ることができます。うまみたっぷりの牡蠣は、お酒との相性が抜群です。
にんにく・オリーブオイル・唐辛子を加えることで、パンチのある味わいに仕上がります。

⑧色とりどり野菜のサーモンカルパッチョ

玉ねぎやパプリカなどの野菜をたっぷりと使ったサーモンカルパッチョです。
色鮮やかなパプリカを使って、見た目にも華やかな一品に仕上げました。
レモン風味のソースでさっぱりとした味わいを楽しめます。

タパスで食卓を華やかに!気になるレシピを試してみよう

スペイン料理の定番ともいえるタパスは、自宅で簡単に作れるレシピもたくさんあります。
小皿料理をいくつか用意すれば、いつもの食卓がぐんと華やかになります。また、タパスは自宅によくある野菜を使ったレシピも多く、気軽に挑戦しやすいことが魅力です。

紹介したレシピのなかからお気に入りのものを見つけて、家庭でタパスを楽しんでみてはいかがでしょうか。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。