DELISH KITCHEN
  1. スリランカカレーとは?ご飯の炊き方や付け合わせなどレシピもご紹介

スリランカカレーとは?ご飯の炊き方や付け合わせなどレシピもご紹介

作成日: 2021/03/14

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

スリランカカレーを召し上がったことはあるでしょうか。ココナッツが香り、日本やインドのカレーとは違う味わいです。

この記事では、スリランカカレーについて解説します。
スリランカカレーの作り方だけでなく、ご飯の炊き方や付け合わせのレシピもご紹介しますので、参考にしてみてください。

目次

  1. スリランカカレーとは
  2. スリランカカレーの作り方
    1. 鶏肉で作る!スリランカカレー
    2. スリランカ風レンズ豆カレー
  3. スリランカカレーに合うお米
    1. バスマティライスの炊き方
    2. ジャスミンライスの炊き方(鍋)
  4. スリランカカレーの付け合わせ
    1. スリランカ風コロッケ
    2. スリランカ風ポテトのスパイス炒め
    3. ポルサンボル
    4. スリランカ風トマトのあえもの
  5. ココナッツが香るスパイシーなスリランカカレーを作ってみよう

スリランカカレーとは

スリランカは、インドの南部に浮かぶ島国です。暖かい気候で、ココナッツの実がよく収穫されます。
そのため、スリランカカレーにはココナッツミルクが入っています。

油分が少なく、インドカレーよりもサラサラしていて、さっぱりとしているのが特徴です。
スリランカカレーに用いるミックススパイスは「トゥナパハ」と呼ばれ、コリアンダーやクミン、フェンネルなどが入っています。

スリランカカレーの作り方

最初に、スリランカカレーのレシピを2種類ご紹介します。
スリランカカレーでも、食材が異なると、ガラッと印象が変わりますよ。
入手しやすい食材でアレンジすることで、日本にいながら本場の味に近いカレーを楽しむことができます。

鶏肉で作る!スリランカカレー

さまざまなスパイスを加えた、複雑かつ奥深い味のカレーです。
一見こってりしているように見えますが、青唐辛子やチリパウダーのキリッとした辛味が効いていて、さっぱりしています。

スリランカ風レンズ豆カレー

日本で入手しやすい食材でアレンジしたレンズ豆のカレーです。
本場では「モルディブフィッシュ」と呼ばれるかつおを燻製し、天日乾燥したものを使用しますが、かつお節で代用しています。

スリランカカレーに合うお米

スリランカカレーに合うお米の炊き方です。
カレーと一緒に食べるお米は、バスマティライスやジャスミンライスなどのインディカ米を用います。
日本で主流のジャポニカ米とは炊き方が異なるので、ここでしっかり押さえておきましょう。

バスマティライスの炊き方

インディカ米の中でも、特に高級米と言われているのがバスマティライスです。
非常によい香りがすることから「香りの女王」とも呼ばれています。
「湯取り法」という、沸騰したお湯に米を入れて煮る方法で、バスマティライスを炊きます。

ジャスミンライスの炊き方(鍋)

ジャスミンライスは、タイで作られる高品質なインディカ米です。
香りがよく、ジャスミンのように白いため、ジャスミンライスと呼ばれるようになりました。甘くて香ばしい香りが特徴です。
炊くときのポイントは、香りを生かすために洗いすぎないようにすることです。

スリランカカレーの付け合わせ

最後に、カレーと一緒に食べて美味しい付け合わせを4つご紹介します。

スリランカ風コロッケ

サバ缶を使用したスリランカ風のコロッケです。
スパイシーな一口サイズのコロッケにサバが入っていて、食べ応えのあるひと品です。

スリランカ風ポテトのスパイス炒め

ゴロゴロとしたジャガイモが主役の炒め物です。
スパイスやにんにくが効いているので、食欲が湧きます。おつまみにもおすすめです。

ポルサンボル

カレーやご飯と一緒に食べるココナッツのふりかけです。
馴染みのない材料の組み合わせですが、かつお節の旨味を感じられ、ご飯によく合います。

スリランカ風トマトのあえもの

トマトや紫たまねぎなどの材料を和えるだけで、すぐにできる料理です。
さっぱりとしていて、スリランカカレーとの相性は抜群です。

ココナッツが香るスパイシーなスリランカカレーを作ってみよう

この記事では、スリランカカレーについてご紹介しました。
ココナッツが香り、日本やインドのカレーとは異なる美味しさがあるスリランカカレー。2種類のインディカ米の炊き方や、付け合わせにぴったりの料理もご紹介しましたので、ぜひ組み合わせてみてください。

今回ご紹介したレシピを参考に、スリランカカレーを楽しみましょう。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。