DELISH KITCHEN
  1. TOP
  2. 記事
  3. おつまみ
  4. おしゃれでおいしいフリット!おすすめレシピをご紹介

おしゃれでおいしいフリット!おすすめレシピをご紹介

作成日: 2021/01/29

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

普段の食事にはもちろん、ちょっとしたパーティーのメニューにもぴったりな「フリット」。
フリットは油で揚げる料理ですが、作る工程が似ている料理にフリッターやフライ、天ぷらなどがあります。これらの料理は何が違うのか気になりませんか。
そこで、フリットの特徴や、ほかの揚げ物料理との違いについて確認しておきましょう。
最後にフリットのおすすめレシピもご紹介します。

目次

  1. フリットについて
    1. フリットとは
    2. フリッター、フライ、天ぷらとの違い
  2. 魚介のフリットレシピ
    1. えびのフリット
    2. イカのカレーフリット
    3. タラのフリット
  3. 野菜のフリットレシピ
    1. ズッキーニのフリット
    2. ブロッコリーのチーズフリット
    3. かぼちゃのフリット
    4. とうもろこしのフリッター
    5. カリフラワーのカレーフリット
  4. その他のフリットレシピ
    1. 鶏むね肉とアボカドのフリット
    2. チーズちくわのフリット
    3. バナナフリッターのチョコソースがけ
  5. フリットのふんわり食感を楽しもう!

フリットについて

何気なく食べたり作ったりしているフリットの特徴や、ほかの揚げ物料理との違いについて確認してみましょう。

フリットとは

フリットはイタリア語で「揚げる」という意味の言葉です。
フリットの一番の特徴は衣で、小麦粉や卵黄、牛乳のほかにメレンゲを使います。衣にメレンゲを使っているので表面はカリっとした食感に、内側はフワッとした食感に仕上がります。メレンゲを使っていなくても、ベーキングパウダーや炭酸水などを使い衣をふんわり仕上げた揚げ物をフリットと呼ぶことも増えているようです。

ちなみに、イタリアではイカを使ったフリットを「カラマリ」、フリットの盛り合わせを「フリットミスト(ミスト=盛り合わせ)」と呼んでいます。
また、唐揚げとは少し食感の違う、チキンを使ったフリットもおいしいですよ。

フリッター、フライ、天ぷらとの違い

フリットとフリッターの違いはイタリア語と英語の違いです。
フリットとフライ、天ぷらの違いは衣に使う材料。フライは小麦粉や卵のほかにパン粉を使用し、天ぷらは小麦粉や卵、水のみを使用します。
衣が違うため食感も異なり、フライや天ぷらはサクっとした食感に仕上がるのが特徴です。

魚介のフリットレシピ

ここからは、魚介のフリットレシピをご紹介します。

えびのフリット

えびのフリットで、えびフライとは違う食感を味わいましょう。
えびに下味が付いているのでそのまま食べられます。
おやつやおつまみにもぴったりな、家族みんなで楽しめるフリットです。
パスタの上に乗せて食べるのも良いでしょう。

イカのカレーフリット

子供から人気のイカフリットをカレー味にしてみました。
衣にカレー粉をプラスするだけで、いつもと違う味に変身します。
おかずはもちろん、ビールとの相性も良さそうですね。

タラのフリット

たんぱくな味わいのタラをふんわりした衣で包み込んだタラのフリット。
こちらはベーキングパウダーを使ってふんわり仕上げています。
魚が苦手な子供も、このフリットなら食べてくれるかも!

野菜のフリットレシピ

ここからは野菜のフリットレシピをご紹介します。

ズッキーニのフリット

柔らかい食感のズッキーニをふんわり衣で包み込んで揚げた、ふわふわ食感の優しいフリットです。
こしょうとにんにくを入れた、後味さっぱりなヨーグルトディップがポイントですよ。

ブロッコリーのチーズフリット

衣にベーキングパウダーと粉チーズを加えたブロッコリーのチーズフリット。
チーズ味が付いているので、そのまま食べられます。
ブロッコリーのコロンとした丸みも可愛らしいですね。

かぼちゃのフリット

天ぷらで使われることの多いかぼちゃをフリットでいただきましょう。
レモン汁をかけて食べると、かぼちゃの甘みと絶妙にマッチしてやみつきになってしまうかも。

とうもろこしのフリッター

茹でたり焼いたりスープに入れたり、さまざまなアレンジができるとうもろこしはフリットにもぴったりです。
大量の油を使わずに作れるのも嬉しいですね。
子供のお弁当に入れても喜ばれそうです。

カリフラワーのカレーフリット

カリフラワーの調理方法は茹でるだけではありません。
衣を付けて揚げるとホクホクになり、いつもとは違った食感を楽しめます。
クセがないカリフラワーだからこそカレーの風味も引き立ちます。

その他のフリットレシピ

最後に、その他のフリットレシピをご紹介します。

鶏むね肉とアボカドのフリット

たんぱくな鶏むね肉をふんわり食感のフリットにしてみました。
いつもと違ったおいしさになるアボカドのフリットにも注目です。
トマトとバルサミコ酢で作ったソースであっさりいただけます。

チーズちくわのフリット

お弁当やおやつにぴったりなチーズちくわのフリットです。
そのまま使えるホットケーキミックスを衣にしているので簡単に作れます。
ほんのり甘いホットケーキミックスと塩味のある具材がマッチしますよ。

バナナフリッターのチョコソースがけ

フリットはスイーツ系のレシピも作れます。こちらもホットケーキミックスを使用したお手軽レシピです。
揚げることでバナナがトロトロになり、甘みも増します。
チョコスプレーなどでトッピングするのも楽しそうです。

フリットのふんわり食感を楽しもう!

フリットがふんわり仕上がる秘密はメレンゲにあることが分かりました。
メレンゲ以外にもベーキングパウダーやホットケーキミックスを使って手軽に作ることもできます。フリットは同じ揚げ物料理のなかでも、フライや天ぷらとは違うふんわり食感が魅力です。
今回ご紹介したレシピを参考に色々な具材でフリットを作り、独特な食感を楽しみましょう。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。