DELISH KITCHEN
  1. TOP
  2. 記事
  3. その他の材料のおかず
  4. チーズ
  5. チーズのカロリーや栄養を種類ごとに解説します!

チーズのカロリーや栄養を種類ごとに解説します!

作成日: 2021/04/14

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

みなさんはチーズのカロリーがどれくらいあるかご存知でしょうか?
チーズと一口に言っても、スライスチーズ、粉チーズ、クリームチーズなど種類もさまざまあり、個別に把握するのもなかなか大変なものです。

そこで、今回は主だったチーズを15種類ピックアップし、それぞれ100g当たりに含まれる栄養素とカロリーを一挙に解説していきます。記事後半では、家庭でも簡単にできる手作りチーズのレシピもご紹介!

目次

  1. チーズの栄養
  2. 種類ごとのチーズのカロリーと栄養
    1. クリームチーズ
    2. カマンベールチーズ
    3. モッツァレラチーズ
    4. マスカルポーネチーズ
    5. チェダーチーズ
    6. パルメザンチーズ
    7. カッテージチーズ
    8. リコッタチーズ
    9. ブルーチーズ
    10. ゴーダチーズ
    11. エダムチーズ
    12. エメンタールチーズ
    13. プロセスチーズ
    14. やぎチーズ
    15. チーズスプレッド
  3. おうちでできるチーズの作り方
    1. 手作りカッテージチーズ
    2. 自家製リコッタチーズ
  4. シーンに合わせてチーズを使いこなしてみよう!

チーズの栄養

チーズに含まれる栄養には、代表的なものとしてタンパク質、ビタミンA、ビタミンBが挙げられます。

三大栄養素の1つであるタンパク質は、エネルギーの源となる栄養素です。
以下の記事では、タンパク質について詳しく解説しています。どのような食品に含まれているのか、合わせてチェックしておきましょう。

皮膚や粘膜、および体の機能維持に働きかけるビタミンAについては、以下の記事で詳しく解説しています。

種類ごとのチーズのカロリーと栄養

チーズと一口に言っても、実にさまざまな種類があり、カロリーや栄養素の数値も異なります。
ここでは代表的なチーズを15種類ピックアップしました。それぞれのカロリーと栄養素についてみていきましょう。

チーズの種類やおすすめの食べ方については、以下の記事をご参照ください。

クリームチーズ

クリームチーズとは、生クリームや、生クリームと生乳の混合物を原料として作られたチーズのことで、なめらかでクリーミーな口どけが特徴です。

100g当たりのカロリーは313kcalで、栄養素は糖質が2.3g、タンパク質が8.2g、脂質が33g含まれています。

カマンベールチーズ

カマンベールチーズは表面に白カビを塗って熟成させたチーズです。
表面はしっかり硬めですが、中はとろりと柔らかく、濃厚な味わいです。

100g当たりのカロリーは291kcalで、栄養素は糖質が0.9g、タンパク質が19.1g、脂質が24.7g含まれています。

モッツァレラチーズ

モッツァレラチーズはイタリア語で「引きちぎる」という意味をもつチーズで、凝固した生乳に熱湯を注いで練り上げ、引きちぎって作られます。
弾力のある食感と、ほのかに感じる甘味や酸味が特徴。

100g当たりのカロリーは269kcalで、栄養素は糖質が4.2g、タンパク質が18.4g、脂質が19.9g含まれています。

マスカルポーネチーズ

マスカルポーネチーズは水分を取り除き、脂肪分を高めて作ったチーズです。
ティラミスに使うチーズとして有名で、牛乳のコクや風味が強く、クリーミーな食感が特徴。

100g当たりのカロリーは273kcalで、栄養素は糖質が4.3g、タンパク質が4.4g、脂質が28.2g含まれています。

チェダーチーズ

チェダーチーズはイギリスが原産のハードチーズで、世界で最も生産量が多いことでも知られています。
熟成期間が長くなるとコクが増し、風味が強くなるのが特徴です。

100g当たりのカロリーは390kcalで、栄養素は糖質が1.4g、タンパク質が25.7g、脂質が33.8g含まれています。

パルメザンチーズ

パルメザンチーズとは、イタリアの「パルミジャーノ・レッジャーノ」風に作られたハードチーズのこと。
一般的にはいわゆる「粉チーズ」として出回っているものを指します。

100g当たりのカロリーは445kcalで、栄養素は糖質が1.9g、タンパク質 が44g、脂質が30.8g含まれています。

カッテージチーズ

カッテージチーズは脂肪分を取り除いて作られるチーズです。
もろっとした形状で、淡泊な味とわずかな酸味が特徴。

100g当たりのカロリーは99kcalで、栄養素は糖質が1.9g、タンパク質が13.3g、脂質が4.5g含まれています。

リコッタチーズ

リコッタチーズはチーズ製造時に出てきた水分(ホエイ)を再加熱して固めたもの。
なめらかな食感と、牛乳由来の自然な甘みが特徴です。

100g当たりのカロリーは159calで、栄養素は糖質が6.7g、タンパク質が7.1g、脂質が11.5g含まれています。

ブルーチーズ

ブルーチーズは内側に青カビを繁殖、熟成させたチーズで、独特の強い香りと塩味が特徴です。

100g当たりのカロリーは326kcalで、栄養素は糖質が1g、タンパク質が18.8g、脂質が29g含まれています。

ゴーダチーズ

ゴーダチーズはオランダ原産のセミハードタイプのチーズです。
クセが少なく、マイルドな風味が特徴。

100g当たりのカロリーは356kcalで、栄養素は糖質が1.4g、タンパク質が25.8g、脂質が29g含まれています。

エダムチーズ

エダムチーズはゴーダに次いで生産量が多いオランダ原産のハードチーズです。
マイルドな味わいながら、後味に酸味も感じるのが特徴。

100g当たりのカロリーは321kcalで、栄養素は糖質が1.4g、タンパク質が28.9g、脂質が25g含まれています。

エメンタールチーズ

エメンタールチーズはスイスを代表するハードチーズで、チーズフォンデュなどにも良く使われています。
木の実のような風味があり、表面に丸い穴がいくつもあいているのが特徴的です。

100g当たりのカロリーは398kcalで、栄養素は糖質が1.6g、タンパク質が27.3g、脂質が33.6g含まれています。

プロセスチーズ

プロセスチーズとは、セミハードのナチュラルチーズに乳化剤などを加えて加熱し、再び固めて作ったものを指します。
保存中に熟成が進まないため、ナチュラルチーズに比べて日持ちするのが特徴。

100g当たりのカロリーは313kcalで、栄養素は糖質が1.3g、タンパク質が22.7g、脂質が26g含まれています。

やぎチーズ

その名の通り、山羊の乳から作られたチーズのことで、牛乳から作られたチーズよりも歴史が古く、チーズの元祖といわれています。
さわやかな酸味と、山羊特有の個性的な風味が特徴。

100g当たりのカロリーは280kcalで、栄養素は糖質が2.7g、タンパク質が20.6g、脂質が21.7g含まれています。

チーズスプレッド

チーズスプレッドとは、クリームチーズなどをベースに、パンやクラッカーに塗りやすいように加工されたものです。

100g当たりのカロリーは284kcalで、栄養素は糖質が0.6g、タンパク質が15.9g、脂質が25.7g含まれています。

【出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)】

おうちでできるチーズの作り方

ここからは、ご家庭で簡単にできるチーズの作り方をご紹介します。

手作りカッテージチーズ

温めた牛乳にレモン汁を加えて分離させ、その後、濾して塩を加えれば完成!
そのままパンやクラッカーにのせて食べるほか、はちみつをかけ、フルーツと一緒にデザートとして食べるのもおすすめです。

自家製リコッタチーズ

牛乳に生クリームを加えて加熱し、酢を加えて作るリコッタチーズです。
レシピでは酢を使いますが、レモン汁でも代用できます。パスタやサラダと相性が良いことはもちろん、パンケーキに加えてもおいしい♪

シーンに合わせてチーズを使いこなしてみよう!

メインになるおかずはもちろん、おつまみやサラダ、スイーツなどさまざまなシーンで活躍するチーズ。
今回は、1000種類以上にものぼるチーズの中から代表的な15種類をピックアップし、簡単な特徴とカロリーや栄養素について解説してきました。

記事後半でご紹介した、家庭でできるチーズのレシピなども参考にしながら、ぜひさまざまなチーズを調理に役立ててみてはいかがでしょうか。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。