1. TOP
  2. 記事
  3. 今知っておきたい!内食・中食ってなあに?

今知っておきたい!内食・中食ってなあに?

作成日: 2019/10/03

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

内食、中食、という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
「内食」とは文字通りおうちで素材から料理を作って食べること。「中食」とはお惣菜やテイクアウトで買ってくるお弁当のようなものをおうちで食べることをいいます。
外食と内食との中間的存在の中食を上手に使うことでイチから手作りすると手がかかる料理も、簡単に楽しめます。今回はお店で買わなくても美味しく手軽に作れる定番おかずと、中食のお惣菜に一手間かけたアレンジレシピをご紹介します!

目次

  1. 内食
    1. 1. レンジで完結!時短おかず
    2. 2. 手頃な材料でも大満足!節約おかず
    3. 3. 難しいことなし!簡単おかず
  2. 中食
    1. 4. ひと手間で食べ応えアップ!お惣菜アレンジ

内食

1. レンジで完結!時短おかず

煮込むより断然早くできる!材料をボウルに入れて、あとはレンジにお任せ。加熱している間に副菜や汁物に集中できるので、夕飯作りがスピーディに♪

材料を合わせてレンジでチンするだけ!豆腐をスプーンですくい入れれば、包丁いらず♪ボウルひとつでできるので、後片付けも楽チンです。

ハードルが高いイメージの煮魚も、レンジ加熱なら煮崩れの心配がないので挑戦しやすい!忙しい日でもきちんとしたものが食べたい時に、便利なレシピです。定番の魚料理も時間をかけずに作れます。

2. 手頃な材料でも大満足!節約おかず

お財布に優しいおかず、”卵とじ”。大きめに切ってこんがりと焼き色をつけた豆腐を入れれば、食べ応え抜群!お肉ナシでも満足度の高いメインおかずです♪

お手頃な鶏むね肉で、人気のおかずを♪少ない食材、少量の油でできる、お財布に優しいナゲットです。普段の食卓はもちろん、人が集まる時にも重宝すること間違いなし!

節約食材の代表選手、もやしと豆苗をダブル使い!香味野菜でパンチを効かせたごま油を最後にかけて、単調な味になりがちな鍋を印象的な一品に♪

3. 難しいことなし!簡単おかず

調味料ひとつで味付け!簡単に味が決まるので、料理初心者にもおすすめです♪
焼肉のタレだけで作ったなんて、言わなければ分からないくらい深みのある味に仕上がります。

炊飯器にお任せのお手軽おかず!材料を入れてスイッチを押すだけで、お肉はほろほろ、野菜は柔らかな仕上がりに。簡単にできるのに、料理上手と言われそうな一品です♪

工程が多い、うまく巻けない、など難しい印象のロールキャベツ。こちらのレシピは材料を重ねてレンジでチンするだけ♪カットしてあるキャベツで作れるのも嬉しいポイントです。

中食

4. ひと手間で食べ応えアップ!お惣菜アレンジ

手抜きだなんて言わせない!唐揚げにゴロゴロ野菜を合わせて、ボリューム満点のおかずに仕上げます。野菜の下ゆではレンジで手軽に済ませましょう。

クリームコロッケを使えば、ホワイトソースを作る手間なし!見た目もガラっと変わるので、お惣菜を使っているなんで気付かれないかも!?

包丁いらずですぐできる!そのまま食べることの多いアジフライに、ひと手間加えて豪華な丼に♪アジフライはトースターで温めると、サクサク感が復活します。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。