DELISH KITCHEN
  1. TOP
  2. 記事
  3. 料理の基本
  4. その他の食材の基本
  5. お麩は何でできている?おすすめの食べ方やレシピをご紹介

お麩は何でできている?おすすめの食べ方やレシピをご紹介

作成日: 2021/07/30

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

お麩には、香ばしい風味の焼き麩やもちもちとした食感の生麩があります。
焼き麩や生麩の中にもいろいろな種類がありますが、それらは何が原料になっているかご存じでしょうか。

この記事では、お麩について原料や特徴、お麩の種類、カロリーや糖質などを解説します。
焼き麩と生麩のそれぞれに向いている食べ方や、お麩を使ったレシピもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. お麩について
    1. お麩の原料
    2. お麩の種類
    3. 向いている食べ方
  2. お麩のカロリー・糖質
    1. 焼き麩
    2. 生麩
  3. 【焼き麩】DELISH KITCHENのレシピ
    1. 《おかず》
    2. お麩入り肉汁ハンバーグ
    3. 麩の卵とじ
    4. 白菜と車麩のすき煮風
    5. 車麩の角煮風
    6. フーチャンプルー
    7. 《汁物》
    8. わかめとお麩のお吸い物
    9. オクラとお麩のすまし汁
    10. 岩のりの味噌汁
    11. 花麩とわかめの味噌玉
    12. 《お菓子》
    13. 黒糖のひとくち麩菓子
    14. お麩のキャラメルラスク
    15. バジルチーズスナック
  4. 【生麩】DELISH KITCHENのレシピ
    1. 生麩田楽
    2. 生麩と小松菜の胡麻和え
    3. 揚げ出し生麩
    4. 生麩の串カツ
  5. 主原料はグルテン!お麩の特徴を活かして料理に使ってみよう

お麩について

お麩は何からできているのでしょうか。
お麩の種類や、向いている食べ方についても合わせてみてみましょう。

お麩の原料

お麩の主原料は、グルテンという小麦粉由来のたんぱく質です。
小麦粉に水を加えて練ると粘り気が出てきますが、この粘りがグルテンです。

小麦粉を練っただけではでんぷんが残っているので、布の袋に入れて水の中で揉み洗いし、袋の中に残ったグルテンをお麩に利用します。

お麩の種類

お麩は、焼き麩と生麩に分類でき、それぞれ原料や作り方に違いがあります。

焼き麩は、グルテンに小麦粉を合わせて焼き上げたものです。
生麩は、グルテンにもち粉を混ぜ、蒸したりゆでたりして作られます。

焼き麩には、直火で焼き上げる「車麩」「庄内麩」、釜で焼く「観世麩」「小町麩」「白玉麩」「竹林麩」などがあり種類が豊富です。
生麩の種類は「手毬麩」「よもぎ麩」「あわ麩」「ごま麩」などがあげられます。

向いている食べ方

焼き麩は水分がよく染み込むので、出汁を使う煮物や汁物などに向いています。
関西では、すき焼きの具材に焼き麩が使われています。

生麩はもっちりとしていて食感に特徴があるので、そのまま焼いたり揚げたりして食べるのがおすすめです。
クセのない味わいなので、お好きな味付けで楽しんでみましょう。

お麩のカロリー・糖質

お麩のカロリーや糖質をチェックしましょう。
ここでは、焼き麩と生麩についてそれぞれご紹介します。

焼き麩

焼き麩にはさまざまな種類がありますが、作り方が異なる釜焼き麩と車麩についてみてみましょう。
なお、どちらも乾燥した状態での数値になります。

《釜焼き麩 100gあたり》
・カロリー…357kcal
・糖質…53.2g

《車麩 100gあたり》
・カロリー…361kcal
・糖質…51.6g

釜焼き麩も車麩も、カロリーや糖質に大きな差がないことがわかります。
焼き方が異なるだけで原料は同じであるからでしょう。

焼き麩は乾燥しているため、料理では数g程度しか使いません。
水分を含んで膨らむので、少量で満足できる食材です。

生麩

生麩のカロリーと糖質は、以下の通りです。

《生麩 100gあたり》
・カロリー…161kcal
・糖質…25.7g

100gあたりで比べてみると、生麩は焼き麩よりもカロリーや糖質が低いことがわかります。
生麩は、乾燥している焼き麩のように水分を含んで膨張することがないので、一度に使う量は焼き麩よりも多くなります。

【出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)】

【焼き麩】DELISH KITCHENのレシピ

焼き麩を使ったレシピをみてみましょう。
焼き麩の特徴を活かしたおかずや汁物、お菓子などをご紹介します。

《おかず》

クセのない味わいの焼き麩は、味付けによって印象がガラッと変わります。
水分を含む特徴を利用したジューシーな料理や、存在感のある車麩を使ったレシピなどをみてみましょう。

お麩入り肉汁ハンバーグ

パン粉の代わりにお麩をつなぎに使ったハンバーグです。
肉だねに混ぜ込んだ焼き麩が肉汁を含むことで、ジューシーなハンバーグに仕上がります。

麩の卵とじ

ふわふわの卵に、たまねぎの甘味を感じる優しい味わいの一品です。
焼き麩が出汁をたっぷり含み、口の中でジュワッとあふれ出します。

白菜と車麩のすき煮風

車麩を使ったさっぱりとした味わいのおかずです。
香ばしい風味の車麩は、煮汁を含むとふわふわの食感になります。

車麩の角煮風

車麩を豚の角煮に見立てたインパクトのあるレシピです。
甘辛い味付けが車麩によく染み込み、おかずにもおつまみにもおすすめです。

フーチャンプルー

フーチャンプルーとは、車麩と野菜を使った炒め物で沖縄の料理です。
ちぎった車麩に卵液を染み込ませるので、ボリューム満点です。

《汁物》

具材の旨味が溶け出した出汁が焼き麩に染み込み、ふんわりとした食感になります。
ご紹介する汁物はどれも簡単に作れるので、さまざまなレシピを試してみましょう。

わかめとお麩のお吸い物

使いやすい食材を使って簡単に作れるお吸い物のレシピです。
澄んだ出汁に、お麩の丸い形がかわいらしく浮かびます。

オクラとお麩のすまし汁

オクラとお麩を使った優しい味わいのすまし汁です。
少ない材料で簡単に作れるので、さっと汁物を作りたいときにおすすめです。

岩のりの味噌汁

岩のりを使った風味豊かな味噌汁のレシピです。
お麩が香りのよい出汁を含み、口の中でジュワッとあふれ出します。

花麩とわかめの味噌玉

花の形がかわいらしい花麩を使った味噌玉です。
忙しいときでもお湯を注ぐだけで簡単に味噌汁ができます。

《お菓子》

焼き麩ならではのサクッとした食感を活かして、お菓子を作ることもできます。
甘いお菓子から塩気のあるものまで、さまざまな味わいを楽しめます。

黒糖のひとくち麩菓子

溶かした黒糖を焼き麩に染み込ませたら、オーブンで焼くだけのお手軽レシピです。
コクのある黒糖の甘味と、焼いたお麩のサクッとした食感がクセになります。

お麩のキャラメルラスク

こっくり甘いキャラメルを焼き麩に染み込ませ、こんがり焼き上げたラスクです。
砂糖と有塩バター、牛乳で手軽にキャラメルを作れます。

バジルチーズスナック

にんにくやバジルが香るスナックをお麩で作ってみましょう。
塩気があるのでおやつだけでなく、おつまみにもぴったりです。

【生麩】DELISH KITCHENのレシピ

生麩を使ったレシピをご紹介します。
もちっとした食感の生麩は、焼いたり揚げたりするだけで満足感のある一品を作れます。

生麩田楽

生麩のもちもちとした食感がたまらない田楽のレシピです。
白味噌が上品に香るたれをかけていただきましょう。

生麩と小松菜の胡麻和え

もっちりとした生麩と歯ごたえのある小松菜の食感を楽しめるごま和えです。
生麩はさっとゆでることで、食感がよくなります。

揚げ出し生麩

豆腐にはないもちっとした食感を堪能できる揚げ出し生麩です。
だし汁にとろみをつけて、たっぷりからめていただきましょう。

生麩の串カツ

一度食べたらクセになる生麩の串カツです。
衣はサクサク、中はもっちりの食感がたまりません。

主原料はグルテン!お麩の特徴を活かして料理に使ってみよう

この記事では、お麩について詳しく解説しました。
お麩の原料は小麦粉を練ることで作られるグルテンです。焼き麩と生麩とがあり、それぞれ向いている食べ方が異なるので、特徴を活かして料理に取り入れてみましょう。

今回ご紹介したレシピを参考に、ぜひご家庭でおいしくお麩を味わってみてください。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。