1. 5分で作れる!お弁当に使える卵焼き3選

5分で作れる!

お弁当に使える卵焼き3選

お弁当の定番おかずの卵焼きアレンジレシピを3つご紹介!ごはんだけでなくおつまみにもぴったりな「紅生姜とねぎの卵焼き」、小魚の旨味がぎゅっと詰まった「じゃこと大葉の卵焼き」、見た目に鮮やかな「魚肉ソーセージの卵焼き」。どれも一口食べたらやみつきになる味わいです♪

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

お気に入り

つくった

  • 調理時間 -

料理レシピ

材料 各2人分

  • 紅生姜とねぎの卵焼き
  • 2個
  • 紅生姜 大さじ1と1/2
  • サラダ油適量
  • ☆1紅生姜とねぎの卵焼き調味料
  • 昆布だし大さじ1
  • 薄口しょうゆ小さじ1/2
  • 片栗粉小さじ1/2
  • じゃこと大葉の卵焼き
  • 2個
  • サラダ油適量
  • ☆2じゃこと大葉の卵焼き調味料
  • 昆布だし大さじ1/2
  • 薄口しょうゆ小さじ1/2
  • 片栗粉小さじ1/2
  • 魚肉ソーセージの卵焼き
  • 2個
  • サラダ油適量
  • ☆3魚肉ソーセージの卵焼きの調味料
  • 昆布だし大さじ1/2
  • 薄口しょうゆ小さじ1
  • 片栗粉小さじ1/2

関連カテゴリー

作り方

  1. 1.

    【紅生姜とねぎの卵焼き】紅生姜は汁気を切って刻む。

  2. 2.

    ボウルに卵を割り入れ、カラザを取り除く。白身を切るようにして混ぜる。細ねぎ、紅生姜、☆1を加えて混ぜる(卵液)。

    TIPS

    卵の「カラザ」を取り除くと白身がきれいに混ざり、黄金の卵焼きに仕上がります。

  3. 3.

    卵焼き器にサラダ油をひき、キッチンペーパーで余分な油をふきとる。中火で熱し、1/4量の卵液を流し入れ、半熟になったら奥から手前に巻き、奥に送る。同様に計4回繰り返す。

    TIPS

    強火で焼くと慌てるため中火で丁寧に焼きましょう。お弁当に入れる場合は、半熟は避け、巻いた後にしっかり火を通しましょう。

  4. 4.

    キッチンペーパーで包んで形を整え、粗熱をとる。食べやすい大きさに切る。

    TIPS

    お弁当に入れる場合、十分に冷ましてからお弁当に詰めてふたをしましょう。夏場や梅雨の時期を避け、涼しい場所(保冷剤・保冷バッグ等を利用する、もしくは冷蔵庫)で保管し、お早めにお召し上がりください。

  5. 5.

    【じゃこと大葉の卵焼き】大葉は軸を切り落とし、千切りにする。

  6. 6.

    ボウルに卵を割り入れ、カラザを取り除く。白身を切るようにして混ぜる。ちりめんじゃこ、大葉、☆2を加えて混ぜる(卵液)。

    TIPS

    卵の「カラザ」を取り除くと白身がきれいに混ざり、黄金の卵焼きに仕上がります。

  7. 7.

    卵焼き器にサラダ油をひき、キッチンペーパーで余分な油をふきとる。中火で熱し、1/4量の卵液を流し入れ、半熟になったら奥から手前に巻き、奥に送る。同様に計4回繰り返す。

    TIPS

    強火で焼くと慌てるため中火で丁寧に焼きましょう。お弁当に入れる場合は、半熟は避け、巻いた後にしっかり火を通しましょう。

  8. 8.

    キッチンペーパーで包んで形を整え、粗熱をとる。食べやすい大きさに切る。

    TIPS

    お弁当に入れる場合、十分に冷ましてからお弁当に詰めてふたをしましょう。夏場や梅雨の時期を避け、涼しい場所(保冷剤・保冷バッグ等を利用する、もしくは冷蔵庫)で保管し、お早めにお召し上がりください。

  9. 9.

    【魚肉ソーセージの卵焼き】ソーセージを卵焼き器の幅に合わせて切る。

  10. 10.

    ボウルに卵を割り入れ、カラザを取り除く。白身を切るようにして混ぜる。パセリ、☆3を加えて混ぜる(卵液)。

    TIPS

    卵の「カラザ」を取り除くと白身がきれいに混ざり、黄金の卵焼きに仕上がります。

  11. 11.

    卵焼き器にサラダ油をひき、キッチンペーパーで余分な油をふきとる。中火で熱し、1/4量の卵液を流し入れ、魚肉ソーセージを奥におく。半熟になったら奥から手前に巻き、奥に戻す。残りの卵液も同様に焼き、計4回繰り返す。

    TIPS

    強火で焼くと慌てるため中火で丁寧に焼きましょう。お弁当に入れる場合は、半熟は避け、巻いた後にしっかり火を通しましょう。

  12. 12.

    キッチンペーパーで包んで形を整え、粗熱をとる。食べやすい大きさに切る。

    TIPS

    お弁当に入れる場合、十分に冷ましてからお弁当に詰めてふたをしましょう。夏場や梅雨の時期を避け、涼しい場所(保冷剤・保冷バッグ等を利用する、もしくは冷蔵庫)で保管し、お早めにお召し上がりください。

よくある質問

  • Q

    片栗粉を入れるのはなぜですか?

    A

    卵を破れにくくするはたらきがあります。

レビュー

( - 件)

-
※レビューはアプリから行えます。

「つくった」をタップして、初めてのレビューを投稿してみましょう