DELISH KITCHEN
  1. おせちレシピ【2021】煮しめや伊達巻から簡単にできる料理まで

おせちレシピ【2021】煮しめや伊達巻から簡単にできる料理まで

作成日: 2019/12/12

更新日: 2020/12/25

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

忙しい年末におせち料理を手作りすることは、難しくて手間もかかり大変。ですが簡単にできるレシピもたくさんありますよ!定番の煮しめや伊達巻、黒豆等のおせち料理はもちろん、ちょっとしたおつまみにおすすめの料理や見た目もおしゃれな料理も取り入れたいですね。今回は、簡単で本格的な手作りのおせち料理をご紹介します。

目次

  1. 1.定番!おせち料理
    1. 【お煮しめとしても使える!基本の筑前煮】
    2. 【ふっくらおいしく!車えびのつや煮】
    3. 【はんぺんを入れて!フライパン伊達巻】
    4. 【冷まして味を馴染ませる!黒豆の煮方】
    5. 【さつまいもを使って!栗きんとん】
    6. 【おせち料理の縁起物!基本の田作り】
    7. 【かわいく!かまぼこ飾り切り】
  2. 2.簡単アレンジ!おせち料理
    1. 【炊飯器でできる!ローストビーフ】
    2. 【巻きすがなくてもできる!お手軽伊達巻】
    3. 【見た目もきれい!レンジで錦卵】
    4. 【甘味をプラス!干し柿なます】
    5. 【圧力鍋でできる!黒豆】
  3. おせち料理もいろいろ!お好きなレシピで手作りを

1.定番!おせち料理

【お煮しめとしても使える!基本の筑前煮】

普段から食べるおかずとしても、おせち料理の煮しめとしても使えるのが筑前煮です。作ってすぐはさっぱりと、翌日は味がよく染み込んでいるのでよりおいしく食べることができます。れんこんやにんじんはひと手間加えて飾り切りにすると、華やかになりますね。

【ふっくらおいしく!車えびのつや煮】

塩焼きもおいしいけどふっくらつやつやに仕上げた、車えびのつや煮です。おせち料理の中に入っていると華やかになる1品ですね。

【はんぺんを入れて!フライパン伊達巻】

オーブンを使わずにいつものフライパンで作れる、フライパン伊達巻です。はんぺんを使って簡単にふわふわの伊達巻を作れます。

【冷まして味を馴染ませる!黒豆の煮方】

鍋でふっくらおいしくできる、黒豆の煮方です。定番の黒豆はしっかり味を馴染ませておきたいですね。煮た後に冷ましながら味を馴染ませるのがポイントです。

【さつまいもを使って!栗きんとん】

さつまいもを使ったしっとりなめらかな舌触りを味わえる、栗きんとんです。栗の甘露煮を使うと簡単にできますね。

【おせち料理の縁起物!基本の田作り】

おせち料理の一種である田作りは、五穀豊穣を祈願して作る縁起物料理です。ごまめはカタクチイワシの稚魚を素干ししたもので、味噌汁のだしとして使う煮干しよりも少し小さめのサイズです。このごまめを使った縁起の良い田作りを手作りしてみてはいかがでしょう。仕上げに白ごまをふったり、くるみを入れるのもおすすめです。

【かわいく!かまぼこ飾り切り】

おせち料理の中に入っていると見た目もかわいくなる、かまぼこ飾り切りをご紹介します。いろいろな飾り切りがありますが、今回は見た目も華やかでかわいい3種類の飾り切りを集めました。

2.簡単アレンジ!おせち料理

【炊飯器でできる!ローストビーフ】

難しそうなローストビーフも炊飯器で簡単にできますよ。おつまみにもなり、おせち料理に入っていると見た目も豪華になりますね。和食に飽きたときの1品にもおすすめです。

【巻きすがなくてもできる!お手軽伊達巻】

伊達巻を巻くのに必要な巻きすがなくても簡単にできる、お手軽伊達巻です。はんぺんを使うので簡単にふわっと仕上がり、卵焼き器で作れるのもうれしいポイントです。

【見た目もきれい!レンジで錦卵】

白身と黄身のコントラストがきれいな、レンジで作れる錦卵です。一度に何品も調理するおせち作りに、火を使わずレンジで作れる一品があるとうれしいですね。

【甘味をプラス!干し柿なます】

定番を簡単にアレンジできる、干し柿なますです。干し柿の甘味がアクセントになり、食べやすい1品ですね。

【圧力鍋でできる!黒豆】

圧力鍋で簡単にできる、黒豆です。圧力鍋を使えば煮る時間を短縮できるので、忙しい年末には助かりますね。

お正月におすすめ!お雑煮レシピのまとめはこちら

お餅を使ったアレンジレシピのまとめはこちら

おせち料理もいろいろ!お好きなレシピで手作りを

おせち料理は豪華でおいしいものばかりですが、日持ちを良くするために、味の濃いものが多くなりがちです。材料を自分で揃えて手作りすると、自分好みの味付けが自由にできるのもうれしいポイントですね。今年は手作りのおせち料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。