DELISH KITCHEN

料理の基本!

揚げ油の温度の見分け方

5.0

(4件)

  • 調理時間

    5

  • カロリー

    -

  • 費用目安

    100前後

お気に入りに追加

定番の3種類をご紹介です!揚げ物をする際に大事な温度管理。温度計がない場合でも温度の目安を確認することができます!

材料

  • サラダ油適量

手順

  1. 1

    【菜箸を使う場合:低温150〜160℃】菜箸を軽く水でぬらし、しっかりと水気をふきとる。油に菜箸を入れた際に、先から細かい泡が静かにでる。

    ポイント

    木製のものを使用しましょう!

  2. 2

    【菜箸を使う場合:中温170〜180℃】菜箸を軽く水でぬらし、しっかりと水気をふきとる。油に菜箸を入れた際に、全体から細かい泡がでる。

    ポイント

    木製のものを使用しましょう!

  3. 3

    【菜箸を使う場合:高温180〜190℃】菜箸を軽く水でぬらし、しっかりと水気をふきとる。油に菜箸を入れた際に、全体から大きな泡が勢いよくでる。

    ポイント

    木製のものを使用しましょう!

  4. 4

    【衣を使う場合:低温150〜160℃】衣を入れた際に、鍋底に沈んでからゆっくりと浮き上がる。

  5. 5

    【衣を使う場合:中温170〜180℃】衣を入れた際に、途中まで沈みすぐに浮き上がる。

  6. 6

    【衣を使う場合:高温180〜190℃】衣を入れた際に、すぐに浮き上がる。

  7. 7

    【パン粉を使う場合:低温150〜160℃】パン粉を入れた際に、ゆっくりと広がる。

  8. 8

    【パン粉を使う場合:中温170〜180℃】パン粉を入れた際に、ジュワッと音を立てて鍋全体にゆっくりと広がる。

  9. 9

    【パン粉を使う場合:高温180〜190℃】パン粉を入れた際に、鍋全体に勢いよく広がり、すぐにきつね色になる。

    ポイント

    フライは高温で揚げると、中まで火が通らないのでご注意ください!

レビュー

5.0

(4件)

※レビューはアプリから行えます

初めてのコメントを投稿してみましょう

つくったに追加する

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をTwitterでシェアできます。
このページの情報をFacebookでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

関連記事