1. 料理の基本!干物の焼き方

料理の基本!

干物の焼き方

干物をご家庭でおいしく焼く方法のご紹介です。魚焼きグリルがなくてもフライパンで焼くことができます。冷凍の干物は解凍せずにそのまま焼くのがポイントです。解凍してから焼く場合は冷蔵庫で半解凍にすると旨味を逃さず焼くことができます。じっくり焼いて身をふっくら仕上げましょう♪

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

お気に入り

つくった

  • 調理時間 -

料理レシピ

材料

作り方

  1. 1.

    【片面(上火)魚焼きグリルの場合】グリルを中火で熱し、あたたまったら干物は皮を下にしておく。焼き色がついたら裏返し、皮に焼き色がついて身に火が通るまで弱火で焼く。

    TIPS

    開き、丸干しどちらも同様に焼けます。みりん干しはフライパンでの調理がおすすめです。冷凍のものは解凍せずにそのまま焼きますが、身の厚いホッケなどは冷蔵庫で3〜4時間ほどおいて半解凍にしてから焼きましょう。

  2. 2.

    【両面魚焼きグリルの場合】グリルを上面は中火、下面は中弱火で熱し、あたたまったら干物は皮を下にしておく。両面に焼き色がつき、身に火が通るまで焼く。

    TIPS

    開き、丸干しどちらも同様に焼けます。みりん干しはフライパンでの調理がおすすめです。冷凍のものは解凍せずにそのまま焼きますが、身の厚いホッケなどは冷蔵庫で3〜4時間ほどおいて半解凍にしてから焼きましょう。

  3. 3.

    【フライパンの場合】フライパンを中火で熱し、あたたまったらクッキングシートを敷いて干物は皮を下にしておく。皮に焼き色がつき、身が白っぽくなったら裏返し、身に焼き色がついて火が通るまで焼く。

    TIPS

    一般的なクッキングシートの耐熱温度は約250℃のためレシピの加熱時間や火加減を厳守し、その場から離れず調理しましょう。高温下での調理や過度な加熱は、燃えたり変質する可能性があるので注意して下さい。メーカーによって耐熱温度が異なるので、必ず注意事項をご確認ください。クッキングシートの代わりにフライパン用ホイルでもお作りいただけます。

    開き、丸干しどちらも同様に焼け、みりん干しは焦げやすいため弱火で焼きましょう。冷凍のものは解凍せずに焼き、身の厚いホッケなどは冷蔵庫で半解凍にしてから焼きましょう。

レビュー

(1件)

-
一定評価数に満たないため表示されません。
※レビューはアプリから行えます。

初めてのコメントを投稿してみましょう