DELISH KITCHEN

ちょっとしたコツで美味しくなる!

お茶の入れ方(煎茶)

  • 調理時間

    10

  • カロリー

    -

  • 費用目安

    50以内

お気に入りに追加

美味しい煎茶の入れ方をご紹介します!玉露やほうじ茶、中国茶、紅茶など、お茶の種類は様々ですが、美味しく入れるお湯の温度はそれぞれ異なります。煎茶は70〜80℃位のお湯で入れるとうま味、渋味、甘味のバランスの良い味わいになります。何人分かを一度に入れる時のコツなどもご紹介しています。

材料 【3人分(150cc容量の湯のみ使用)】

  • 緑茶[茶葉]8g
  • お湯適量

手順

  1. 1

    湯飲みを3つ用意し、お湯を8分目の高さ程度まで入れる。

    ポイント

    一度湯飲みに熱湯を入れることで、お湯の適量をはかることができ、湯温を適温(80℃前後)に下げることができます。

  2. 2

    急須に茶葉を入れる。湯飲みに入れたお湯を急須に静かに入れる。ふたをして茶葉が開くまで1分ほどおく。

    ポイント

    注ぎ口に茶こしのついた急須を使用しています。茶こしがない急須の場合は、注ぐ際に茶こしを使って茶葉をこしてください。

  3. 3

    最後の1滴まで残さずに、全ての湯飲みに均等に少しずつ回し入れる。

    ポイント

    急須の中のお茶はつぎ始めは薄く、最後は濃くなります。均一な濃さになるように湯飲みに少しずつ回し入れてください。

レビュー

-

( - 件)

※レビューはアプリから行えます
※一定評価数に満たないため表示されません。

初めてのコメントを投稿してみましょう

つくったに追加する

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をTwitterでシェアできます。
このページの情報をFacebookでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

関連カテゴリー

関連記事