DELISH KITCHEN
  1. 料理の基本!アジの背開き

料理の基本!

アジの背開き

アジフライでは見た目が大きく見えるので背開きのものが多いです。魚は開き方によって見え方が変わるので、料理によって使い分けられるようにぜひ覚えておきましょう♪新鮮なアジをさばいて、フライや天ぷらに挑戦してみてはいかがでしょうか?

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

お気に入り

つくった

  • 調理時間 約15分

料理レシピ

材料 1尾

作り方

  1. 1.

    【うろことぜいごをとる】アジは頭を左にして腹を手前にしておき(表身)、尾から頭に向かってうろこをこそげとる。裏側(裏身)のうろこも同様に取る。表身、裏身とも尾から包丁の刃を寝かせて入れ、ぜいごを取り除く。

    ポイント

    ぜいごとは尾側の側面にあるとげ状のうろこのことです。硬く口当たりが悪いので取り除きましょう。包丁は上下に大きく動かすと刃が入りやすいです。

  2. 2.

    【頭をとる】頭を左上、腹を手前にして斜めにおき、胸びれと腹びれの後ろから包丁を入れ、中骨に当たるまで切る。裏返し、頭を左下にして斜めにおき、胸びれと腹びれの後ろから包丁を入れ、中骨に当たるまで切る。包丁を立てて中骨を突くように切り、頭を切り離す。

  3. 3.

    内臓をかき出しながら流水できれいに洗い、キッチンペーパーで水気をふきとる。

  4. 4.

    【背を開く】尾を右上、背を手前にして斜めになるようにおき、背から中骨に沿って包丁を入れ、左手で身を持ち上げるようにし、少しずつ切り込みを入れて身を開く。

  5. 5.

    【中骨をとる】皮目を上にし、尾を左下にくるようにおき、背から中骨に沿って腹の方まで切り込みを入れる。包丁で中骨をおさえ、身を引きはがし、尾の手前で切り離す。

  6. 6.

    【腹骨をとる】腹骨の付け根から包丁を当てて骨を立たせ、浮いた骨に包丁を寝かせて入れ、骨だけをすくうように薄くそぎとる。

レビュー

( - 件)

-
※レビューはアプリから行えます。

「つくった」をタップして、初めてのレビューを投稿してみましょう

関連カテゴリー