DELISH KITCHEN
  1. 親子丼の献立どうする?副菜などのレシピをご紹介

親子丼の献立どうする?副菜などのレシピをご紹介

作成日: 2021/11/02

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をTwitterでシェアできます。
このページの情報をFacebookでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

親子丼は、子供から大人まで人気の定番料理です。丼は味に変化がなくなりがちですが、副菜や汁物で献立が充実させることができますよ。

この記事では、親子丼に合ういろいろな副菜や汁物のレシピをご紹介します。ぜひ、献立を考える際の参考にしてくださいね。

目次

  1. DELISH KITCHENの親子丼レシピ
    1. 基本の親子丼
    2. W卵の親子丼
    3. めんつゆで親子丼
  2. DELISH KITCHENの親子丼に合う副菜レシピ
    1. 【漬物・酢の物】
    2. きゅうりのわさび漬け
    3. サーモンと豆もやしの即席南蛮漬け
    4. なすとトマトの和風マリネ
    5. たことわかめの酢の物
    6. 【和え物】
    7. 白菜とツナのごま和え
    8. 基本の白和え
    9. しめじと油揚げの三杯酢和え
    10. れんこんの柚子胡椒あえ
    11. 【サラダ】
    12. 大根と水菜の梅しそサラダ
    13. トマトのマヨポン酢サラダ
    14. ハムときゅうりのごまサラダ
    15. 【炒め物・揚げ物】
    16. キャベツと桜えびのごま炒め
    17. イカとピーマンの塩炒め
    18. スナップエンドウとちくわの磯辺揚げ
    19. アジの揚げ焼き香味ソースがけ
  3. DELISH KITCHENの親子丼に合う汁物レシピ
    1. 基本のみそ汁
    2. のっぺい汁
    3. 鮭の粕汁
    4. あさりのお吸い物
    5. 小松菜と油揚げのすまし汁
  4. 親子丼にお好みの副菜や汁物を合わせて楽しもう

DELISH KITCHENの親子丼レシピ

まずは、メインとなる親子丼のレシピをご紹介します。とろとろに卵を仕上げるコツや、簡単に作れるレシピをまとめました。

基本の親子丼

まずは、基本の親子丼の作り方です。ポイントを押さえれば、お店のようにおいしい親子丼が作れますよ。コツは、卵の混ぜ方と卵液を入れるタイミングです。

W卵の親子丼

とろとろの親子丼にさらに卵黄をトッピングして、卵を思う存分楽しめる親子丼です。とろとろの卵に仕上げるポイントは、煮立たせた状態で卵液を加えることです。卵がご飯にからんで、さらにおいしくいただけます。

めんつゆで親子丼

味付けはめんつゆだけで仕上げるので、誰でも簡単においしい親子丼が作れます。調味料をいろいろと合わせる必要がないので、手間も省けて時間短縮にも繋がります。卵の固さを自分好みに調整できるのが、自分で作る親子丼のよいところです。

DELISH KITCHENの親子丼に合う副菜レシピ

親子丼によく合う副菜をまとめました。さっぱりいただける和え物やサラダから、食べごたえのある一品まで幅広くご紹介します。

【漬物・酢の物】

漬物や酢の物は、箸休めにもぴったりな副菜です。

きゅうりのわさび漬け

歯ごたえあるきゅうりの食感に、わさびの風味がよく合う一品です。きゅうりをたたくことで、味もよくなじみおいしく食べられます。お家にある調味料で、すぐに作れるおすすめの付け合わせです。

サーモンと豆もやしの即席南蛮漬け

サーモンの南蛮漬けに豆もやしを合わせて、さっぱりいただけおかずです。サーモンは表面をカリッと焼くことで、味なじみもよくなり香ばしさも加わります。シャキシャキの豆もやしの食感がアクセントになっておいしくいただけます。

なすとトマトの和風マリネ

レンジを使って簡単に作れる、なすとトマトの和風マリネのレシピです。なすとトマトの組み合わせで、さっぱりといただくことができます。冷蔵庫で冷やすと味もさらになじみますよ。

たことわかめの酢の物

定番のたことわかめの酢の物は、親子丼の付け合わせにおすすめです。酢の酸味がアクセントになって、親子丼にもよく合います。たこの弾力ある歯ごたえが、やみつきになる一品です。

【和え物】

和えるだけで簡単にできる一品は、親子丼にもよく合うレシピがたくさんあります。自分好みの和え物を、親子丼と合わせて楽しみましょう。

白菜とツナのごま和え

白菜のシャキシャキした食感がアクセントになって、おいしい副菜のレシピです。ツナ缶を合わせることで旨味も加わり、ごまの風味も合わさっておいしくいただけますよ。

基本の白和え

定番の白和えは、和食の献立に合わせるのにぴったりな副菜です。なめらかな口当たりが、やみつきになる一品です。作るときのポイントは、豆腐やごまをすり鉢ですることです。お好みの野菜を合わせて、自分好みにアレンジすることもできますよ。

しめじと油揚げの三杯酢和え

油揚げをトースターで焼くことで香ばしい味わいが加わり、よりおいしく仕上げることができます。しめじと油揚げを三杯酢と合わせたさっぱりとした味わいで、親子丼の付け合わせとしても楽しめます。

れんこんの柚子胡椒あえ

おもな具材はれんこんのみなので、少ない材料で手軽に作れます。柚子胡椒の風味がさわやかで、おいしくいただけます。おつまみとしても、おすすめの副菜です。

【サラダ】

シャキシャキとした食感を楽しめるサラダを親子丼に合わせるのもおすすめです。

大根と水菜の梅しそサラダ

大根と水菜を使った、さっぱりとした味わいのサラダです。梅干しと大葉を合わせることで、さわやかな風味を楽しむことができます。シャキシャキした食感と、ごまの風味も加わっておいしくいただけます。

トマトのマヨポン酢サラダ

ポン酢しょうゆとマヨネーズの合わせだれにかにかまぼこも加わり、コクと旨味を感じられるトマトのサラダです。材料を切って混ぜ合わせるだけで、すぐに作れるのも嬉しいポイント。お酒のお供にもぴったりな一品です。

ハムときゅうりのごまサラダ

ハムときゅうりで作れる、シンプルなサラダです。香ばしいごまの香りがきいています。きゅうりは塩もみしてから調味料を合わせることで、味がしっかりなじみます。箸休めにもなる、おすすめの一品です。

【炒め物・揚げ物】

親子丼の付け合わせとして楽しめる、炒め物や揚げ物をご紹介します。

キャベツと桜えびのごま炒め

シャキシャキ食感のキャベツに桜えびの風味がよく合います。ごま油で炒めることで、香りもよく仕上がります。作るときのポイントは、キャベツがしんなりしたら素早く仕上げることです。あと一品欲しいときに、ぜひお試しください。

イカとピーマンの塩炒め

イカとピーマンを塩こしょうで炒めていただきます。しょうがを使うことで味のアクセントになり、さっぱり食べることができます。素材の味も楽しむことができる、付け合わせにもおすすめの一品です。

スナップエンドウとちくわの磯辺揚げ

定番のちくわの磯辺揚げにひと工夫加えた一品です。ちくわの中にスナップエンドウをつめることで、食感を楽しむことができます。青のりの風味がくせになる、子供にも人気のおかずです。お弁当の具材としてもおすすめですよ。

アジの揚げ焼き香味ソースがけ

アジを揚げ焼きして、たっぷりの香味ソースをかけていただきます。ごま油の風味が食欲をそそられるおかずです。香味ソースのおかげでさっぱり食べることができ、ご飯との相性も抜群の一品です。

DELISH KITCHENの親子丼に合う汁物レシピ

丼物は使う食材が少なくなりがちです。そんなときは、汁物を具だくさんにするのがおすすめですよ。ここでは、親子丼に合う汁物レシピをご紹介します。

基本のみそ汁

定番の味噌汁のレシピです。昆布とかつお節から丁寧にだしをとって作ることで、よりおいしくいただけます。わかめと豆腐のシンプルな具材で、みその風味を存分に楽しみましょう。

のっぺい汁

のっぺい汁とは、さまざまな土地で親しまれている、野菜を汁物にする郷土料理のことをいいます。たっぷりの野菜にとろみのある汁が、身体に染みるおいしい汁物です。お好みの野菜でアレンジして楽しむとよいですよ。

鮭の粕汁

寒い日に飲みたくなる鮭の粕汁のレシピです。酒粕とみその濃厚な旨味とコクで、いくらでも飲めてしまいそうです。たっぷりの野菜と鮭も入った、食べごたえのある汁物です。

あさりのお吸い物

あさりの旨味がつまっただしは、お吸い物でいただくと存分に堪能することができます。作るときのポイントは、煮立たすことなく、あさりが開くまで弱火で火を通すことです。あさりのプリッとした身が楽しめますよ。

小松菜と油揚げのすまし汁

油揚げの旨味が染み出した、すまし汁のレシピです。小松菜の緑色がきれいな、優しい味わいの一品です。お好みの野菜にアレンジしたり、卵などを入れて楽しむこともできますよ。

親子丼にお好みの副菜や汁物を合わせて楽しもう

この記事では、親子丼に合うおすすめの副菜や汁物のレシピをまとめました。とろとろの卵に、弾力のある鶏肉と甘く煮えた玉ねぎが魅力的な親子丼には、いろいろな副菜を合わせることができます。

組み合わせによって味わいも異なるので、いつもと違った一品を合わせてみるのもおすすめですよ。ご紹介したレシピを参考に、親子丼の献立を楽しみましょう。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をTwitterでシェアできます。
このページの情報をFacebookでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。