DELISH KITCHEN
  1. TOP
  2. パン
  3. 食事パン
  4. ちぎりパン
  5. 焼きたては格別!基本のちぎりパン

焼きたては格別!

基本のちぎりパン

手作りだからこそ味わえる絶品ちぎりパン!オーブンから漂う香りが食欲をそそります。小麦粉の美味しさと、イーストを発酵させたふわふわの食感に感動するレシピです。食パン型なしでOK、パン切り包丁なしでOKなので気軽に作れますよ。お好みでチョコチップを加えて、おやつパンにアレンジするのもおすすめです♪

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

お気に入り

つくった

  • 調理時間 約90分
  • カロリー

    87kcal

  • 炭水化物

  • 脂質

  • タンパク質

  • 糖質

  • 塩分量

※ 1切れ分あたり(16等分した場合)

料理レシピ

材料 20cm角型1台分

  • 溶かしバター(型用)10g
  • ☆パン生地
  • 強力粉250g
  • 砂糖30g
  • ドライイースト3g
  • 小さじ1/3
  • 牛乳 170cc
  • 無塩バター(生地用)20g
料理を楽しむにあたって

作り方

  1. 1.

    【下準備】 型に無塩バター(型用)をぬる。

  2. 2.

    耐熱容器に牛乳を入れ、ラップをせずに600Wのレンジで40秒〜1分ほど加熱し、人肌程度にあたためる。ドライイースト、砂糖を加えてイーストが溶けるまで混ぜる(イーススト液)。

  3. 3.

    ボウルに強力粉、塩を入れて、イースト液を加える。ひとまとまりになるまで混ぜる。

  4. 4.

    台の上に3を取り出し、バターを手のひらでつぶす。生地にバターを加えて生地に薄い膜がはり、弾力がでるまで10〜15分ほどこねる。

    ポイント

    バターは手でつぶれる程度の固さで、冷たい状態が目安です。

  5. 5.

    ボウルに4を入れてラップをし、常温で2倍の大きさになるまで40〜50分ほどおく(一次発酵)。

    ポイント

    発酵はあたたかい場所がおすすめです。強力粉をつけた指で生地を押して、生地が戻らくなるまでが発酵終了の目安です(フィンガーテスト)。

  6. 6.

    台に打ち粉(分量外:強力粉適量)をし、スケッパーで生地をやさしく取り出し、手のひらで生地全体を軽く押さえる(ガス抜き)。丸めなおし、16等分に分割する。生地の表面を張るようにして丸める。とじ目を下にして型に4×4に並べる。ラップをし、常温でひとまわり大きくなるまで30分ほどおく(二次発酵)。

    ポイント

    発酵はあたたかい場所がおすすめです。発酵終了10分前にオーブンを170℃に予熱し始めましょう。

  7. 7.

    6に強力粉(分量外:適量)をふり、170℃に予熱したオーブンで15〜17分焼く。

    ポイント

    途中焼き色がついた場合はアルミホイルを被せてください。

よくある質問

  • Q

    発酵がうまくいきませんでした

    A

    室温でゆっくり発酵させるレシピですので生地が乾燥していると発酵がうまくいかない可能性があります。乾燥しないように気をつけながら生地をこねてください♪

  • Q

    薄力粉やホットケーキミックスでも作れますか?

    A

    こちらのレシピは仕上がりが変わるため、強力粉でお作りください。仕上がりや食感は変わりますが、ホットケーキミックスを使用したレシピはこちらをご参照ください。

  • Q

    米粉でも作れますか?

    A

    仕上がりの食感や膨らみに違いはありますが、パン用の米粉で代用いただけます。

レビュー

(101件)

4.7
※レビューはアプリから行えます。
  • さゆ
    初めてパンを作りましたが、とても簡単で楽しみながら作れました。 あまり道具もないまま作ったので型がなく、天板にそのまま乗せて焼きましたがそれもまた可愛く、丸っこく出来上がりました!
  • しろうと
    1個あたり30g程度にわけました。良い型がなかったので、パウンドケーキの型も使いました。味は美味しかったです。個別に千切って冷凍して、食べるとき40秒チンして食べました。美味しかったです。
  • km
    バターでは無く、マーガリンで作りました。 香りは劣るかもしれませんが、 味、出来栄え共に大満足です! 発酵などの時間はかかるものの、 パン作り初めてでしたが、 難しいことは無かったです。 ※発酵はオーブンの35度で行いました。 ●別の日にオーバーナイト発酵で、  翌朝、起きて20分で焼き立てが  食べれました。 前晩に、一次発酵→ガス抜き→分割→丸めるまでして、 ラップや濡らしたキッチンペーパーで乾燥しない様にして、袋(又はラップ)をかぶせ、 冷蔵庫の野菜室で約8時間程度かけて低温発酵。(二次発酵) 翌朝、野菜室から出して、 予熱無しの200度で20分〜25分。 200度に温度が上がる間が、ベンチタイム?となるそうです。 普通に作った時と、全然変わらない、 ふんわりもっちりの美味しさでした☆☆ 溶き卵を表面に塗れば、ツヤツヤこんがりのパンになります。 またその後に、表面にキッチンバサミで十字の切れ目を入れ、バターとくるみを乗せて、グラニュー糖をまぶして焼くと、カリカリで香ばしくて甘味のある美味しいパンが出来ました☆ 色々アレンジしてみようと思います
  • ニコ
    強力粉250gに水170ccでやってみたところぐちゃぐちゃの液状になってしまったので目分量で粉を足しました。後日牛乳でやっても同じようになったのですが、混ぜる順番やタイミングなどどこに問題があったのかわかりませんでした……

関連カテゴリー

関連記事