DELISH KITCHEN

かさ増し節約ごはん!

楠公飯

  • 調理時間

    半日

  • カロリー

    92kcal

  • 費用目安

    100前後

  • ※1人分あたり(6等分にした場合)
  • ※費用目安はレシピ全体での金額となります。

お気に入りに追加

玄米に水を吸収させてかさを増やす調理法をご紹介します!鎌倉時代の武将、楠木正成が発明したことから楠公飯(なんこうめし)と呼ばれています。プルプルとした不思議な食感に仕上がるので、ぜひ一度お試しください♪

材料 【玄米1合分(5.5合炊き炊飯器)】

  • 玄米1合
  • 適量

手順

  1. 1

    フライパンに玄米を入れて弱火で熱し、玄米の表面が割れてくるまで10分ほど炒る。

  2. 2

    ボウルに炒った玄米、水(分量外:適量)を入れて4時間ほどおく。

    ポイント

    水は玄米の3倍ほどの量を目安に入れましょう。

  3. 3

    水気を切り、炊飯器の内釜に入れる。水を1合半の目盛りまで加えて、通常炊飯する。

  4. 4

    炊き上がったらさっくりと混ぜる。

よくある質問

  • Q

    倍量でも作れますか?

    A

    2倍量でもお作りいただけます。全体の分量を倍量にしてレシピ通りお作りください。 玄米2合で作る場合、水は2合半の目盛りまで入れてください。

レビュー

-

( - 件)

※レビューはアプリから行えます

「つくった」をタップして、

初めてのレビューを投稿してみましょう

つくったに追加する

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をTwitterでシェアできます。
このページの情報をFacebookでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

関連カテゴリ