DELISH KITCHEN
  1. タルト生地も手作り♪レモンクリームタルト

タルト生地も手作り♪

レモンクリームタルト

レモン2個分の果汁と皮をたっぷりと使用し、卵とバターと合わせてレモンカードと言われる濃厚クリームを作ります。サクサク食感のタルト生地と相性抜群!おもてなしや、イベントにもぴったりな贅沢デザートです♪

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

お気に入り

つくった

  • 調理時間 180分以上
  • カロリー

    276kcal

  • 炭水化物

  • 脂質

  • タンパク質

  • 糖質

  • 塩分量

※ 1切れ分あたり(8等分した場合)

料理レシピ

材料 直径18cmタルト型(底取れ)

作り方

  1. 1.

    《下準備》バターは、常温に戻す。タルト型に溶かしバター(無塩:分量外:適量)をぬり、冷蔵庫で10分ほど冷やす。薄力粉(分量外:適量)を全体に薄くふり、余分な薄力粉をおとす。ボウルに冷水を入れ、粉ゼラチンをふり入れてふやかす。

  2. 2.

    【タルト生地】 ボウルにバターを入れてクリーム状になるまで混ぜる。砂糖、塩を加え、泡立て器で白っぽくなるまで混ぜ、卵黄を加えてさらに混ぜる。

    ポイント

    砂糖を加えてからは、白っぽくふんわりするまでしっかりとすり混ぜましょう。

  3. 3.

    薄力粉をふるい入れ、ゴムベラで切るように混ぜてそぼろ状にする。ゴムベラで押し付けるようにして生地を集め、手でこねてひとまとめにする。形をととのえてポリ袋に入れ、口を閉じる。冷蔵庫で30分冷やす。

    ポイント

    ポリ袋は、大きめのものを使用しましょう。

  4. 4.

    ポリ袋の上からめん棒で厚さ3mmになるように伸ばす。ハサミで切って、袋を開く。タルト型に生地をのせ、指でやさしく押しながら、型に合わせて密着させる。型の生地の上からめん棒を転がして余分な生地を切り落とし、縁をととのえる。フォークで底に数カ所穴をあける。冷蔵庫で1時間休ませる。

    ポイント

    側面は焼き縮みしやすいので型より2mmほど高くなるようにしましょう。余分な生地は一緒に焼いてクッキーなどにしてください。生地を冷蔵庫から取り出す20分前にオーブンを180℃に予熱しましょう。

  5. 5.

    直径28cm程度に切って切り込みを入れたクッキングシートをタルト生地の上に敷き、上に重しをのせて広げる。

    ポイント

    重しは生米、小豆(乾燥)でも代用可能です。重しなしでも作ることはできますが、多少ふくらみが出ます。

  6. 6.

    180℃に予熱したオーブンで15分焼く。一度取り出し、重し、クッキングシートを取り除く。卵白をハケでぬり、再びオーブンで5〜10分きつね色になるまで焼く。ケーキクーラーの上で冷まし、型から外す。

    ポイント

    卵白は、よくほぐしたものを使用してください。卵白をぬってから焼くことで、レモンクリームを流し入れてもサクサクとした食感が長続きします♪

  7. 7.

    【レモンクリーム】レモンは、横半分に切って果汁を絞り、種を取り除く(レモン果汁)。レモンの皮の黄色い部分を1個分薄くけずる。

    ポイント

    レモン果汁は、約100cc使用します。

  8. 8.

    鍋にレモン果汁、無塩バター、砂糖を入れて弱火で混ぜながら熱し、溶かす。火を止め、溶き卵を少しずつ加えてその都度よく混ぜる。ごく弱火で熱し、絶えず混ぜながら、とろみがつくまで加熱する。

  9. 9.

    火からおろしてこし、ふやかしたゼラチンを加えて混ぜて溶かす。レモンの皮を加えて混ぜる。15分くらい常温において、冷ます。タルト型に流し入れて平らにならし、冷蔵庫で2時間以上冷やし固める。

  10. 10.

    【トッピング】ピスタチオを飾る。

よくある質問

  • Q

    メレンゲをのせたものを作りたいのですが、どうすれば良いですか?

    A

    こちらのレシピをご参照ください。

  • Q

    タルト生地は、クッキーやビスケットを使用して簡単に作ることはできますか?

    A

    こちらのレシピの、工程1をご参照ください。

  • Q

    無塩バターは有塩バターで代用可能ですか?

    A

    タルト生地は、代用可能です。同じ分量でお作りください。レモンクリームは、塩味が強く出てしまいおいしく仕上がらない可能性があるので、無塩バターでお作りいただくことをおすすめします。

レビュー

(4件)

4.7
※レビューはアプリから行えます。

初めてのコメントを投稿してみましょう

関連カテゴリー