DELISH KITCHEN
  1. TOP
  2. 記事
  3. 鍋料理
  4. おでん
  5. 煮物やおつまみに!大人気のさつま揚げレシピ大特集

煮物やおつまみに!大人気のさつま揚げレシピ大特集

作成日: 2021/08/05

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

見た目は地味ながら独特の食感と旨味があり、おでんの種や煮物で人気の食材「さつま揚げ」。
実はちくわやかまぼこと同じ練り製品で、魚のすり身を丸く成型し、油で揚げたものです。東日本では「さつま揚げ」、西日本では「てんぷら」と呼ばれて親しまれていますが、炒め物や炊き込みご飯などさまざまな調理法があることはあまり知られていません。

この記事ではおすすめのさつま揚げレシピをご紹介します。

目次

  1. さつま揚げについて
    1. 食べ方
    2. カロリー
    3. 保存方法
  2. DELISH KITCHENのさつま揚げレシピ
    1. 【さつま揚げ】
    2. 自家製さつま揚げ
    3. 【煮物】
    4. 大根とさつま揚げの煮物
    5. 切り干し大根とさつま揚げの煮物
    6. えのきとさつまあげのさっと煮
    7. 切り昆布とさつま揚げの炒め煮
    8. 小松菜とさつま揚げのおつまみ煮浸し
    9. 白菜の煮浸し
    10. わかめとじゃがいもの煮物
    11. キャベツとさつま揚げの卵とじ
    12. 【おでん】
    13. 味しみ具沢山おでん
    14. 関西風おでん
    15. オイスターソースおでん
    16. アイディア味噌おでん
    17. おでん和風カレー
    18. 【炒め物】
    19. さつま揚げとピーマンのきんぴら
    20. にんじんとさつま揚げのごまきんぴら
    21. さつま揚げともやしのしょうが醤油炒め
    22. ほうれん草とさつま揚げのピリ辛炒め
    23. いんげんとさつま揚げのガーリック炒め
    24. 【お弁当】
    25. ピーマンとさつま揚げの青椒肉絲
    26. ちくわのさつま揚げ風
    27. とうもろこしのさつま揚げ風
    28. 【その他】
    29. 豆苗とさつま揚げのマヨサラダ
    30. クファジューシー
    31. しっぽくそば
    32. 小松菜とえのきのスープ
  3. さつま揚げをさまざまな料理にアレンジしてみよう!

さつま揚げについて

まずは、さつま揚げについてみていきましょう。

食べ方

さつま揚げはおでんや煮物のほか、スープやサラダにアレンジしてもおいしくいただけます。
温かいうどんやそばにそのままのせるのもおすすめです。

カロリー

さつま揚げ1枚(約55g)あたりのカロリーは、約74kcalです。

【出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)】

保存方法

さつま揚げは冷蔵のほか、冷凍保存も可能です。

冷凍するときは食べやすい大きさに切ってからラップで包み、冷凍用保存袋に入れて空気を抜きます。
冷凍保存の目安は3~4週間程度で、調理する際は凍ったまま使用できます。

詳しくは、こちらの動画でもご紹介しています。

DELISH KITCHENのさつま揚げレシピ

お家で作れるさつま揚げのレシピや、さつま揚げを使った煮物などのレシピをご紹介します。

【さつま揚げ】

市販の魚のすり身を使えばアツアツでおいしい、本格的なさつま揚げがご家庭でも簡単に作れます。

自家製さつま揚げ

魚のすり身にすりおろした山芋を加えて作る、自家製さつま揚げです。
市販のものとはひと味違います。

【煮物】

さつま揚げといえばまず煮物。
しみじみとしたおいしさでご飯が進むこと間違いなしのレシピを集めました。

大根とさつま揚げの煮物

シンプルながら滋味深い、和食の定番です。
さつま揚げの旨味が染みたあめ色の大根がご飯にピッタリです。

切り干し大根とさつま揚げの煮物

どこか懐かしさを感じる切り干し大根とさつま揚げの煮物です。
あっさりした味なので子供からお年寄りまで人気があります。

えのきとさつまあげのさっと煮

えのきとにんじん、さつま揚げを煮汁でサッと煮たお手軽な副菜です。
薄味なので食欲がないときでもさっぱりと食べられるでしょう。

切り昆布とさつま揚げの炒め煮

細切りで使い勝手のいい切り昆布とさつま揚げを炒め煮にしました。
ごま油で炒めたにんじんの甘味も加わって、優しい味わいに仕上がっています。

小松菜とさつま揚げのおつまみ煮浸し

食べやすい大きさにカットした小松菜とさつま揚げに、調味料を加えてレンジで加熱するだけの、簡単な煮浸しです。
サッと作れるのでお酒のおつまみにも向いています。

白菜の煮浸し

さつま揚げと白菜を、かつお節の出汁をきかせた煮汁で煮浸しにしました。
温かいままでも、冷たくしてもおいしくいただけます。

わかめとじゃがいもの煮物

さつま揚げの旨味を吸ったじゃがいもと、わかめの取り合わせがよい煮物です。
材料を切ってめんつゆで煮るだけで簡単にできます。

キャベツとさつま揚げの卵とじ

さつま揚げを卵とじにするとふっくら柔らかく、優しい味になります。
ほかほかご飯を盛った丼にのせるのもおすすめです。

【おでん】

おでんに入れると出汁に旨味が加わるさつま揚げは、関東風、関西風問わず人気のおでん種です。

味しみ具沢山おでん

昆布やかつお節で丁寧に出汁をとったおでんです。
さつま揚げなど具材がたっぷりで旨味がつまった一品です。

関西風おでん

あっさりめの出汁でおでん種を煮込んだ関西風のおでんです。
さつま揚げなど練り物から出る旨味が、おでんの味に深みを与えます。

オイスターソースおでん

おでんの出汁にオイスターソースを加えた、目からウロコの新感覚おでんです。
オイスターソースのコクで、いつものおでんがグッとおいしくなります。

アイディア味噌おでん

しょうがのきいた自家製味噌だれでいただく特製味噌おでんです。
肉だねをつめた巾着から溢れ出す出汁がたまりません。

おでん和風カレー

おでん種を具材にした和風カレーです。
さつま揚げがカレールウと意外にマッチ。おでんが残ったらぜひアレンジしてみましょう。

【炒め物】

さつま揚げで炒め物というのは意外かもしれませんが、お肉より火が通りやすいうえ炒め物の風味がアップするのでおすすめです。

さつま揚げとピーマンのきんぴら

常備菜の定番、きんぴらをさつま揚げとピーマンで作りました。
ほろ苦いピーマンにさつま揚げの旨味が加わってさらにおいしくなります。

にんじんとさつま揚げのごまきんぴら

こっくり甘いにんじんとさつま揚げを使ったごまきんぴらです。
汁気がなくなるまで炒めるので、お弁当のおかずにもピッタリです。

さつま揚げともやしのしょうが醤油炒め

しょうが醤油でさっぱりと仕上げた、さつま揚げともやしの炒め物です。
ボリュームがあるのでメインのおかずにもなります。

ほうれん草とさつま揚げのピリ辛炒め

さつま揚げの表面に焼き色をつけてから、ほうれん草と炒め合わせました。
カリッと香ばしいさつま揚げと、ピリ辛の七味唐辛子が相性抜群です。

いんげんとさつま揚げのガーリック炒め

色鮮やかないんげんとさつま揚げをバターで香ばしく炒めました。
いんげんはシャキシャキ、さつま揚げはモチモチ。にんにくの香りが食欲をそそります。

【お弁当】

お弁当のおかずは汁気を切るのが鉄則です。そこでおすすめしたいのがさつま揚げを使ったおかず。
汁気が出ないうえ、子供でも食べやすいのでお弁当のおかずに最適です。

ピーマンとさつま揚げの青椒肉絲

お弁当のおかずの定番、青椒肉絲をお肉の代わりにさつま揚げを使って作りました。
甘辛く炒めたさつま揚げが白いご飯とよく合います。

ちくわのさつま揚げ風

フードプロセッサーで手間いらず、枝豆入りのちくわのさつま揚げ風です。
ちくわ自体にしっかり味がついているので、醤油をつけなくてもおいしくいただけます。

とうもろこしのさつま揚げ風

水切りした木綿豆腐に、とうもろこしやはんぺんを加えてカリッと揚げました。
ふんわり軽い食感で子供にも大人気。お弁当のおかずのほか、おつまみにもどうぞ。

【その他】

さつま揚げは煮物やおでん以外にも、炊き込みご飯やサラダなど、アイデア次第でさまざまな料理に使えます。

豆苗とさつま揚げのマヨサラダ

シャキシャキした豆苗と食べごたえのあるさつま揚げを、マヨネーズで和えてサラダにしました。
七味唐辛子といりごまがよいアクセントです。

クファジューシー

豚バラ肉やさつま揚げなどを入れて炊き上げた、沖縄風炊き込みご飯です。
沖縄ではお祝い事や法事に欠かせません。具だくさんで食べごたえがあります。

しっぽくそば

江戸時代、日本橋のそば屋が卓袱料理をヒントに始めたといわれている、具だくさんの温かいそばです。
そば出汁にさつま揚げのコクが加わって一層おいしくなります。

小松菜とえのきのスープ

スープジャーにさつま揚げや小松菜、えのきなどの具材とだし汁を入れるだけでできるお手軽なスープ。
手間いらずなのでお弁当にもピッタリです。

さつま揚げをさまざまな料理にアレンジしてみよう!

お値段が手頃なわりに、煮物にも炒め物にも、またお弁当のおかずにも大活躍するさつま揚げは、まさに万能食材といえるでしょう。
冷蔵庫にストックしておけば、もう一品おかずがほしいときや、お酒のおつまみを作りたいときに重宝します。

さつま揚げはご紹介したレシピ以外にも、まだまださまざまなアレンジができるので、気になる人はぜひチャレンジしてみましょう。
また、お弁当作りを楽しむにあたっては、下記リンク先のポイントにも注意してくださいね。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。