1. バレンタインにもぴったり♪チョコマカロン

バレンタインにもぴったり♪

チョコマカロン

【上級者向け】フランスの代表的なスイーツをおうちで本格的に作ってみませんか?濃厚なガナッシュクリームも手作りします。お洒落で可愛いマカロンは食べるだけで幸せになりますね♪ バレンタインなど、特別な日にぜひ作ってみてください。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

お気に入り

つくった

  • 調理時間 180分以上
  • カロリー

    112kcal

  • 炭水化物

  • 脂質

  • タンパク質

  • 糖質

  • 塩分量

※ 1個分あたり

料理レシピ

材料 16個分

関連カテゴリー

作り方

  1. 1.

    《下準備》卵白は常温に戻す。粉砂糖、アーモンドプードル、純ココアを合わせてふるう。

  2. 2.

    【マカロン生地】ボウルに卵白を入れて白っぽくふんわりするまで泡立てる。

    TIPS

    ハンドミキサーは中速から高速で泡立てましょう。

  3. 3.

    グラニュー糖を3回に分けて加え、その都度混ぜ、ピンとツノが立つまで泡立てる。

    TIPS

    ボウルを傾けても卵白が落ちないぐらいの固いメレンゲを作りましょう。

  4. 4.

    合わせてふるった粉類を2回に分けて加え、その都度泡をつぶさないように粉っぽさがなくなるまで、切るように混ぜる。

    TIPS

    泡がつぶれないようにさっくりと混ぜ合わせましょう。

  5. 5.

    ゴムベラでボウルの周りに生地を優しくなでるようにして泡をつぶす。これを様子を見ながら繰り返し、ゴムベラで生地をすくって太いリボン状にゆっくりと落ちる程度まで混ぜる(マカロン生地)。

    TIPS

    マカロンを作るときに、粉類とメレンゲを混ぜ合わせる工程のことをマカロナージュと呼びます。大体10回位マカロナージュすると、生地を落としたときツヤが出たリボン状になりますので、ここでストップしましょう。

  6. 6.

    5mmから1cmの円形の口金をしぼり袋につけて、袋にマカロン生地を入れる。

    TIPS

    オーブンを160℃に予熱し始めましょう。

  7. 7.

    天板にクッキングシートを敷き、5を直径3cmの大きさにしぼる。室温で表面を触っても手に生地がつかなくなるまで1時間ほど乾かす。160℃に予熱したオーブンで5分焼き、130℃に温度を下げて5分焼く。粗熱をとり、クッキングシートからはがす。

    TIPS

    乾燥時間は目安になります。季節や天候によって乾燥時間が変わりますので、30分ほどから様子を見て乾燥させてください。乾燥の目安は、指で軽くなでるとさらっとするまで、キチンと乾燥させないとピエができないので注意しましょう。タイミングをみて、オーブンを160℃に予熱する。

  8. 8.

    【ガナッシュクリーム】鍋に生クリーム、水あめを入れて混ぜながら弱火で熱し、小さな泡が立ってきたらすぐに火を止める。

  9. 9.

    チョコレートを割りながら加え、ツヤが出てくるまで混ぜ、冷ます。

  10. 10.

    しぼり袋に口金をつけ、袋にガナッシュクリームを入れる。マカロン生地1/2量に等分に絞り、残りのマカロン生地ではさむ。

よくある質問

  • Q

    マカロナージュって何ですか?

    A

    手順5.のメレンゲと粉類を混ぜ合わせる際に、メレンゲの泡をある程度潰しながら混ぜていく作業の事になります。動作的には手順6.の動作がそれにあたります♪

  • Q

    生地が膨らまないです。泡を潰す工程(マカロナージュ)はどのくらいしたら良いでしょうか?

    A

    膨らまないのはマカロナージュのしすぎと、メレンゲの泡だて不足が考えられます。 ①メレンゲの立て方の見極めはツヤが出てきてピンとツノがたつまで泡立てること ②マカロナージュは足りないかなと思う程度にとどめてから絞り袋に入れて絞り出し、生地が流れていかない程度にする 固すぎる場合はボウルに戻して少しずつマカロナージュしてください。 こちらのレシピが生地の状態やゴムベラの使い方がよりわかりやすいので参

  • Q

    オーブン以外でも作れますか?

    A

    こちらのレシピはオーブン以外でお作りいただくことは難しいレシピでございます。

  • Q

    グラニュー糖は砂糖で代用可能ですか?

    A

    仕上がりに影響がでるため、代用できません。レシピ通りお作りいただくことをおすすめいたします。

  • Q

    マカロンの生地を甘さ控えめにして作りたいのですが、砂糖を減らしても生地に影響はありませんか?

    A

    マカロンの生地の糖分(砂糖、粉砂糖)の割合が高い理由としては下記の理由がある為、レシピの分量通り作っていただくことをおすすめします。 ・しっかりと固いメレンゲを作ることができ、生地がダレづらく膨らみやすくなる ・ツヤのあるメレンゲを作ることができ、表面にしわなどをよりづらくする ・淵の部分(ピエ)が出やすくなる ・焼き上がりの空洞を少なくなる 出来上がったマカロンに純ココアをかける、ガナッシュに使うチョコレートをミルクチョコレートではなく、甘さ控えめのビターなチョコレートを使用するなどすることで甘さは少

  • Q

    ガナッシュクリームの水飴は抜いても作れますか?

    A

    なめらかな食感とツヤを出す為に水飴を使用していますが、抜いてもお作りいただけます。

  • Q

    コーンスターチが入っている粉糖だと失敗してしまいますか?

    A

    コンスターチが入っているものだと、水分を吸収しやすく塊になり、マカロナージュがうまくいきません。混ぜ過ぎでヒビが入ってしまったり、ピエができない、膨らまないなどの失敗をする可能性が高くなります。

  • Q

    生地がクッキングシートから剥がれず、ボロボロになってしまいました。

    A

    焼成後、オーブンを開けずにそのまま3〜4分ほどおいてから取り出してください。粗熱をとる際はケーキクーラーにクッキングシートごと取り出して完全に冷まして下さい。また生地を乾燥させる時間は室内の環境によって変わるので、あくまでレシピの時間は目安とし、生地の状態をみて判断して下さい。指で軽くなでるとさらっとするまで、しっかり乾燥させてください。

  • Q

    どのくらい日持ちしますか?

    A

    保存期間の目安は2~3日です。乾燥しないようにして冷蔵庫に入れて保管してください。風味や食感が損なわれるため、冷凍保存はおすすめしていません。

  • Q

    持ち運びの際はどうしたらいいですか?

    A

    気温の高い時期は避け、保冷剤や保冷バックの使用して持ち運びください。長時間の持ち運びは避けてなるべく早めにお召し上がりください。

  • Q

    半量でも作れますか?

    A

    半量にして作れますが、混ぜる回数が異なり失敗してしまう可能性も考えるので、分量通り作っていただくことをおすすめします。

レビュー

(15件)

4.2
※レビューはアプリから行えます。
  • みくにゃん
    簡単に作れておいしかったです! 1時間じゃ乾燥足りなくて1時間40分くらいかかりました!
  • しおり
    初めてマカロンを作りました 簡単で失敗しなかったので良かっです!
  • すぅさん
    簡単なはぶなんでしょうが…作ったの2回目ですが、今回も焼き上がりひび割れてしまいました。1回目の失敗を活かして混ぜ方(マカロナージュ)と乾燥に注意をはらいましたが今回もうまくいかず…笑 見た目は悪いですが、味はおいしかったです。 めげずに次も挑戦します。写真は焼き上がりです。

関連記事