DELISH KITCHEN

料理の基本!

白あんの作り方

  • 調理時間

    半日

  • カロリー

    -

  • 費用目安

    200前後

お気に入りに追加

さっぱりとした甘さで食べやすい、白あんの作り方をご紹介します!時間はかかりますが手作りするだけで格別に美味しく感じます!まんじゅうや練り切りなどの他に、パンに入れてもおいしいです♪今回は白いんげん豆を使用しています。

材料 【約400g分】

  • 白いんげん豆[乾燥]200g
  • 砂糖200g

手順

  1. 1

    白いんげん豆は水で軽く洗い、水気を切る。大きめのボウルに白いんげん豆、たっぷりの水を入れて一晩おく。

  2. 2

    白いんげん豆の水気を切って鍋に入れ、白いんげん豆の3cm上になる程度の水(分量外:適量)を入れて強めの中火で煮立たせる。2〜3分煮て水気を切る。

  3. 3

    白いんげん豆を鍋に戻し入れ、煮ている途中で白いんげん豆が煮汁から出ないように、白いんげん豆の4〜5cm上になる程度の水(分量外:適量)を加えて強めの中火で煮立たせる。弱火にして、鍋に菜箸を渡してふたをする。白いんげん豆がやわらかくなるまで20〜40分ほど煮て水気を切る。

    ポイント

    一粒取り出し、指で簡単につぶせるようになるまでを目安に煮てください。途中、水が足りなければその都度加えてください。鍋に菜箸を渡すことで吹きこぼれを防ぎます。

  4. 4

    ボウルに粗めのざるをおき、白いんげん豆を入れる。お玉を使ってつぶすように裏ごしし、皮を取り除く。

  5. 5

    別のボウルにこし器をおき、4の白いんげん豆、水(分量外:適量)を入れてゴムベラを使ってこす。

  6. 6

    大きめのボウルに別のザルをおき、さらしを敷く。こした白いんげん豆を流し入れて水気を切る。水でもむように洗い、しぼるように水気を切る。再度水でもむように洗い、きつくしぼるように水気を切る(生あん)。

  7. 7

    鍋を洗って水気をふきとり、生あん、砂糖を入れる。弱めの中火で熱し、ゴムべらで混ぜながら練る(あん)。火をとめてバットに小分けにのせて粗熱をとる。

    ポイント

    鍋肌についたあんをこがさないように落としながら練ってください。

    熱いあんがとびはねるので火傷に注意し、軍手などを使って作業してください。

    あんをすくい落として先がとがった山型になるまでを目安に練ってください。

レビュー

-

(1件)

※レビューはアプリから行えます
※一定評価数に満たないため表示されません。

初めてのコメントを投稿してみましょう

つくったに追加する

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をTwitterでシェアできます。
このページの情報をFacebookでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

関連記事