DELISH KITCHEN

まろやかな味わい!

パラクパニール

  • 調理時間

    60

  • カロリー

    630kcal

  • 費用目安

    700前後

  • ※1人分あたり
  • ※費用目安はレシピ全体での金額となります。

お気に入りに追加

鮮やかな緑色が目を引くパラクパニールは、インドの北西部パンジャブ州発祥のカレーです。「パラク」はほうれん草、「パニール」はカッテージチーズを意味します。今回はパニールも牛乳で手作りするレシピです♪

材料 【2人分】

手順

  1. 1

    鍋に牛乳を入れて中火で熱し、時々混ぜながら煮立たせる。火を止めてレモン汁を加えてゆっくりと混ぜ、分離するまで3分ほどおく。

  2. 2

    ボウルにざるを重ねて厚手のキッチンペーパー2枚を敷き、1を入れてこす。水にさらして軽く冷まし、しっかりとしぼりながら丸く形をととのえる。

    ポイント

    キッチンペーパーの代わりに、さらしもしぼりやすくておすすめです。

  3. 3

    ボウルの水を切り、再びざるを重ねる。2をのせて、ざるより少し小さいボウルに水を入れてのせ、おもしにする。30分ほど冷蔵庫に入れて水を切る。3cm角程度に切る。(パニール)。

  4. 4

    玉ねぎはみじん切りにする。しょうがはみじん切りにする。にんにくは縦半分に切って芯を取り除き、みじん切りにする。

  5. 5

    ほうれん草は根元の先を少し切り落とし、十字に切り込みを入れる。たっぷりの水を張ったボウルに入れてふり洗いをする。鍋に湯をわかし、塩(分量外:適量)を入れる。ほうれん草1/3量を根元から入れ、茎の部分を30秒ほどゆで、葉の部分を入れてしんなりとするまで30秒ほどゆでて水にさらす。残りも同様に繰り返す。水気をしぼって3〜4cm幅に切る。ミキサーにほうれん草、ほうれん草ペースト用の水(大さじ3)を入れてなめらかになるまで撹拌する(ほうれん草ペースト)。

    ポイント

    湯1Lに対して、塩は小さじ1が目安です。

    ほうれん草ペースト用の水の量は、お使いのミキサーによって調整してください。

  6. 6

    別の鍋にバターを入れて中火で熱し、バターが溶けてきたら玉ねぎ、しょうが、にんにくを加え、玉ねぎがしんなりとするまで炒める。水(分量外:大さじ2)を加えて混ぜ、ふたをして弱火で3分蒸し焼きにする。ふたを取って中火にし、水分をとばしながら、玉ねぎがねっとりとするまで炒める。

  7. 7

    ★を加えて全体がなじむまで炒める。ほうれん草ペースト、水、トマトペースト、塩を加えて混ぜて煮立たせる。時々混ぜながら弱火で3分煮る。パニール、生クリームを加え、時々混ぜながら3分煮る。

  8. 8

    器に盛り、しょうがの千切りをのせてナンを添える。

よくある質問

  • Q

    サグカレーとの違いは何ですか?

    A

    パラクはほうれん草の意味ですが、サグは青菜を意味する言葉ですので、ほうれん草以外の野菜で作られることもあります。

レビュー

-

(1件)

※レビューはアプリから行えます
※一定評価数に満たないため表示されません。

初めてのコメントを投稿してみましょう

つくったに追加する

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をTwitterでシェアできます。
このページの情報をFacebookでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。