DELISH KITCHEN

おもてなしにぴったり!

丸ごとローストチキン

4.7

(

)

  • 調理時間

    120

  • カロリー

    506kcal

  • 費用目安

    1400前後

お気に入りに追加

若鶏を丸ごと焼いて、見た目も豪華な一品に仕上げました!肉汁を使ったソースはコクのある味わいに。

材料 【丸鶏1羽分】

手順

  1. 1

    《下準備》オーブンは220℃に予熱する。バター(40g)は常温に戻しておく。丸鶏は常温に戻しておく。

    ポイント

    丸鶏は2時間ほど前を目安に冷蔵庫から出しておきましょう。

  2. 2

    レモンはへたを切り落とし、縦十字に切る。にんにくは包丁で軽くつぶす。

  3. 3

    常温に戻したボウルにバター(40g)、塩(小さじ1/2)、黒こしょう(小さじ1/3)を入れて混ぜる。

  4. 4

    丸鶏のお腹の部分に3以外の☆を詰め、すきまを埋めるように3を入れる。開いている部分をつまようじでしっかりとめ、全体に塩(小さじ1)、黒こしょう(小さじ1/2)をふり、すり込む。手羽部分は裏に返して固定する。タコ糸で足をしばる。もも部分は竹串を刺して固定する。

  5. 5

    天板にクッキングシートを敷き、角をねじる。天板に丸鶏をのせてオリーブオイルをかけ、全体に馴染ませる。バター(30g)をちぎりながら全体にのせる。

  6. 6

    220℃に予熱したオーブンで焼き色がつくまで15分焼く。もも部分が上になるように向きを変えてまわりの脂をスプーンなどでかけ、再度オーブンで焼き色がつくまで15分焼く。

  7. 7

    反対側のもも部分が上になるように裏に返し、まわりの脂をスプーンなどでかけ、再度オーブンで焼き色がつくまで15分焼く。最初に入れた状態に戻し、まわりの脂をスプーンなどでかけ、再度オーブンで焼き色がつき、火が通るまで15分焼く。

    ポイント

    もも部分に竹串などを刺して透明な肉汁が出たら焼き上がりの合図です。

  8. 8

    丸鶏をアルミホイルで包み、15分おく。クッキングシートに残った肉汁はこげを取り除き、ソース用に取っておく。

  9. 9

    フライパンに白ワインを入れて熱し、ふつふつとしてきたら残りの★、肉汁を加え、とろみが出るまで弱火で煮る(ソース)。

  10. 10

    丸鶏を食べやすい大きさに切り分けて器に盛り、ソースをかける。

レビュー

4.7

(

)

※レビューはアプリから行えます
  • リコピン

    レシピ通り作ったらめちゃくちゃ美味しく仕上がりました!! また作ります♪ とっても簡単でした\(^o^)/
  • おーーーいお茶🍵☕️☕︎

    美味しかったです!具合が気になり途中でオーブンを覗いてしまってのですが、そのせいで鳥の焦げ具合があまくなってしまいました。せっかちさんでも焦らずじっくり待ちましょう!
  • biscotte

    クリスマス・ランチのおもてなしに。 詰め物までを前夜に仕込み、アルミフォイルで包んでおく時間込みで1時間15分かかると思い当日の11:00くらいから焼き始めました。 焼く側を回転させる時、オーブンで熱くなっているのと詰め物で重くなるので、少々悪戦苦闘しました。よって、出来上がりは1時間半後の12:30過ぎになりました。 味付けはあっさり。マスタード3種と大葉ジェノベーゼなどをディップして食べました! 大作が出来て嬉しかったです!
  • ピヨちゃんママ

    今まで中々チャレンジ出来ず、今回クリスマスに、初めてレシピを見て作ってみました^_^ 思ったより簡単だったので、また作りたいと思います^_^子ども達にも、サプライズになり、美味しい!と喜んでくれました♪ ハーブがなかったので、ハーブソルトと、長葱、玉葱、レモン、ニンニクを詰めました。 焼くのに1時間半くらいかかりました。最後30分は、オーブンを220℃から250℃にして焼きました。

つくったに追加する

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をTwitterでシェアできます。
このページの情報をFacebookでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

関連記事