DELISH KITCHEN

料理の基本!

ビーツの下処理

ビーツの鮮やかな色をしっかりと活かした3種類の下処理の方法をご紹介します。下処理を覚えれば料理の幅が広がります♪

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

お気に入り

つくった

  • 調理時間 -

料理レシピ

材料

  • ビーツ 3個
  • ☆ゆでる場合
  • 適量
  • 大さじ1/2

作り方

  1. 1.

    【生の場合】ビーツは洗って泥を落とし、上下を切り落として皮をむき、食べやすい大きさに切る。

    ポイント

    サラダやピクルスなどにお使いいただける切り方です。

  2. 2.

    【ゆでる場合】鍋にビーツ(皮付きのまま)、水、酢を入れて中火で熱し、煮立ったら弱火にして30分程ゆで、水につけたまま粗熱をとり、水気を切る。

    ポイント

    竹串がすっと入るくらいが加熱の目安です。皮付きのままゆでることで、色が抜けずにきれいに仕上がります。酢の代わりにレモン汁でも代用いただけます。酸性のものを加えることで、ビーツが色鮮やかに仕上がります。加熱時間は、煮込み料理など調理法によって調整してください。

  3. 3.

    上下を切り落として皮をむき、食べやすい大きさに切る。

    ポイント

    煮込み料理や、スープの他いろいろな料理にお使いいただけます。

  4. 4.

    【オーブンの場合】ビーツをアルミホイルで包み天板にのせ、180度に予熱したオーブンで1時間程加熱する。

    ポイント

    竹串がすっと入るくらいが加熱の目安です。

  5. 5.

    上下を切り落として皮をむき、食べやすい大きさに切る。

    ポイント

    料理にはもちろん、塩こしょうをふり、付け合わせにしてもおいしくいただけます。

レビュー

(3件)

4.0
※レビューはアプリから行えます。
  • キャンディーズ
    初めての野菜にチャレンジ😍オープンでしでみましま。圧力鍋でないし、茹でるのは栄養が抜ける気がしてオープンでしました、色々な野菜にジャレンジして料理がもっと好きになり、レパートリーをふやしたいです。嬉しいし楽しい下処理でした

関連記事