DELISH KITCHEN

千葉の郷土料理!
アジのさんが焼き

4.5

調理時間

30

費用目安

500前後

お気に入りに追加

あじやサンマを叩いてみそとねぎを入れて焼いた漁師料理「さんが焼き」の作り方をご紹介!別名「パイタ焼き」とも呼ばれ、パイタの由来は舟を漕ぐ櫂(かい)のことで、船が手漕ぎだった時代に船乗りが櫂(かい)の平らな部分で叩いて焼いたことから、カイイタ(櫂の板)がなまってパイタと呼ばれるようになった諸説があります。千葉県ではさんが焼き以外に、あじを叩いて薬味と混ぜ合わせて作る「なめろう」とともに親しまれている郷土料理です。

  • カロリー

    134kcal

  • 炭水化物

    4.4g

  • 脂質

    6.4g

  • たんぱく質

    14g

  • 糖質

    3.3g

  • 塩分

    1.3g

  • ※1人分あたり
  • ※費用目安はレシピ全体での金額となります。

材料 【2人分】

手順

  1. 1

    ねぎは刻む。大葉は軸を切り落とす。

  2. 2

    アジは、中骨をぬく。皮を取り除く。

    ポイント

    腹骨があった場合、そいで取り除きましょう。

  3. 3

    アジは細切りにし、1cm幅程度に刻んで叩く。ねぎ、おろししょうが、みそをのせてさらに叩く。4等分にし、大葉の上にのせて折りたたんで平らにし、形をととのえる。同様に計4個作る。

  4. 4

    フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、3のアジを並べて焼き色がつくまで焼いて上下を返す。ふたをして中に火が通るまで弱火で3分ほど蒸し焼きにする。

レビュー

4.5

※レビューはアプリから行えます
  • air

    賞味期限間近のアジが割引で売られていたので、副菜で作りました。少し手間ですが思った以上に美味しかったです。中骨は生物を素手で長時間触るのが嫌だったので、軽くしか抜いてませんが気になりませんでした。 焼く時具が崩れるので注意が必要です。
  • ひつじ

    お酒も進む!最高!
  • ジュン

    アジ料理の中でも大好きなレシピで、旦那がアジを釣ってくる度に作ってます! 最後に混ぜるので、形を気にしなくていいので捌くのも簡単☺️ 少ない調味料で、こんなに美味しく作れるなんて感動です✨ ほぼ同じ行程で作る『なめろう』も大好きだけど、こちらの『さんが焼き』は焼くので香ばしくなるし、アジの油が出てさらに良いです😄 少し薄めに形成する方が美味しく出来ました😋
  • まるっぴ

    千葉で食べて美味しかったさんが焼きと同じ味でした! お買い得だった大量の小あじで作ったので、おろすのに時間はかかりましたが、出来上がりは抜群に美味しかったです。

もっと見る

つくったに追加する

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をTwitterでシェアできます。
このページの情報をFacebookでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

関連記事