DELISH KITCHEN

基本の下処理!
鶏肉を美味しく食べるコツ<レバー編>

4.7

調理時間

20

費用目安

200前後

お気に入りに追加

お家で出来るレバーの下処理をご紹介。数ある下処理の中でもトライしやすい方法です♪独特の臭みを抑えるため、色の変わっている部分はしっかり取り除きましょう。人気のレバニラ炒めや甘辛煮、コンフィなどを作る際にぜひお試しください。

手順

  1. 1

    流水で血などの汚れを洗い流す

  2. 2

    白い筋、血管、色の変わっている部分は取り除き、食べやすい大きさ(調理で適した大きさ)に切る

    ポイント

    独特な臭みを和らげるため、しっかりと取り除きましょう

  3. 3

    水に浸けて、数回水を取り替えながら15分おく

  4. 4

    流水で洗い、レバーの表面についた水分をふく

よくある質問

  • Q

    レバーペーストを作るときも同じ下ごしらえでいいですか?

    A

    ペーストやパテにする場合にはさらに臭みを抑えるために牛乳に漬けることをおすすめします。こちら をご参照ください。

  • Q

    豚や牛のレバーの下処理も教えてください。

    A

    豚レバーの下処理はこちら、牛レバーの下処理はこちら でご紹介しています。

  • Q

    鶏のハツの下処理が知りたいです。

    A

    こちらのレシピの中でご紹介しています。

レビュー

4.7

※レビューはアプリから行えます
  • ーPー

    臭みなくておいしく食べれました!
  • チェン

    今まで、下処理の方法がわからず敬遠していた鶏レバーですが、これを見て、なにも怖くないとわかりました(笑)
  • りんたんママたん

    もらった鴨のレバーの使い道に困ってましたが、掲載と同じ様に処理し臭みなく食べれました

つくったに追加する

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をTwitterでシェアできます。
このページの情報をFacebookでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

関連記事