DELISH KITCHEN

人気上昇中♪

濃厚バスク風チーズケーキ

スペインのバスク地方が発祥のバスク風チーズケーキの作り方をご紹介します!高温で焼くことでつく表面の焼き色と、濃厚な味わいが特徴です♪このレシピでは、本場の味をご自宅で作れるようアレンジしました。焼き時間が短いため、一般のチーズケーキよりなめらかでクリーミーな舌触りが味わえます!焼き上がりはやわらかい仕上がりなので、型にクッキングシートを敷いて取り出しやすくしましょう♪

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

お気に入り

つくった

  • 調理時間 180分以上
  • カロリー

    359kcal

  • 炭水化物

  • 脂質

  • タンパク質

  • 糖質

  • 塩分量

※ 1人分あたり(6等分にした場合)

料理レシピ

材料 15cm丸型1台分

料理を楽しむにあたって

作り方

  1. 1.

    《下準備》クリームチーズは常温に戻す。型にクッキングシートを敷く。オーブンを230℃に予熱する。

  2. 2.

    ボウルにクリームチーズを入れてなめらかになるまで混ぜる。砂糖、卵黄を順に加えてその都度混ぜる。生クリームを少しずつ加えてその都度混ぜる。薄力粉をふるい入れてダマがなくなるまで混ぜる。

  3. 3.

    型に2を流し入れて230℃に予熱したオーブンでしっかり焼き色がつくまで22〜25分ほど焼く。粗熱をとり、冷蔵庫で2時間以上冷やす。

    ポイント

    オーブンの上段で焼きましょう!焼き色を確認しながら必要に応じてアルミホイルを被せてください。

よくある質問

  • Q

    砂糖はてんさい糖に変えても作れますか?

    A

    風味や仕上がりの色味が若干変わるかと思いますが、同量のてんさい糖でも代用いただけます。

  • Q

    18cmの丸型で作る場合の分量を教えてください。

    A

    材料を全て1.5倍にしてお作りください。

  • Q

    バスクチーズケーキ、200℃のオーブンなら何分焼けばいいですか?

    A

    高温/短時間で焼くことで独特のレアな食感が生まれます。200℃でも焼けますが、焼き時間が25〜30分前後要し、多少長くなるため、食感や仕上がりが変わります。ご家庭のオーブンの特性に合わせてよく焼き色がつく段に入れて焼いて見てください。

  • Q

    バスクチーズケーキの生クリームを豆乳に変えて作ることは可能でしょうか?

    A

    豆乳と生クリームでは水分量が違い、このレシピでは生クリームの割合が多いため、失敗を避けるためにもレシピ通りでお作りいただくことをおすすめしております。

  • Q

    砂糖を使いたくないのですが、砂糖の量を半分、もしくは使用しない、でつくると、出来上がりに支障はありますか?

    A

    砂糖を入れることでクリームチーズと合わせた時になめらかになり、生地が混ぜやすくなるため、砂糖を全く入れずに作ると、クリームチーズがダマになりやすいかもしれません。クリームチーズはなめらかになるまでしっかりと混ぜるか、半量加えるのが良いと思います。

  • Q

    小さい型に分けて作る方法を教えてください。

    A

    150ccのココット2個分のレシピはこちらをご参照ください。

レビュー

(68件)

4.6
※レビューはアプリから行えます。
  • 🐶
    少しさっぱり食べたかったのでレモン果汁を大さじ1.5ぐらい追加してみました。大人も子供もみんな喜んで食べてくれました!
  • ししざ
    230℃がなかったので、MAXの210℃のオーブンで30分で焼きましたが、バッチリ美味しく仕上がりました! クリームチーズを混ぜるのが大変だったのでジップロックで混ぜました。楽に混ざりました。
  • 向日葵セブン
    オーブンの温度に230℃がなくて210℃で30分焼いてみました。 焦がしたかなと思いましたが一晩冷蔵庫で冷やしたらとっても美味しくいただけました。
  • めいちゃん
    ちょっと焦がしてしまったけど味は濃厚でとても美味しかったです。ケーキ作りは人生で2回目と言う初心者の私でも混ぜて焼くだけだったので簡単に出来ました!230°で22分したら焦げたので20分くらいで様子を見た方が良いかもです。

関連記事