料理の基本!

牡蠣の焼き方

殻付きの牡蠣をご家庭で手軽に焼く方法をご紹介します!ゴツゴツとした殻が焼いている間にかたむかないように、下に敷くアルミホイルはくしゃくしゃにして安定させるのがポイントです。牡蠣を安全においしく召し上がっていただくため、中心温度が85℃を超える状態で90秒以上必ず加熱してください。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

お気に入り

つくった

  • 調理時間 -

作り方

  1. 1.

    牡蠣はたわしでこすりながら流水で洗って水気を切る。

  2. 2.

    【フライパンで焼く方法】フライパンにアルミホイルをくしゃくしゃにして敷く。牡蠣を丸みのある面を下にして並べる。水(分量外:大さじ3)を加えてふたをして中火で口が少し開くまで5〜6分ほど加熱する。

    TIPS

    必ず中心温度が85℃を超える状態を90秒以上保ち、牡蠣に火が通るまで加熱してください。

    今回は殻を含めて150g程度の牡蠣を使っています。牡蠣の大きさや火加減によって加熱時間は変動するため、レシピの加熱時間を参考にし、調整してお作りください。

  3. 3.

    【トースターで焼く方法】トースターの天板の上にアルミホイルをくしゃくしゃにして敷く。牡蠣を丸みのある面を下にして並べる。もう1枚アルミホイルをのせ、しっかりと端を閉じて包む。トースターで牡蠣に火が通るまで20〜25分ほど焼く。

    TIPS

    今回は1000Wで焼いています。必ず中心温度が85℃を超える状態を90秒以上保ち、牡蠣に火が通るまで加熱してください。

    今回は殻を含めて150g程度の牡蠣を使っています。牡蠣の大きさや火加減によって加熱時間は変動するため、レシピの加熱時間を参考にし、調整してお作りください。

レビュー

( - 件)

-
※レビューはアプリから行えます。

「つくった」をタップして、初めてのレビューを投稿してみましょう